【高知】菜園場 屋台たかちゃんの絶品煮込みハンバーグとオムライス。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

菜園場の街角で18年。

味のある赤ちょうちん『屋台たかちゃん』を紹介します。

屋台たかちゃん

元洋裁学校をリノベーションした複合施設 corens(コレンス)の隣に位置する、屋台型の店舗 たかちゃん。

場所はここらへん

TOMARIGI HOSTELから徒歩2分ほどの立地に位置する、スーパーローカルなお店です。

店内の様子

店内はコの字型のカウンターのみ。

10席ないくらいでしょうか。

意外にも店内にはTVやエアコンも完備されていて。

水道も通っているので、屋台とも少し違う形態になるのかな…

ベテランご夫婦がカウンター向こうで調理をしてくれるのですが、お世辞とも広いとはいえない厨房から繰り出されるメニューの数々がスゴいのです。

メニューはこんな感じ

もろに柱が被っていて、全然メニュー見えませんね。笑

…すみません。

こういう時に頼りになるのが、かえさんのブログ。笑

にゃり〜ん♪ TOP画像は 少々ボケてますが昨日にこみちゃんで食べた! アキレスポン酢&はらみ焼にゃ! ええ、祭りは始まってます!(`・ω・´)(笑) と、言うことで! 大阪から来たお母ちゃん! 今日の高知の記憶の記録は! このまま「祭り」...

天津飯(500円)にナポリタン(600円)、オムライス(600円)に焼き飯(600円)、オイルサーディン(500円)に牛すじ煮込み(500円)、ラーメン(600円~)も5種類から選べます。

おでんは1品100円です。

そして、ドリンクも充実しています。

日本酒は300円ですし、焼酎やグラスワインは400円。

ウーロン茶は200円ですし、ノンアルビールは300円ですよ。

ウェーイ!!

生ビール500円・ノンアル300円

友人はノンアルでしたが、ビールジョッキに注いで運ばれてきました。

ノンアル安い!!!

煮込みハンバーグ500円

ゴツゴツした粗挽きのハンバーグが美味しいんですよー。

前回食べた煮込みハンバーグがとても絶品だったので、友人にも食べてもらいました。目玉焼きがセットで付いてくるのも嬉しいです。

奥さんの “たかちゃん” お手製です。

オムライス600円

そして、初注文のオムライス!!

たまごトロッと系でやってきました。

中に入っていたのは茶色飯。

ブラックペッパーが効いていて、玉ねぎと共に角焼豚なんかも入っており、ビールに非常にマッチするスパイシーなオムライスでした。

ササミからあげ 400円

鶏肉の黄金焼きのような、さっぱりジューシーな美味しい一皿。

400円でこれが食べられるのは、やっぱりコスパ良しですよ!!!

焼酎お湯割り 400円

常連さんに習って、焼酎お湯割りいっちゃいました。

そして、迎えうつは『おでん』。

おでん1品 100円

蓋を開けると、良い感じに煮込まれたおでんーーーっ。

高知らしいタネってあるのかなーと聞いていると…ありました。

ピンク色をした右側は『すまき』。簀(す)で巻き包んだ高知のかまぼこ。

左は『阿蘭陀(おらんだ)』というらしい。魚のすり身と共に豆のようなものが練り込まれていました。

出汁は関西風であっさり。庶民的でいい感じでした。

2人で3500円ちょっとだったかな。

コスパ良かったーー!!!

おわりに

カウンターで飲んでいると、様々な常連さんが入れ替わりでやってきます。…常連さんばかりな印象ですが、かといって閉鎖的な空間ではありません。

初めて来た僕らのような若造にも適度な距離感で声をかけてくれ、善き屋台コミュニケーションが楽しめる素敵なお店です。

途中で紹介したように、奥さんの名前がたかさん(たか子さんではない)と言うそうで、そこから『たかちゃん』という店名になったそうです。ここでお店を始めて18年にもなるんだとか。

コスパ良し、料理も美味しい、そして貴重な屋台コミュニケーションが体験できる、お気に入りのお店です。

是非一度訪れてみて下さいねー。

お店の情報など

屋台 たかちゃん

住所:高知市桜井町1丁目4-7
営業時間:18:00~24:00
定休日:水曜日
トイレ:屋外に仮設トイレがあります

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

高知で昼から飲むなら『ひろめ市場 or 葉牡丹』と言われるほど、高知市民に親しまれている老舗居酒屋『葉牡丹』。日本酒とホルモン煮込みでいつまでも居れそう。
マンボウ・鯨・ウツボ・鰻・清水サバ・鰹 … 『土佐料理と珍味を味わいながらカウンターで語らう』が実現できる、創業三十年余の居酒屋『大吉』へ。平日にもかかわらず、高知の名店は大盛況でした。
マヨネーズとラーメン??? 座敷席もある高知の老舗屋台『じゅんちゃん』で、『マヨネーズラーメン』を初体験してきました。これが意外と美味しくて二日連続で行ってしまいました。。笑
2018年のとまり木忘年会は、徒歩4分のところにある吾平さんへ。菜園場界隈にもいい感じのお店がたくさんあるので、実際に利用しながら少しずつ紹介していけたらと思いますよー。
TOMARIGI HOSTELがある桜井町、菜園場界隈がまた盛り上がりをみせそうです。9/13グランドオープンを果たしたビストロ、ルギャルソンシノワ を紹介。とまり木の三軒隣り、徒歩30秒の立地にある美味しいお店。
TOMARIGI HOSTELから徒歩10分。カウンター席が面白いお店に早速ぶつかったのでご紹介します。2019年はもう少し飲み歩きをしたい。
高知県ではよく耳にするこの例えばなし。四国に来るまでは知らなかったお話なので、四国未体験の方に届けーと記事にしました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク