【高知】高知アイス×ドトールコーヒー 全国展開のアイスもなか。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

高知で微住生活中の珈琲好きですが、このアイスモナカの存在は知りませんでした。

友人に教えてもらい、早速食べてみたのでレビューします。

高知アイス

高知駅前、K’sカフェ跡地に7月20日オープンした 高知アイス。

高知市内でハラール認証を受けている場所として、TOMARIGI HOSTELでは認知されています。笑

もともとサークルKだった場所がファミリーマートに、K‘sCafeという施設だった場所が高知アイスに。隣接している建物がそれにあたります。

今夏、この高知アイスが、ドトールコーヒーと共同開発したアイスもなかをリリースしました。

高知アイス(吾川郡いの町下八川乙)は8月から、ドトールコーヒー(東京)と共同開発したアイスもなかを、全国の量販店やコンビニエンスストアなどで順次販売する。- 高知新聞

僕は知らなかったのですが、一部の間ではとても噂になっていたそうで…友人に教えてもらい購入してみることにしました。

高知アイス×ドトールコーヒー

お察しの通り、全国の量販店やコンビニで購入できるということで、わざわざ『高知アイス』の店舗で買う必要はなかったもよう。(雰囲気です雰囲気)

ドトールのアイスモナカは、ファミリーマート、高知アイス店舗、双方で販売されています。

(高知アイス店舗内では、テイクアウト商品のイートインはできないらしいので注意してください。)

コーヒー薫るアイスモナカ

ドトールアイスモナカ 200yen

「高知アイス」と「ドトールコーヒー」が共同開発したアイスモナカが登場!

ドトールコーヒーのエキスを使った苦味と香りを引き立たせたアイスです。 エスプレッソ仕立てのしっかりとしたコーヒーの風味が楽しめる甘さ控えめで、ビターな香りが広がる大人なアイス!

美味しい!!

香料を使わず濃縮したコーヒーエキスを原料にしているそうで、珈琲の味をダイレクトに感じる、甘さ控えめのビターなモナカです。(かといって苦くはない)

高知県地産外商公社の取り組みでドトールが産地視察に訪れたことをきっかけに、昨秋から共同開発に着手。香りと苦味を引き立たせる2種類のエキスをブレンドし、「素材の力を100%生かすレシピ」(高知アイス)で商品化した。- 高知新聞

高知で作られたこだわりのコラボアイスが全国展開。

是非お近くで見かけた際は、高知を感じてみてください。

原材料名/牛乳(生乳(国産))、砂糖、乳製品、コーヒーエキス、 モナカの皮/加工でん粉、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、膨張剤、アナトー色素、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

内容量:100ml /栄養成分(1個あたり)エネルギー121.3kcal、 たんぱく質2.9g、 脂質3.6g 、 炭水化物19.4g、 食塩相当量0.1g

種類別/アイスミルク/無脂乳固形分9.1% 乳脂肪分4.8%

高知アイス ドトールコーヒー薫るアイスモナカ【6個セット】/エスプレッソ/doutor/ミルク/Made in土佐/もなか/最中/アイス

新品価格
¥2,398から
(2018/9/29 22:24時点)

一応お店の情報を…

高知アイスカフェ よさこい咲都 の情報を、以下共有させて頂きます。

※先ほどと繰り返しになりますが、ドトールアイスモナカは店内で食べられませんのでご注意ください。

住所:〒780-0061 高知県高知市栄田町2丁目4−12
電話:090-1003-6715

営業時間:7時30分~20時30分

駐車場:常時混雑気味

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

高知ローカルのブラボーアイス。調べてみると、さかわの地乳(ぢちち)を原材料に使い、一本一本手作業で作られていました。777で大当たり3本もらえるというユニークなくじ付きの、ジャケ買いしたくなるかわいいアイスバー。
Twitterでみかけた『ごちそうレトルト専門店 にしきや』。 気になってHPを辿っていくと、とても面白いオウエンしたくなる企業であることがわかり、つい記事にしてしまいました。
高知に20店舗ほどある、ローカルコンビニ兼お弁当屋さん『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを食べたよ。北海道のローカル感と重なるのは気のせいだろうか。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク