【高知】淹れたてのサイフォンコーヒーとシフォンケーキが絶品。珈琲専門店 モダンタイムス

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

坂本龍馬生誕の地、上町エリアにある喫茶店を訪ねました。

自家焙煎の珈琲をサイフォンで抽出、珈琲専門店『モダンタイムス』を紹介します。

珈琲専門店 モダンタイムス

賃貸マンションの一階にある喫茶店。

メイン通りの一本奥、病院や歯科医院が密集しているエリアに位置します。

場所はここらへん

落ち着いたピンクの外観

外観は、よくある町の喫茶店という雰囲気。

ところどころ、年期を感じさせ風情があります。

元々あったらしい屋根にある英語の店名と、玄関口で出迎えてくれるカタカナのフォントとの『テンションの違い』がいい感じ。

本日のおススメコーヒーとして張り出されているメニューも、なかなか味があります。

入口すぐに焙煎スペース

入ってすぐに珈琲器具と豆の販売、そして焙煎のスペースがありました。

使い込まれた大きな焙煎機、外へと続く煙突…店内へ入ってガラッと印象が変わりました。(期待値が高まりました)

店内はロッジ調

40席ほどある店内は、ロッジのような雰囲気の机と椅子で飾られていました。

手前側が禁煙席、奥側が喫煙席となっています。

お店の一番手前の席に腰をおろし、手渡されたメニューを眺めます。

店内の写真を撮らせてほしいとお話をした流れで、メニュー表の写真もと申し出たのですが、何も言わずささっとメニューを取りあげられてしまいました。笑

(今回はメニュー紹介無しです)

雑多だけど良い雰囲気

入口付近に仕事道具や販売している商品が雑多に並んでいるのですが、きちんと手が入っていて使い込まれている感じがあって、とても雰囲気は良かったです。

天井から吊るされていたのはBOSEのスピーカー。

いい感じの昭和歌謡、そして洋楽が流れていました。

ブレンドコーヒー と シフォンケーキのセット

ブレンドコーヒー(コク)と シフォンケーキのセット 650yen

5分ちょっとでしょうか、注文したシフォンケーキとコーヒーがやってきました。

コーヒーはサイフォンで抽出しており、席まで器具を持ってきて僕の背後で淹れてくれていました。

背後でコーヒーを注ぐ音、オーナーさんとの微妙な距離感…なんとも言えない時間が流れます。笑

シフォンケーキには、柑橘系のシャーベットとチョコアイス、そして白っぽいトロッとしたソースがついてきました。

(ソース単体で味わったのですが、最後までその正体が分かりませんでした。)

シフォンケーキはフワッフワで美味しかったです。

コーヒーも香り高くさっぱりとしていて、シフォンケーキと相性が良かったです。

さっぱりとしていながらも、適度な苦みとコクがあって…美味しかったですよ。

おわりに

寡黙なオーナーさんとの距離感は埋められませんでしたが、とてもリラックスできる時間が過ごせました。

15時過ぎに訪問しましたが、僕が来てからも2組ほどお客さんも入られており、地元の人の日常に溶け込んだお店に感じましたよ。

ビルの1階に店を構える、モダンな佇まいが魅力のコーヒー専門店は、「モダン」という言葉がよく似合う店内。 木の温もり溢れる客席には、自家焙煎コーヒーの香ばしい香りが立ちこめる。 そんな中でいただく一杯は、まさに至福のひと時! モーニングや自家製ケーキなどもコーヒーの良きお供。今日もまた1人、この店の虜に…    店...

お店の情報

自家焙煎珈琲専門店 モダンタイムス

住所:高知市上町3-5-10 ウィスタリア21 1F
電話番号:088-824-5085

営業時間:8:30〜17:00
定休日:日曜、祝日

席数:40席
駐車場:10台

(店内に車で来るかた向けの注意書きがありました。)

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

喫茶店天国である高知(市内)のおススメ喫茶店を5店紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
2018年に誕生した、高知市内のおススメコーヒースタンドを4軒紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
全国20店舗を超える展開をみせる喫茶店【コーヒー専門店ぽえむ】。創業者一族が高知出身ということもあり、土佐和紙を使用したフィルターがあったり、焙煎の場も高知に設けているそう。『アメリカンコーヒー生みの親』説もあり、期待を胸にいざお店へ。
高知市民に親しまれてきた『田園ブレンド』を提供する老舗喫茶店『珈琲屋らんぷ』。創業50年以上のお店のようですが、実は10年ほど前にオーナーさんが変わったのだそう。女性が働くレトロな喫茶店の紹介。
「とても素敵なお店らしいけど、いつ空いているか分からない。」…高知大学の近くにある、カウンターでネルドリップを楽しむお店 梨ノ木珈琲店へ行ってまいりました。
TOMARIGIHOSTELから徒歩5分。菜園場にある老舗自家焙煎珈琲店 豆蔵を紹介します。お近くにこられた際は、是非一度立ち寄ってみてください。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク