【高知】市内モーニングの王道、喫茶デポー 菜園場店で朝ごはん。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

高知では、愛知や岐阜のように、モーニングの文化が根付いています。

今回は、TOMARIGI HOSTELから徒歩2分の有名店をご紹介します。

喫茶 デポー

昭和56年創業の老舗喫茶デポー。

現在高知市内に三店舗(知寄町店、京町店、そして菜園場店)を展開しています。高知県内喫茶店がとーっても多いのですが、その中でも多店舗展開をしているお店はごくわずか。

(今回調べるまで知らなかったのですが、喫茶デポーの事務所・営業本部は、我が菜園場にあります。)

喫茶店店舗数(人口10万人あたり) 全国平均55.07軒 1位高知156.37軒 2位岐阜142.92軒 3位愛知113.05軒 4位和歌山112.67軒 5位大阪105.67軒 6位兵庫97.26軒 7位香川93.17軒…45位群馬21.00軒 46位福島20.98軒 47位茨城20.69軒

喫茶店店舗数 [ 2014年第一位 高知県 ]

喫茶店は全国に69,983軒あり、人口10万人あたり店舗数は55.07軒。最も喫茶店が多いのは高知県で人口10万人あたり156.37軒。全国平均の2.8倍で偏差値も80.43と高い。2位は岐阜県で142.92軒、3位は愛知県で113.05軒。- 都道府県別統計とランキングで見る県民性

少し古い2014年のデータになってしまうのですが、高知県は喫茶店店舗数(人口10万人あたり) が全国で一位なのです。

“菜園場カラー” 黄緑の外壁が目印。

高知に来たら是非ともモーニング巡りをしてほしいのですが、TOMARIGI HOSTELでは、喫茶デポーを『高知らしいモーニングが食べられるお店』としてゲストさんに紹介しています。

昭和の名残残る店内

店内はさながら『ザ・喫茶店』なのですが、ローカルなチェーン店だけあり少し広めです。(席数は全44席とか)

禁煙・喫煙とスペースが分かれてはいますが、区別されていていないような感じです。笑

愛着の持てる道具と暮らす毎日につながる、発見にみちた産地旅へのおともに、「さんち」は日本全国の工芸と産地の魅力をお届けします。

ウェブメディア “さんち” に、デポーが取り上げられていましたが、菜園場店にはコカコーラのアンティークグッズがたくさん飾られています。

かなり古いものもあり、評判を聞きつけたアメリカのコカ・コーラ本社から社長が訪れたこともあったほど。社長から喜びのお手紙まで届いたそう – さんち より引用

モーニングメニュー

地元の小さな喫茶店に入ると、モーニングは1種類、多くても2.3種類なのですが、デポーのモーニングは7種類もあります。笑

観光できた方には『高知のモーニング』を勧めるのですが…結構ボリュームのあるカオスなメニューなので、この日は軽めのモーニングをチョイスしました。

ホットサンドモーニング 600yen

僕が頼んだのは『ホットサンドモーニング』。

このメニューの高知らしさといえば、やはりパンメニューに味噌汁が付いてくるところでしょうか。笑

『 タマゴサンド With ゆで卵 』の卵攻め感も良いです。

ホットケーキモーニング 700yen

友人が頼んだのは『ホットケーキモーニング』。(『高知モーニング』より、『リッチなモーニング』よりも高いのは何故なんだ?)

こちらは 高知らしくない、優雅なモーニングでした。笑

高知トライアングル

僕が 勝手に『高知トライアングル』と名付けて面白がっているモーニングの現象なのですが、水・コーヒー・お茶のトライアングルが、毎回最後に絶対手元に残るんです。笑

高知だとお味噌汁が付いてくることもあるので、もう朝からお腹がたっぷたぷになるんですが、この感じが実に高知らしい。

愛知のモーニングとは違う

コーヒーの価格でトーストなどが付いてくる愛知のモーニングとは違い、高知のモーニングは朝から結構ボリューミーでカオスな印象があります。

こちらの記事でもありますが、パンとおにぎり、味噌汁とコーヒー、更にはフルーツやパスタなど…朝から和洋折衷色んなものがプレートに乗ってくるのが『高知のモーニング』の特徴かもしれません。

愛着の持てる道具と暮らす毎日につながる、発見にみちた産地旅へのおともに、「さんち」は日本全国の工芸と産地の魅力をお届けします。

このメニューを考え出したのは、デポー専務取締役の池田登志子さん。

「朝食で私の食べたいものを考えていったら、トーストとおにぎり両方になったの。おにぎりだったら合わせるのはお味噌汁でしょう、ということで思い切って一緒に乗せてみました。高知市内でこんな組み合わせを提供したのはどうやら私が初めてだったみたい。これがお客さんに喜んでもらえて人気になりました」 – さんち

何がスタンダードになるか分かりませんね。笑

おわりに

TOMARIGI HOSTEL に宿泊するともれなく、現在の『高知のモーニング』の礎を作ったともいえる、喫茶デポーという選択があります。

是非お泊まりの際は、『高知のモーニング part4』を注文してみてくださいね。

ランチもやってる

また、ランチタイムの営業もされているので、高知の老舗を五感で味わってみてください。

お店の情報

デポー 菜園場店

住所:〒780-0823 高知県高知市菜園場町3−8
電話:088-884-4973

営業時間  8:00~17:00
モーニング 8:00~11:00
アイドルタイム 13:00~16:00

定休日 : 無し※元日を除く
駐車場:6台分 +駐輪スペース

TOMARIGI HOSTEL 宿情報

TOMARIGI HOSTELは、2018年2月15日、高知駅から徒歩15分の菜園場にオープンした新しいゲストハウスです。3つのSNS( Facebook、Instagram、Twitter )と、HPを通じて情報発信をしています。是非フォローよろしくお願いします。

TOMARIGI FACEBOOK

TOMARIGI INSTAGRAM

TOMARIGI TWITTER

TOMARIGI HP

▼TOMARIGI HOSTEL KOCHI

とまり木ホステルでの日々に関しては、こちらのカテゴリーに蓄積させています。

https://satoshohei.com/tomarigi-hostel/

こちらの記事も是非

新しく【さえんばサンド】の提供を開始します。菜園場商店街にある【美味しいもの】で作った、世界でここだけでしか食べられない、地域を味わうホットサンドです。
TOMARIGI HOSTELがある桜井町、菜園場界隈がまた盛り上がりをみせそうです。9/13グランドオープンを果たしたビストロ、ルギャルソンシノワ を紹介。とまり木の三軒隣り、徒歩30秒の立地にある美味しいお店。
夏の終わりに古民家カフェで食べるかき氷。9月でもまだ食べることが出来るので、食べおさめに是非訪問してみてはいかがでしょうか。
TOMARIGIHOSTELから徒歩5分。菜園場にある老舗自家焙煎珈琲店 豆蔵を紹介します。お近くにこられた際は、是非一度立ち寄ってみてください。
創業70年以上…今でも愛される高知の老舗中華料理店『華珍園』について。ラーメン一杯45円の時代から、高知にこだわり営業を続けてきた名店でランチ。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク