高知市内のおススメ コーヒースタンド 4選

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

2018年度、高知市内にたくさんのコーヒースタンドが誕生しました。

『高知 コーヒー』と検索をして このブログへ辿りつく方も増えてきたようなので、今までの記事を通じて4軒のコーヒースタンドを紹介できたらと思います。

今回は、いずれも2018年に出来た新しいコーヒースタンドです。

Coils コイルス

高知市内で珍しいエアロプレス抽出

20代前半の若手オーナーが淹れる、浅煎りのスペシャルティコーヒー。

先ずは、高知県庁近くのコイルス。

2018年8月にオープンしました。こじんまりとしながらも洗練されたオシャレな空間、コーヒーの専門誌『standart』がカウンター下のラックに並びます。

県外のロースターさんの豆をセレクトして仕入れており、都度お店に置いてある豆も変化します。このお店は、是非ゆっくりと滞在してほしいお店です。

詳しい記事はこちらから

8月にオープンした、高知県庁近くのコーヒースタンド コイルス を紹介します。シェケラートやエスプレッソトニックなどのアイスドリンクメニューや、エアロプレスで抽出したシングルオリジンコーヒーがオススメです。

〒780-0870 高知市本町5丁目2-19 岩崎ビル1階

営業時間:月~金曜日 7時30分~19時00分
日、祝休日 9時00分~19時00分

定休日:土曜日
駐車場:なし

KILIG COFFEE

丸山珈琲をルーツにフレンチプレス抽出

高知へUターンして伝えたい、本当に美味しいコーヒー。

2軒目に紹介するのはキリグコーヒー。

2018年8月末にオープンした、フレンチプレス抽出の実力店。珈琲は中深煎りあたり。ブレンドコーヒー 一杯 648yenと少し高めの設定ながらも、コーヒー好きを頷かせる珈琲を丁寧に提供してくれます。

高知に新しくオープンした図書館オーテピアや、日曜市の開催される追手筋からも近い立地にあります。『KILIG ブレンド』をはじめ、豆の販売もされているので是非チェックしてみて下さい。

詳しい記事はこちらから

「自分が飲みたい美味しいコーヒーを、地元の方にも是非味わってほしい。」高知出身の女性オーナーが、Uターンしてはじめた町のコーヒー屋さん。

住所:高知県高知市追手筋1丁目9−16 第二森ビル1階北
電話:088-855-9090

営業時間: 10:00~18:00 (L.O 17:30)
定休日:日曜日(不定休)

SNS:FacebookInstagram

Talk about it , coffee bar

会話を通じてレシピを決めるハンドドリップ抽出

各地のロースターさんとの繋がりを通じ、新たな出会いを提供する。

3軒目は、高知一短い商店街 “魚の棚商店街” にあるトークアバウトイットコーヒーバー。

TOMARIGI HOSTELと同時期にオープンされたこともあり、当初より親しくさせて頂いていたコーヒースタンド。

日本国内外、様々なロースターさんのスペシャルティコーヒーと出逢える、高知では珍しいスタイルのお店。一杯350yen前後と価格もリーズナブル。

イートインスペースがなく、置かれているベンチやカウンターで珈琲と会話を楽しむような場所となっています。営業時間等はTumblrで都度確認を。

詳しい記事はこちらから

2018年初旬、魚の棚商店街にオープンしたローカルなコーヒースタンド『TALK ABOUT IT , COFFEE BAR』を紹介します。

トークアバウトイットコーヒーバー

住所:〒780-0822 高知県高知市はりまや町1丁目9−4

営業時間: 12:00~18:00

駐車場:無
席数:無

KAWAKUBO COFFEE

フレンチプレスで抽出する、冷めても美味しいアメリカーノ

カジュアル&DIY の雰囲気はまるでポートランド

4軒目の紹介はカワクボコーヒー。

2018年1月末にできた、カレーなど食事の提供もされている珈琲屋さんです。

他の3店舗に比べ、カフェや喫茶店の要素が強いお店にも感じますが、リーズナブルな美味しいコーヒーとゆったりと寛げる店内がおススメです。

深煎りのコーヒーも美味しいですが、もう少し俯瞰した感じ…カルチャーの提案や発信をしているような印象も受け取れ、ハーフビルドで作った空間はDIY意欲を高めさせてくれます。

詳しい記事はこちらから

町の小さなコーヒースタンドが、DIYした空間を面白く開放しています。 コーヒーを味わうついでに、是非2FのDIY空間を感じてみてください。

カワクボコーヒー

住所:高知県高知市大川筋1丁目7−31
電話:080-9831-0002

営業:10:00~16:00
定休日:土曜日

駐車場:なし

おわりに

駆け足の紹介になってしまいましたが、如何でしたでしょうか。

今回の4店舗は、いずれも高知市内(近隣エリア)にあるので、自転車があれば回遊できます。

JR高知駅前にある観光情報発信館『とさてらす』で提供している、無料レンタサイクルのサービスについて紹介します。2つの条件に当てはまる人であれば、誰でも借りれるよー。

観光という名目になるのかは定かではないですが、駅前のとさてらすでレンタサイクルも借りれますので、県外の方も是非参考にしてみて下さい。

TOMARIGI HOSTELに来て頂ければ、2倍以上の情報量でコーヒー情報をお届けいたします。笑

喫茶店店舗数(人口10万人あたり) 全国平均55.07軒 1位高知156.37軒 2位岐阜142.92軒 3位愛知113.05軒 4位和歌山112.67軒 5位大阪105.67軒 6位兵庫97.26軒 7位香川93.17軒…45位群馬21.00軒 46位福島20.98軒 47位茨城20.69軒

喫茶店店舗数 [ 2014年第一位 高知県 ]

喫茶店は全国に69,983軒あり、人口10万人あたり店舗数は55.07軒。最も喫茶店が多いのは高知県で人口10万人あたり156.37軒。全国平均の2.8倍で偏差値も80.43と高い。2位は岐阜県で142.92軒、3位は愛知県で113.05軒。- 都道府県別統計とランキングで見る県民性

少し古いデータになりますが、高知は喫茶店店舗数日本一。

2018年に誕生したコーヒースタンド以外にも、高知市内には多くの美味しい珈琲屋さん、カフェや喫茶店が存在します。

また、高知市外にもたくさんのコーヒー屋さんが点在しています。

高知県に滞在している間は、好きな珈琲屋さんを今後も回遊していけたらと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いしますね。

TOMARIGI HOSTEL 宿情報

TOMARIGI HOSTELは、2018年2月15日、高知駅から徒歩15分の菜園場にオープンした新しいゲストハウスです。3つのSNS( Facebook、Instagram、Twitter )と、HPを通じて情報発信をしています。是非フォローよろしくお願いします。

TOMARIGI FACEBOOK

TOMARIGI INSTAGRAM

TOMARIGI TWITTER

TOMARIGI HP

▼TOMARIGI HOSTEL KOCHI

とまり木ホステルでの日々に関しては、こちらのカテゴリーに蓄積させています。

https://satoshohei.com/tomarigi-hostel/

こちらの記事も是非

喫茶店天国である高知(市内)のおススメ喫茶店を5店紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
沢田マンションのギャラリーカフェから2017年5月に移転。看板犬チェルベロのいるチェルベロコーヒー。住宅の続くエリアで見つけた自分好みのカフェ。
レコードが流れ、古本がところせましと並ぶ空間で、ゆっくりと珈琲を味わう… 文化的なにおいがする『夜と昼』に行ってきました。高知大学の学生に、是非入り浸ってほしい場所。
「とても素敵なお店らしいけど、いつ空いているか分からない。」…高知大学の近くにある、カウンターでネルドリップを楽しむお店 梨ノ木珈琲店へ行ってまいりました。
50年以上続く帯屋町の老舗喫茶『茶房らんぷ』の姉妹店、『アンの庭』でカフェタイムを過ごしました。Free-wifi、駐車場有り、分煙室有りと、会議やMTGにも適してそうなリラックス空間でした。

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク