【高知】日本酒1合200円~ 安くておススメの老舗居酒屋『葉牡丹』

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

酒飲みの聖地と言われる高知。高知県民が昼間からお酒を飲んでいる様子を見て驚く観光客も多いという。そんな高知で昼から飲めるお店として知られる「葉牡丹」と「ひろめ市場」を徹底比較! – 高知家

高知県のメディア『高知家の○○』で、あの『ひろめ市場』と比較されるお店。創業60年を超える老舗居酒屋『葉牡丹』を紹介します。

葉牡丹

中央公園からみて “とさでん” 向こう。

高知の中心街にある老舗居酒屋『葉牡丹』。

場所はココらへん

開店の11時から夜23時まで客足の絶えない『酒呑みの聖地』のような場所ですが、ランチ利用で立ち寄る人も意外に多く、高知市民に親しまれている老舗居酒屋です。

葉牡丹ランチ

544円:フライ定食・野菜フライ定食・焼肉定食
648円:親子丼セット・かつ丼セット・牛丼セット・ねぎとろ丼セット
698円:唐揚げ定食・ロース野菜炒め定食
771円:若足ももやき定食
812円:お弁当

高知へ来た当初からその存在は知っていましたが、未だに行く機会がなかった。そして、一度行ってみたかったお店でした。

間口はこじんまりとしているので、あんまり広い居酒屋じゃないんだろうなぁと思っていたのですが、実際に店内に入ると迷路のように奥へ奥へと伸びていて。

改めてお店の外を見てみると、こんな感じになっていました。

…めっちゃ長いじゃん!!!!! 

夜に飲みにきたよ。

赤ちょうちんに白の行灯看板。

正面からせり出したダクトに店先を彩る暖簾…良い感じですねぇ。

カワイイ暖簾をくぐって、いざ店内へ。

店内の様子

HPより引用

店内に入るとすぐ、台形のような変わった形をしたカウンター席。

お客さんが多く写真は撮れませんでしたが、カウンター絶対楽しいヤツですよ。

カウンターを通り抜け、二階へ向かう細い道へと誘導されます。

2階も席がたくさん。

半個室の座敷席、テーブル席、掘りごたつ席もあるそうです。

若者はこっち…と言わんばかりに、キレイめなテーブル席へ案内して下さいました。

働いている女性は、店主以外は地元のおばちゃんばかり。良い雰囲気です。

メニューに驚愕

先ずはドリンクメニュー。

「とりあえずビー…」と言いかけましたが、日本酒一合200円~って…安すぎでしょ。。

スパークリングワインのグラスも250円。

ソフトドリンク価格ですよ。

(なんならソフトドリンクの方が高いし…笑)

さすが酒呑みの国、高知!!!!

この日二軒目だったこともあり、日本酒(安酒)を全種類コンプリートしよう…という話になりました。

メニューもとても豊富!!

ちょっとしたおつまみから、食事メニュー、そして高知を代表する皿鉢料理(さわち)まで。

フードメニューでもまた、目を疑いました。

串揚げ盛り合わせ5本287円に、ホルモン煮込みは173円!!

この二皿頼んでも460円!!

日本酒1合と合わせても660円!!

…こりゃすごいわ。

はしご酒~♪

松翁 1合(松尾酒造)200円
司牡丹 佳選 1合 270円
土佐鶴 1合 良等 270円
桂月 270円

安酒を常温で。

酒呑みのおっさんと化した、こんな日があってもいいだろう。笑

酒の肴と共に、高知を代表する日本酒をコンプリート♪

ホルモン煮込み173円

これだけで永遠に日本酒いけます。笑

シンプルな味付けで煮込んだホルモンを、ネギと共に小さく刻んでいる一品。これは絶対に頼んでくださいね。

キュウリもみ 225円

キュウリもみとは、キュウリの酢の物のこと。

さっぱりと食感を楽しむ。ベタウマ!!!

あさり酒蒸し 616円

日本酒飲みながら、酒蒸し食べる。

カレー飲みながら、カレーライス食べる。(違うな)

串フライ盛合わせ 5本入り 283円 ×2 

「串フライは5本入りですが、10本注文すると、通常の5本とは違うものが5本追加されます。」 …店員のおばちゃんに促されるまま10本注文。

「これ何食べてるんだ?」みたいのが3本くらい入ってました。

(たぶん、セロリの揚げたやつとかもあった。笑)

まるで駄菓子のようなおつまみですが、こういうの、いいですよね。

好きだなぁ。

おわりに

日本酒4合、食べものも色々と注文しましたが、2人で3500円ちょっと。

外呑みにしてはだいぶコスパいいし、観光?? 目線でも、めちゃくちゃ楽しめるお店だと思いました。

さいきんの激安居酒屋チェーンがやっているわけではなく、創業60年を超える老舗居酒屋がやっているあたりが、また魅力的なんでしょうね。

昔から同じような経営を持続するための『工夫』や『誇り』みたいなもの、そして『心意気』のようなものが伝播し広く愛されている。

この感じが、まるで『高知の文化』のようにも感じられて。こういうの、いいなぁ…と改めて感じました。

ランチタイムも行ってみたいし、また改めて飲みにもいきたいなー。その時は是非カウンターで。笑

御馳走様でした~!!

半世紀を超える高知の老舗居酒屋 葉牡丹。昼間からまるで屋台のように賑やかなお店。高知の郷土料理と串焼、串かつ、焼鳥、餃子など居酒屋定番メニューもたくさん。4名様から100名様まで、各種宴会を承ります。

HPでお店の歴史を深掘りできるので、是非ご興味の方は。

お店の情報など

葉牡丹

住所:高知県高知市堺町2−21
電話:088-872-1330

営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休

喫煙:全面喫煙可
席数:150席

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非に

2018年12月1日に発売された『マッチと街』が面白い。『高知遺産』に続き、ローカルでディープな高知がにじみ出た一冊になっています。
高知県ではよく耳にするこの例えばなし。四国に来るまでは知らなかったお話なので、四国未体験の方に届けーと記事にしました。
菜園場の街角で18年。地元の常連さんも数多い『屋台たかちゃん』の洋食飲みにハマりそう!! 安くて美味い、高知ローカルな屋台を紹介します。
マンボウ・鯨・ウツボ・鰻・清水サバ・鰹 … 『土佐料理と珍味を味わいながらカウンターで語らう』が実現できる、創業三十年余の居酒屋『大吉』へ。平日にもかかわらず、高知の名店は大盛況でした。
2018年のとまり木忘年会は、徒歩4分のところにある吾平さんへ。菜園場界隈にもいい感じのお店がたくさんあるので、実際に利用しながら少しずつ紹介していけたらと思いますよー。
高知での生活で体験した『お酒』の記録を蓄積しているカテゴリーです。 ▷小カテゴリー 居酒屋|バー ▷お...
高知での生活で訪れた『ごはん屋さん』の記録を蓄積しているカテゴリーです。 ▷小カテゴリー 部門別: そばう...

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク