【高知】昔からある!! 菜園場の老舗居酒屋『吾平』で乾杯。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

2018年の終わり。

とまり木スタッフで忘年会をしました。

『THEブログ』というとりとめもない感じですが、とまり木ホステルから徒歩4分の居酒屋『吾平』を紹介したいので、しばしお付き合いをください。

さえんば吾平

菜園場商店街を出て、電停の向こう側にある居酒屋『さえんば吾平』。

場所はココらへん

高知にもあるチェーン店『とりあえず吾平』とは無関係の、菜園場に根付いたローカルな居酒屋さんです。

縦長に大きなネオンサイン。

赤ちょうちんが『千と千尋』みたいです。(表現がチープ…)

建物のてっぺんにもネオンサイン。

高知を代表する名酒『土佐鶴』は、『佐』の文字だけがかろうじてついていました。

店内は落ち着く居酒屋さん

店内は、日本人に馴染みの良いベーシックな居酒屋さん。

ボックス席、座敷席(掘りごたつ型)、更にはカウンター席もあって、一人でも来やすそうな雰囲気がありました。

メニューも豊富

おススメのものからベーシックなものまで、メニューはリーズナブルで豊富。

フードメニューが200円台からあるお店の『安心感』ったらないですよね。ご飯もののメニューも豊富なので、夜ご飯を食べに来るのもありかもしれません。

お通しは3種類から選択でき、僕は『サバの塩焼き』をチョイスしました。

あぁ、団欒の忘年会。

生ビールで乾杯!

始まりました、とまり木忘年会。

今回は、蔦谷書店3Fにテナントとして入っている『Kochi Startup BASE(キャリア支援センター)』の臨時スタッフとして、とまり木を拠点にひと月高知に滞在していた岡村さんも誘い、4人での忘年会となりました。

動きの遅いおじさんたちに比べ、もーりーは “すばしっこい” ので、写真を撮るとたいていこうなるのです。

もーりーファンの皆さんは、Twitterの #今日のもーりー シリーズをご堪能下さい。

お通しでいきなりテンションが上がる!!

これ美味しかったです~。

吾平伝統の味 牛すじの煮込み480円

牛すじは、白みそベースでとっても味わい深かったです♪『冬×牛すじ』は間違いないですね。

かつをたたき 980円

高知人は舌が肥えてしまっているので、「うんうん!!」というリアクションでしたが、肉厚で美味しいタタキが食べられます。

串カツオ 450円

カツオの串揚げなんてあるのかぁ~。

ピーマン(もしくはシシトウ??)と共に揚げられたカツオ。赤身魚のフライなので、マグロの串揚げとかにも少し近かったです。珍しいですよねー。

がしら唐揚げ 380円

ネーミングに引っ張られて注文した『がしらの唐揚げ』。カサゴの唐揚げのことなんですねー。サクッサク、そして安い。

チビギョーザ 300円

屋台の安兵衛を想起して餃子も注文。一般的な焼き&蒸し餃子の小さいヤツが出てきました。

これの落ち着き具合が半端なくて、宅飲みしてるような、急にアットホームな雰囲気になりました。

気になって注文した『バイス』は、駄菓子のような味。シソウメエキスらしいですが、初めて飲みました。

いやー4人で利用しましたが、相当安く済んだと思います。サクッと飲みには最高です。

おわりに

普段使いしたくなるような安居酒屋。

とにかく店員さんが皆さんいい雰囲気で、すぐ仲良くなっちゃいそうな親しみやすさがありました。

実家のような落ち着き感、いや実家より落ち着く。笑

とまり木ホステルからも近いし、夕飯がてらちょい呑み…みたいな方にはもってこいのお店だったかもしれません。

今度は一人で行ってみようかなー。

お店の情報など

さえんば吾平

住所:高知県高知市菜園場町7−5
電話:088-884-2220

営業時間:火~土 17:00~23:30 (L.O)、日16:00〜22:30 (L.O)
定休日:月曜日

席数:100席
全面喫煙可

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

高知での生活で体験した『お酒』の記録を蓄積しているカテゴリーです。 ▷小カテゴリー 居酒屋|バー ▷お...
高知県ではよく耳にするこの例えばなし。四国に来るまでは知らなかったお話なので、四国未体験の方に届けーと記事にしました。
TOMARIGI HOSTELから徒歩10分。カウンター席が面白いお店に早速ぶつかったのでご紹介します。2019年はもう少し飲み歩きをしたい。
菜園場の街角で18年。地元の常連さんも数多い『屋台たかちゃん』の洋食飲みにハマりそう!! 安くて美味い、高知ローカルな屋台を紹介します。
高知で昼から飲むなら『ひろめ市場 or 葉牡丹』と言われるほど、高知市民に親しまれている老舗居酒屋『葉牡丹』。日本酒とホルモン煮込みでいつまでも居れそう。
マンボウ・鯨・ウツボ・鰻・清水サバ・鰹 … 『土佐料理と珍味を味わいながらカウンターで語らう』が実現できる、創業三十年余の居酒屋『大吉』へ。平日にもかかわらず、高知の名店は大盛況でした。
TOMARIGI HOSTELがある桜井町、菜園場界隈がまた盛り上がりをみせそうです。9/13グランドオープンを果たしたビストロ、ルギャルソンシノワ を紹介。とまり木の三軒隣り、徒歩30秒の立地にある美味しいお店。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク