TOMARIGI HOSTEL

こちらは、TOMARIGI HOSTELについてまとめたページです。

2018年2月より関わらせて頂いている、高知市内にあるゲストハウス。

「TOMARIGIってどんなところ?」

「TOMARIGIに関わる人たちって?」

「TOMARIGIで何かやってみたい。」

TOMARIGI HOSTELに最も近い距離で関わる旅人として、リアルな日常体験をお届けします。

以下、幾つかのカテゴリーに分けながら記事の蓄積をしていきます!!

TOMARIGI × Media

コロカル・建築ジャーナル・とさぶし等 メディア掲載続く8月。第三者視点で TOMARIGI HOSTELを考察してもらう機会に恵まれています。有り難い。
8月より新体制。スタッフが1人増え4人でTOMARIGI HOSTELを盛り上げていきます。 とまり木って求人募集しているの?今回どうやってスタッフが加わったのか。
とまり木ホステルの(カッコイイ)WEBサイトがオープンしました。今後はHPを通じての直予約も可能になります。スタッフ紹介欄もありますので、お時間あるときにでも是非に!!

TOMARIGI × Hostel

フード持込OK!! 冷房あり!! 電源Wi-fiあり!! トイレあり!! 演舞は目の前!! …思った以上に快適すぎたTOMARIGI HOSTELでのよさこい祭り体験。
雑誌や書籍の執筆・編集、講演や広報コンサルティングなど、多方面に活躍されている作家の今一生さんが、TOMARIGI HOSTELに宿泊して下さいました。2年以上ぶりの再会となりました。
高知駅から徒歩15分、コレンスから徒歩2分。高知市 桜井町 菜園場の一角にゲストハウス とまり木『 TOMARIGI HOSTEL KOCHI 』がオープン、何処よりも早く紹介しちゃいます。

TOMARIGI × Cafe

とまり木ホステル初出店イベント『シーンズヴィラマルシェvol.3』。無事イベントが終了しましたので当日の様子を振り返ってみます。
相模原から届いた青々としたきゅうりとピーマンを使って、自家製ピクルスを漬けてみました。地産地消の日常を大切にしながら、人や場所と出逢えるきっかけ、非日常の提供を面白がっていきたい。
【リアルメディア】としてのカフェ運営を目指すとまり木ホステル。小さな一歩として、ジンジャードリンクのメニュー検討に勤しんでいます。なかなか出来ない体験を面白がる日々。
僕らが目指したいカフェ。 オウエンや関わりを可視化し、自分たちが紹介したいものを発信する拠点として、場の運営をしていきます。 発見を生み変化を楽しむ宿、とまり木ホステルの新たな挑戦。
現在、入手困難といわれている高知発のクラフトビール TOSACO が、TOMARIGI HOSTELに少量入荷。 『こめホワイトエール』・『ゆずペールエール』・『とさIPA』3種類の特徴と、ブルワーの想いとは。
新しく【さえんばサンド】の提供を開始します。菜園場商店街にある【美味しいもの】で作った、世界でここだけでしか食べられない、地域を味わうホットサンドです。

TOMARIGI × Event

今ポートランドで何が起こっているのか。 中小企業の第二創業や新事業をサポートする実務支援型のコンサルティング会社、モデルヴィレッジ代表 小松一之さんの目線でみたポートランドについて共有頂きました。
働きかたと出逢う Walk Bar。第四回は高知県学芸高校の教員 野崎浩平さん。【脱サラ教師が語る!学びを楽しむ方法】がモヤモヤして面白かった。
働きかたと出逢う Walk Bar。第三回は高知でワイン造りを始めた石灰屋、井上石灰工業の代表井上孝志さんに「無比なる価値の創造の極意」をテーマにお話していただきました。
カレーにまつわる謎のコミュニティが、高知で立ち上がりましたのでお知らせいたします。カレーをフックにはじめる社会実験の幕開けです。
日本初!! ゲストハウスのドミトリールームを使用し、ベッドに横たわりながら映画を観る、イベント形式のマイクロシアター運営を開始します。
英語に触れる生活を通じて、チャレンジすること、失敗することに対する姿勢が、少しずつ変わってきたように思いますよ。 『えいご旅』イベント第三回目のお知らせ。
TOMARIGI HOSTEL から、ホームパーティーの新提案。 挟みたい食材持ち寄り型の "ホットサンドパーティー" がめちゃ面白かったよー。
TOMARIGI HOSTEL で 初めて人狼イベントを開催しました。ふたをあけてみると、途中で募集打ち切りにするほどの盛況っプリでした。また楽しみましょう~!!
第二回とまり木 DIY。 前回の講師 チャラい棟梁カズさんを招いて、靴棚と机のリメイクを行いました。 楽しむ姿は人を巻き込み、場を包み込むエネルギーとなっていく。。今回も楽しかった!!
働きかたと出逢う Walk Bar。第二回目は少人数制のカウンター形式。ゲストに Tactis代表 田村樹志雄さんをお招きし、カウンター越しの会話を楽しんで頂きました。
子どもにとって、絵を描くことは遊びであり、意思伝達のための重要な手段である。上手く会話のできない子どもの自己肯定感を育む第一歩は、描画を通じたコミュニケーションにあるのかもしれない。とても面白かった。
働きかたと出逢う Walk Bar。第一回目のゲスト龍馬学園常務理事の泉田優さんをお迎えし、 「マズローの欲求5段階説」や「スティーブジョブス伝説のスピーチ」、「クランボルツ 計画された偶発性理論」などを例に、何のために生きるのか…について、お話を頂きました。
とまり木ホステルで開催した 『採れたて40010!しゃべらNight!』。 猪肉との長らくの格闘。四万十の食、ポテンシャルの高さ!! そして…サプライズバースデーが嬉しすぎました!!
とまり木ホステル2Fのドミトリースペースに設置する、本棚DIYワークショップを開催しました。10人前後の参加者と共に作った存在感ある本棚がイイ感じです!!

TOMARIGI × Travel

高知のゲストハウスメンバーと高知を巡る旅へ。中土佐 久礼、黒潮町 入野海岸、四万十市 下田、四万十町 窪川、須崎市…様々な町でたくさんツイートして来ました。
四万十ジャンボ落花生という絶品オーガニックピーナッツを提供している 、四万十やまのうえ商店を訪問してきました。四万十の水や気候を活かした、ここだけでしか作られていないオリジナル落花生の話。
Art、Culture、Technologyの頭文字をとって、ACT Land。 首尾一貫 『アクトランドはヤバい!!』 という言葉で意識低めにまとめています。
五月の滝見旅、最高に気持ちよかったのでオススメしたいです。このエリアは3つの滝を徒歩で巡ることができ、川の脇を歩けるルートもあるので、色々と最高です!!
『自転車で小さな村へオムライスを食べに行こう!!』 無計画でスタートした自転車旅でしたが、仁淀川沿いで紙のこいのぼりを観れたり、古い町並み残る いの町 との出会いがあったり…充実した旅となりました。
「レンタサイクルでどこへいく?」 どのくらい時間がかかって、どのくらいまで行けるんだろう? 今回レンタサイクル旅を実体験してきたので、是非今後の参考にしてくださいー。
JR高知駅前にある観光情報発信館『とさてらす』で提供している、無料レンタサイクルのサービスについて紹介します。2つの条件に当てはまる人であれば、誰でも借りれるよー。
とさでん交通と観光コンベンション協会によって運営されている、高知市内の観光スポットを巡る MY遊バスがおススメ。1,000円の一日乗車券で、区間内乗り降り自由。路面電車も区間内無料。 観光スポットの目の前まで、バス移動できるよ。
『個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される』。スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱する「計画された偶発性理論」。キャリアデザインに使われる考え方ですが、旅にも同様のことが言えるのではと考えてみました。

外部リンク

今年2月、高知市内に、ゲストハウス〈TOMARIGI HOSTEL〉が誕生しました。昭和45年から続く〈菜園場(さえんば)商店街〉の通り沿いにあり、地元を感じられるロケーションも魅力のひとつです。ちなみにこちらの商店街、高知の名を全国に轟かせた「よさこい祭り」の競演場。ゲストハウスの目の前でも演舞を見ることができます!
みなさんの中にもお酒を愛してやまない人がいると思いますが、今回の記事はそんなお酒好きのあなたに届けたい一心で書きました。というのも、3月にかの有名な土佐の「おきゃく」に行ってきたんです! すべての酒飲みが憧れるあのお祭りですよ!宿泊には高知市の「とまり木ホステル」というゲストハウスを利用したので、その様子もお届けします...
高知市へ、酒呑みの、酒呑みによる、酒呑みのためのお祭りに参加してきました! 土佐の「おきゃく」2019

TOMARIGI HOSTEL 宿情報

TOMARIGI HOSTELは、2018年2月15日、高知駅から徒歩15分の菜園場にオープンした新しいゲストハウスです。Facebook、Instagram、Twitter、3つのSNSと、HPを通じて情報発信をしています。是非フォローよろしくお願いします。

TOMARIGI FACEBOOK

TOMARIGI INSTAGRAM

TOMARIGI TWITTER

TOMARIGI HP

▼TOMARIGI HOSTEL KOCHI

HP

TOMARIGI HOSTELのWEBサイトはこちらです。

旅に“交流”と“発見”を とまり木 ホステルはCafe・Barを併設するHostelです。旅人や地元の人が集まり、ゆったりと交流する。そんな場所を目指しています。 ドミトリー ルーム(相部屋)の宿泊施設です。とまり木ホステル 〒780-0821 高知県高知市桜井町1丁目2-20 tel 080-2979-4212 in...

Booking.com

Booking.comでの予約はこちらから。

とまり木 ホステル カフェ バー ーBooking.com


ホテル予約が割引になるBooking.comのカード

Booking.comカード

楽天トラベル

RAKUTEN TRABELでの宿泊受付も開始しました。

TOMARIGI HOSTEL 宿泊予約 -【楽天トラベル】


ストーリー
 10年前、小心者で人見知りだったある大学生は、「旅」「宿」「本」をきっかけに、多くの発見と変化をすることになりました。そんなオーナーが10年前に抱いた「高知でもそんな場所」を作りたいという思いが、ようやく形になった宿。それが「とまり木」です。
高知市の菜園場商店街通りにある小さなホステル。「商店街」と「旅人」、「高知」と「世界」をつなぐような宿になっていきたいと思っています。

高知市までの道のり&チケット検索

格安の高速バス・夜行バスを予約

スカイ・シーの格安航空券モール

関連カテゴリー

高知 微住生活

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもたせて頂きます。

ローカルー高知 

高知県での様々な体験については、こちらのカテゴリーを通じて蓄積していきます。他にも、グルメ―高知レビューーイベント 、運営ー旅とコーヒー。観光案内ー高知、など、要素ごとにカテゴリーを分けていきますが、更新状況をみながら、特選記事の紹介なども今後していけたらと思います。

ランチパスポート(略してランパス)とは、ほっとこうちが発刊している クーポンつきのグルメガイドブック。 その仕組みが評...

グルメ―ランチパスポート 高知

高知発祥のランチパスポートを使い、高知県内を巡る『グルメレポ』カテゴリー。掲載店によるワンコインランチを中心に、訪ねたお店を記録・蓄積しています。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする