【高知】10/1 帯屋町にオープン。ごはんとお酒 ecocca(イコッカ)

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

10月1日、帯屋町の金高堂向かいにオープンした『ecocca』に行ってきました。

今回はランチタイムの訪問になりますが、ごはんとお酒のお店ということで、色々とお話を伺ってきました。

ecocca

高知の中心商店街 帯屋町 で、いま最も通り過ぎる人の目線が集まるお店…ecocca(イコッカと読むそうです)。

10/1にオープンを果たした、ランチとディナータイムに営業をしている飲食店です。

場所はここ。(Googleのポイントがちょっとズレてる)

金高堂本店とスターバックスの目の前といいましょうか、 “とってもいい場所” にあります。

“Cafe Bar LAST CHANCE” のお隣。

夏前に立て壊して空き地状態になっていたところですね。

直線的でオシャレ…シンプルな白いハコのような縦長のお店。

入口に店名が書いてあるだけなので、事前情報を持たない通行人が、こぞって中を覗き込んでいる場所です。笑

ecocca(イコッカ)。

店名のサインが目印です。

洗練されたシンプルな店内

店内1Fの席数は、カウンター4席と、4人掛け、2人掛けのテーブル席で6席ほど。

入口を入って左手に階段があり、2Fへと上がれるようになっています。

上下に放射される間接照明…アイアンの中にある温かさを感じる木…今流行りのグレイッシュトーンの階段…オシャレです!!

2Fは広々と。

テーブル席が続いており、25席~30席近く入れそうな空間でした。

また、間仕切りができるテーブル席・座敷席がそれぞれあるため、個室状態で楽しめることもできそうです。

新しくて、シンプルで、オシャレ。

そればかりですが、繰り返しそう感じてしまう素敵な空間。

ランチメニュー

オープン数日間は、メニューを絞ってランチ提供をしているそうで、定食セットのみの展開となっています。(後ほど写真とともに改めて紹介します)

「今後提供していく予定」と仰られていた、通常版ランチメニューはこちら。

小鉢3品とお汁つきの、和食中心一汁三菜メニューが食べられるお店のようです。

ランチのドリンクメニューはこんな感じ。

セットのソフトドリンクは+100yen、プチリッチなソフトドリンクは+200yen。

マンゴー、いちご、ポンカン、ラ・フランス、キウイにひやしあめ…ソフトドリンクメニューの種類も豊富なのが素敵です。

ディナーメニュー

ディナーのフードメニューはこんな感じ。

パスタ、ピザ、炒飯、丼などのご飯もの。海のもの、肉料理、アヒージョやパン、チーズなども揃っています。

一品当たり800yen前後。高級食材を使った、一品2,000yen近くする料理もあります。

ドリンクメニューは…

アレッ。

ドリンクメニュー写真がない!!!!!!!!

OMG。。ごめんなさい。

写真がない。 …マジか。

(気を取り直して…)

コース料理や、人数によっては貸切営業なども臨機応変に対応して下さるようです。

料理写真がないと伝わりづらい部分かと思いますが…。(是非ディナーに行かれた方の情報を心待ちにしています。)

オシャレな縦長のサーバー。

奥にはワイングラスなんかも揃っているので、素敵なディナータイムが過ごせそうですね。(いやードリンクが気になって仕方ない。。)

絶品ランチ

いつものごはん 850yen

さて、話をランチに戻しますと、こんな感じの料理がやってきました。

ご飯は大盛り無料なので大盛りをお願いしました。高知のブランド米の仁井田米です。

左手の小鉢は、小松菜の山芋和え(これめっちゃ美味しかった)と切干大根。

右手には、揚げ出し茄子(この時期の茄子の美味さよ)に、きゅうりの酢の物。

中央には豚ロースの生姜焼き。

豚肉はサクッと揚がっており、オリジナルの生姜ソースが絡んで非常に美味しかった。

更には、いりこ出汁のお味噌汁。

少量ずつ手の込んだ料理を食べれる幸せよ…。

心満たされます。

パクッと完食でございました。

ごちそうさまでした。

おわりに

オープンしてすぐの新しいお店。

こんないい立地に素敵な建物…どこかの会社が経営されているのかと思いきや、20年ほど料理人をされていたオーナーが、このたび独立して一店舗目に持ったお店なのだそう。

空間はイエリノと共に

今回の店舗施工は、株式会社フタガミ リノベーション事業部 『イエリノ』と共に作り上げていったそう。

新築、リノベーションからDIYのサポートまで。ieRenoは、自分らしく暮らす「新しい家づくりのカタチ」をご提案します。 – イエリノ

当初は、元の建物をリノベーションして新店舗にしたかったようですが(ご自宅は古民家をリノベーションして住まわれているんだとか)、老朽化が進んでおり元の躯体を活かしきれなかったようで、やむなく新しく建て直したそうです。

選択と集中。

お金かける部分にはお金をかけ、お金をかけない部分にはIKEAなども多用しながら店舗を作り上げていった…ということで、インテリアや空間装飾が気になる方は是非色々と聞いてみてください。

面白い話がたくさん聞けましたよ。

10/1にオープンした新しいお店。

是非一度訪れてみてください。

(ドリンクの情報お待ちしています。笑)

飲んだくれの果て(高知編)(笑)の かえさん にドリンクの写真を提供頂いたよ。

ちぇーーっく。

(写真提供ありがとうございました。)

平均して アルコール500yen、ソフトドリンク300yenと、少し安いくらいの良心価格でした!! 夜も訪れたい。

お店の情報

住所:電話:088-826-2239

営業時間: ランチ 11:30~14:30 (L.O)、ディナー 18:00~22:30 (L.O)
定休日:月曜日(日曜日はランチのみ)

( ゆくゆくは…金曜土曜は25時くらいまでやりたいとのこと。そして、日曜日は昼からお店閉めたいって言ってました。笑 )

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

レコードが流れ、古本がところせましと並ぶ空間で、ゆっくりと珈琲を味わう… 文化的なにおいがする『夜と昼』に行ってきました。高知大学の学生に、是非入り浸ってほしい場所。
「みんなと同じ提案になろうと、美味しいものは美味しいし好きなものは好きだ。」初めての方は藁屋定食を、3回目くらいの方にはササカリーをお勧めしたい。沢田マンションで絶品ランチ。
「自分が飲みたい美味しいコーヒーを、地元の方にも是非味わってほしい。」高知出身の女性オーナーが、Uターンしてはじめた町のコーヒー屋さん。
8月にオープンした、高知県庁近くのコーヒースタンド コイルス を紹介します。シェケラートやエスプレッソトニックなどのアイスドリンクメニューや、エアロプレスで抽出したシングルオリジンコーヒーがオススメです。
TOMARIGI HOSTELがある桜井町、菜園場界隈がまた盛り上がりをみせそうです。9/13グランドオープンを果たしたビストロ、ルギャルソンシノワ を紹介。とまり木の三軒隣り、徒歩30秒の立地にある美味しいお店。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク