【大分】世界を旅したカップルが移り住んで始めたカフェ ジプシースマイル

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

今回は、2016年5月のオープン時に訪問した『GYPSY’S MILE ジプシースマイル』というカフェの紹介です。

場所は大分県竹田市。湧き水に温泉、高原や城下町…とても恵まれた山間部の町。

界隈の人向けに少し紹介すると、アズノタダフミさん(当時 Medicala)が手がけたOsteria e Bar RecaDがあり、2017年4月には ReBuilding Center JAPANがデザインを手がけた イミルバ もでき、地域おこし協力隊や移住者も多く集まっている、今アツいエリアの一つです。

2016年5月 竹田にて

2016年5月。

日本一のおんせん県、大分県にある竹田市にやってきました。

熊本の震災直後だったので、お邪魔することを躊躇していたのですが、連絡を取っていた竹田の池見優(ハウスキャラバンの時に超良くしてくれた友人)に背中を押してもらい、島根県から大分県へ。

名水のふるさと

竹田市は日本屈指の名水スポット。

阿蘇山系からの伏流水を水源とする『竹田湧水群』は約60ヵ所にも渡り、町のいたるところに湧き水スポットがある。

竹田市の文化や自然、温泉、湧水など竹田市の観光情報をご紹介いたします。

竹田湧水群以外にも多くの水源があり、炭酸水が沸いている場所さえあった。(実際炭酸は弱めではあったが、ハイボール作り放題なのだ。ww)

「この町の水は美味い!!」

日本各地でこの手の『水自慢』は聞くし、「確かに美味い!!!」と毎回思うわけですが、竹田は水源が異なる幾つかの湧き水から選べることも出来てしまう、本当に水に恵まれている場所であった。

直入 長湯温泉

竹田市は、久住高原などがある高台のエリア、豊後竹田駅から古い町並みを徒歩で徘徊できる城下町エリア、そして、ジプシースマイルのある直入長湯温泉のエリアなど、幾つかのエリアにまたがる広い町です。

川岸にある野天風呂 ガニ湯も有名

シュワシュワと気泡が身体にまとわりつく炭酸泉が有名で、長くお湯に浸かっていられる、熱すぎない湯加減も魅力の一つ。(なので長湯温泉)

中でも藤森照信さん建築のラムネ温泉は、誰もがファンにならずにはいられない魅力があると、個人的に大絶賛してる好きな温泉の一つです。

そして、ハウスキャラバン中にお手伝いしていた『上野屋旅館』の『炭酸泉で作る釜揚げうどん』も、ここでしか食べられない絶品だ…

(放っておいたらいつまでも脱線が続きそうなので、今回紹介するジプシースマイルカフェにそろそろ戻しましょうか…)

GYPSY’S MILE

ひと気のない静かなダム湖のほとりに、GYPSY’S MILEという旅人のお店が2016年5月にオープン。世界各地を旅したカップルがたどり着いた場所が、竹田市のダム湖のほとりだったというのも面白いところ。

長湯温泉の温泉街から、車で3分くらい細い道を入ったところにあるCafe&Bar。

「そこに道はあるのか?」

そう思ってしまうほどひっそりとしていますが、ウェイクボードの大会が行われたりもする場所のようで、見たことのないジャンプ台などが並んでいました。(国内初のケーブルウェイクボードが体験できるそうです。)

元ラーメン屋さんだった店内は、地道なセルフリノベーションを経て、キレイで明るい店内に。

旅の途中で出会った様々な国の人たち。その多くが当然のように老若男女セルフリノベーションをしていたそうで、そこでの体験もお店作りに反映されているようでした。

また、カラフルに彩られた店内は、子供がなめても安全な、環境にもやさしい塗料を厳選して使用するこだわり。

目に入る風景が5色以上の多彩になると、脳は精神を安定させる働きを促すようで、それらの作用も考えた上で、カラフルながら落ち着く空間になっています。(情報通なところも旅人っぽい)

セルフリノベーションの概念然り、カラフルな店内然り、世界各国で実体験した様々な知恵やスパイスが一つの空間を構成していて、話を聞いていてとても興味深かった。

MGSフリーという概念を掲げているお店で、グルタミン酸ナトリウムという化学調味料を一切使わない料理にこだわっています。

また、世界各国の多国籍料理と地元食材、地元の湧き水を組み合わせた料理開発にも意欲的で、料理ごとに使う湧き水を変えるほどのこだわり。

FOOD POLICY

1.ジプシースマイルカフェでは、化学調味料は使っていません。NO MSGをかかげています。

2.手作りの料理を提供しています。(なのでゆるりとお待ちを・・・)

3.野菜は旬のものを使うため季節によって変わります。

4.地産地消を大切にしています。水は毎朝地元の湧水を汲んでいます。しかし、素敵な食材や材料があれば厳選して全国や世界からでも取り入れます。

【ジプシーの食に対する考え】

人工的な旨味や味が多い現代ですが、それによって様々な病気が生まれ、植物や動物、そして地球をも病気にしてしまいます。

食が変わってしまったのも人間が安さ・早さ・利益・見た目を追い求めた結果。

何よりも「自然の」ものを食べることが人間にとって自然なのではないかというのがジプシー流の考えです。

ジプシースマイルではすべてが循環していけるように人間、そして地球のことを考えていきます。 HPより

僕は、竹田産のシイタケが入ってる『タケタコライス』が一押し!!

世界各国で味わった料理が『ジプシースマイル流』にアレンジされていて…お世辞ではなく料理も本当に美味しいお店でしたよ。

ジプシーコーヒー

コーヒーに関しても、竹田の湧き水を使用しており、豆は必要量を適宜自家焙煎して提供しています。

(実際に産地に出向いたときの話なども聞けて面白かった。なにしろ旅人は話が面白い。)

流行の味、流行の焙煎というよりは、各地で飲んだ多様なコーヒーのように、家庭の味というか、どの家でもカジュアルに焙煎していたのをカルチャーとして伝えるような姿勢を感じました。

それでもハンドピックは丁寧にしているし、そこまで深く煎りすぎることもないので、とても美味しかったです。(滞在中よく豆を購入させてもらっていました。)

実は初めて訪問させていただいたのが、お店がオープンする前日。

それから何度か遊びにいきましたが、ここ1年以上いけていないので、おそらく当時からまた随分と変わっているはず。次にいく時が本当に楽しみです。

関連情報

最後にお店の情報など、関連情報を幾つか紹介して終わりたいと思います。

・Gypsy’s mile cafe&bar

自然の力を活かした料理を提供している小さなカフェです。湧水で淹れた自家焙煎のスペシャルティーコーヒー、オーガニックハーブティーもあります。湖畔の静かな場所にあるのでプライベートイベントやパーティーでもご利用いただけます。

大分県竹田市の湖畔にある小さなカフェバーです。化学調味料を使わない、手作りの料理を提供しています。自家焙煎されたこだわりのコーヒー、オーガニックハーブティーで体も心もリフレッシュ。世界中を旅して見つけた雑貨なども置いています。


営業時間:10:30〜20:00
(ご予約で24:00ごろまで対応可能)
定休日:不定休

・ラムネ温泉

世界でも稀有の炭酸泉湧出地・長湯温泉を代表する「ラムネ温泉館」の公式ホームページです。

・たけた駅前ホステルcue

「旅の先に続く、日々の暮らしに新しい世界のきっかけを」 “きっかけ = cue” たけた駅前ホステルcueは城下町竹田の玄関口にある 築80年を越える古民家をリノベーションした宿です。 四季の移ろいを感じる情景、受け継がれる食や伝統、暮らす人たちの知恵、 自然の恵みを生かした暮らしは竹田の日常そのも...

竹田市(日本)で人気のホステル10軒 | Booking.com

旅とコーヒー。とは

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/

サトウ

たけたに帰りたいー♪ みんなに会いたいー♪

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

▼気になっているコーヒー機具

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク