【高知】10/1朝倉にオープン 本と音楽と珈琲のお店『夜と昼』が素敵。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

TOMARIGI HOSTEL 大学生スタッフのモーリーからメッセージをもらい、オープン初日の『夜と昼』に行ってきました。

居心地の良すぎる、入り浸りたくなる雰囲気を存分に味わってきたので、是非紹介させて頂きたく記事にしました。

夜と昼

高知大学正門から東に歩いて2分。

10/1に『 コーヒー、本と音楽のお店 夜と昼 』が誕生しました。

まだほとんどWeb上に情報がないのですが…場所はというとここらへんです。

このジャンプショットというBarが入っているビル、同じ2Fにお店があります。

お店の外観

Open時は、お店の前に黒板が立っています。

脇の階段を上がって2Fが店舗になります。

ヌコーーーー!!!!!

カワイイ黒猫のイラストは、モ・ベターデザインというところが手掛けられているそうです。(カワイイ)

店内広々、素敵な空間

店内はカウンター席が4席程度、その他テーブル席が幾つか。お客さんがいたので撮影出来ていないエリアもあります。(全部で20席~25席程度でしょうか。)

味のある不揃いな椅子やテーブルがいい雰囲気を醸し出しています。

本、本、本…

もともと古本屋がやりたくて…

全てオーナーさんの蔵書らしいですが、様々な分野の本が所狭しと並んでいました。

僕は、音楽や映画、建築や旅に関するところに、やはり反応してしまいましたね。小説や文学系の本も多いので、本と音楽と、そしてコーヒーと…長く長く入り浸れそう。笑

(現在は販売していないらしいですが、今後古物商免許の取得とともに販売も検討されるそう。)

レコードから流れる音楽

本と共に心ときめくもの…

このお店を構成する、本とともにあるもの…それは音楽。

『夜と昼』のTwitterを覗いてみて頂ければ、お店の雰囲気や空気感が少し伝わってくるかもしれません。素敵です。

メニューはこんな感じ

コーヒーやカレー、そしてアルコールも。

メニューは黒板に書いてあります。軽食メニューが多いですが、カレーやパスタもあるのでランチやディナーにも最適です。

チキンカレー 800yen

カウンター頭上にパウダースパイスがずらっと並んでいるのですが、オーナーさんお手製の本格的なカレーが頂けます。

この日食べたチキンカレーは、しっかりと油分もありつつトマトの酸味と共にあっさりとしていて、意外とサラッと食べられました。辛さ控えめ、食べやすかったです。

(高知が生んだ新しいカレーコミュニティ『カレーエコノミー』でも紹介しなきゃ…。笑)

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

コーヒーは、はなればなれ珈琲

提供している珈琲は、はなればなれ珈琲のシングルオリジン。

中深煎り~深煎りの、しっかりとした渋いコーヒーです。口に含んでから喉を通すまでに、少し時間をかけたくなるような…深い味わいがあります。

(フードとドリンクを一緒に頼むと、ドリンクが200円引きになります。)

おわりに

広島出身のオーナーは、元新聞記者。

深い話はあまり出来ませんでしたが、かつて東京にいた期間もあるそうで、様々なカルチャー、体験をしてきた面白い方なんだろうなーというオーラが出ていらっしゃいました。

新しいお店が、こういった古いものや奥行きを感じさせるものと共に生まれることが、とても嬉しいです。

こういう場所が大学の近くにあること…

少し大袈裟ですが、これは、町の資産だと僕は思います。

文化的なものの奥深さや面白さを知るきっかけになる場所。僕が大学生だったら間違いなく影響を受けていたと思うし、ここに来る大人たちの会話に聞き耳を立てていたでしょう…。

島根の山奥で本屋を始めた、ある友人を思い出しました。

【本屋×セレクトショップ×カフェ×イベントスペース】…何もない山奥だからこそ、住み続けるために自分が正直に『欲しい』と思うもの作る。きっとそこに暮らす若者にとって、オシャレでカッコイイ場所があることって心の支えになると思う。

また、長野の栞日や古本喫茶 想雲堂のような…やっぱり僕にとって本や音楽のある空間は、いつでも心ときめく(もしくは落ち着かせる)場所なのかもしれません。

BOOK/CAFE/DONUT/GALLERY… 2014年10月に松本 栞日さんに訪れた際の記事を書きました。リノベーション後の今は、中長期滞在者向けのアパルトメント型ホテル 栞日INN として使われています。
夜22時まで営業している古本喫茶 想雲堂で、JAZZを聴きながら、スペシャリティコーヒーとたくさんの本を嗜む優雅な時間を。

久しぶりに知的好奇心がうずきました。笑

もともと『夜』という店名にしようとしていた…

独特の感性が現れた、素敵な店名にも惹かれます。オープン初日からたくさんの方が来ていましたよ。

TOMARIGI HOSTELからは少し距離がありますが、また遊びに行きたいと思います。

お店情報

住所:〒780-8072 高知県高知市曙町1丁目8−25 寿ビル2F

営業時間:12:00~21:00
定休日:日曜日(暫定)

SNS:Twitter

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

8月にオープンした、高知県庁近くのコーヒースタンド コイルス を紹介します。シェケラートやエスプレッソトニックなどのアイスドリンクメニューや、エアロプレスで抽出したシングルオリジンコーヒーがオススメです。
「とても素敵なお店らしいけど、いつ空いているか分からない。」…高知大学の近くにある、カウンターでネルドリップを楽しむお店 梨ノ木珈琲店へ行ってまいりました。
「自分が飲みたい美味しいコーヒーを、地元の方にも是非味わってほしい。」高知出身の女性オーナーが、Uターンしてはじめた町のコーヒー屋さん。
680円でチャイとサラダ付き、大盛りも特盛りも無料。 学生の町で食べる絶品大満足カレー。
天井に無数のドライフラワー、ずらーっと並ぶアンティーク雑貨、センスの良い音楽の選曲…ここはなんだ?? 週に一日のみのカレーやさん?? 宿借りカレーって?? 型にはまらない面白オシャレスポットへ行ってきたよ。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク