【高知】やっぱり藁屋WARAYAが好き。沢田マンション1Fで絶品ランチ。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

あなたの町にもありませんか?

オシャレでこだわりがあって、美味しいご飯が食べられるお店。

どこの町にもあるというわけではないですが、日本各地旅をしてきて、たまに出くわした【非の打ちどころがない】オシャレなお店。

高知市内でいうと、今回紹介するWARAYAはそのお店に該当するんじゃないかなと思います。

「やっぱり、藁屋が好き。」

WARAYA

いわずと知れた、高知のガウディ建築。

沢田マンションの1Fに、WARAYAはあります。

“日本の九龍城”、“日本のサグラダファミリア”の異名も…。高知県高知市にある、想像を絶するとてつもない「沢田マンション」。鉄骨鉄筋コンクリート造り、地下1階地上…

(沢田マンションを知らない方は、是非こちらの記事を参考にしてみてください。)

沢田マンション(さわだマンション)は、高知県高知市薊野北町一丁目に建設された、集合住宅である。鉄筋コンクリート建築を専門職として手掛けたことのない者が、夫婦二人で(のちにはその子も加わって)造りあげた。通称「沢マン」(さわマン)、「軍艦島マンション」とも。現況は、鉄骨鉄筋コンクリート構造、敷地550坪、地下1階地上5階建て(一部6階)、入居戸数約70世帯、約100人居住。(中略)

増築に増築を重ねた外観から、軍艦島とともに並んで「日本の九龍城」とも呼ばれ、建築物探訪の名所のひとつとして知られる。 – Wikipedia

なんともいえない迫力とカオスが交差する沢マンですが、その中にひと際オシャレなカフェがあります。WARAYAです。

WARAYA外観

白を基調とした壁、グリーンのプランターで彩られたオシャレな外観が目印です。

ランチタイムは、11:00~14:30(L.O)。

定食とカレー、ランチは2種類のセットメニューから選択できます。

人気のお店がゆえ混雑していることも多いので、時間に余裕を持って来店されることをお勧めします。

(混雑時は名前と連絡先をお伝えし、しばらく外で待つ感じになります。)

ランチタイムメニューは2種類

「こいつの名前なんていったっけ?」

R2-D2(アールツーディーツー)の名前はすぐ出てくるのに、このキャラクターの名前が…というやつをこの日はカウンターでしばし繰り広げていました。

(…失礼しました。)

冒頭にお伝えした通り、ランチは『藁屋定食950yen』と『ササカリー850yen』の2種類から選択します。

ちなみに、藁屋は基本全部の料理が美味しいわけですが、お店としては新鮮野菜を使った料理を推しているようです。全部美味しいです。

藁屋定食950yen

藁屋の定食は、素材を活かした手の込んだ料理が、少量ずつたくさん食べれるのが特徴です。

季節ごとにおかずの食材・内容は変わるようで、提供時に一品一品料理の説明をしてくれます。

ベースは創作和食という感じですが、ハーブやスパイスを使った料理も多数あり、他のお店ではなかなか食べられないテイストのおかずが楽しめます。

料理は色鮮やかで食感も調理法もそれぞれ異なる、それでいて独創的な味付けで旬にもこだわっている…いやーなかなか満足度の高いランチです。

選ばれる理由がわかります。

ササカリー850yen

初来店時は定食をお勧めしますが、定食を食べた時にきっと同じように思われるでしょう…「この定食を出すお店のカレーを食べてみたい」と。笑

そして、きっと何度目かにあなたもカレーを頼んでいるでしょう。

ササカリー。

定食のおかずでスパイス遣いを見せつけられた僕は、スパイスをダイレクトに感じる刺激的なカレーを想像していたのですが…想像以上に食べやすく、飽きのこないタイプのカレーでした。

香り高いキーマカレー。

カレーも納得の美味しさだったのですが、つけ合わせも定食のように豪華だったので、二度美味しいメニューでもありました。

カウンター席は厨房の目の前。

2人のスタッフさんの軽快な手さばきを見ながらランチを楽しめます。

定食の詳細は、竜一さんのブログが分かりやすいと思います。

(アートアート言ってますが)

スポンサーリンク バランスの取れたヘルシーランチ!いかにも体に良さそう・・・! 沢田マンション1階「藁屋(わらや)」 女子が大好きな『藁屋』さんだよぉ・・・! 高知県外のかたにも有名な、手作りマンショ

置いてあるものもオシャレ

オシャレなお店にたまに置いてある、尾道のウシオチョコラトルや…

広島県・尾道のチョコレート工場。営業時間・商品情報・取扱店はこちらから。

オリジナルのトートバッグも、オシャレで使い勝手よさそうでした。

パシャパシャ写真を撮り続けていると、オープン3周年ということで、帰りに記念チロルチョコを頂きました。

(ありがとうございましたっ!!)

おわりに

みんなが勧めるお店かもしれませんが、やっぱり藁屋はいいんです。

あまのじゃくな人間なので、人と違う場所をセレクトしたくなるのですが、「いいものはいい。」と素直に言える人間に近付きたいものです。

よく分からない終わり方ですみません。笑

夜の時間も行ってみたいなー。

店舗情報です。

お店の情報

住所:高知県高知市薊野北町1丁目10−3
電話:088-819-2048

営業時間: ランチタイム11:00~14:30(L.O)

火・水・木 11:00~18:00、金・土・日11:00~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:30 

定休日:月曜日

駐車場:無
SNS:Facebook

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

ゆったりした一人の時間を過ごすには最適のカフェ。 愛宕町にある喫茶日曜社で、静かにまったりコーヒーブレイク。自家焙煎の豆が安くて美味しいのでお土産にオススメです。
「とても素敵なお店らしいけど、いつ空いているか分からない。」…高知大学の近くにある、カウンターでネルドリップを楽しむお店 梨ノ木珈琲店へ行ってまいりました。
精肉を扱う仕事をしていた旦那さんと、花屋さんで働いていた奥さんのご夫婦で運営している【鉢屋+カレー屋】。お洒落で美味しい、南国市のハチヤカレー。
間借りならぬ宿借りカレーを名乗る『アミーゴカレー』が、8月からダイニングバーyoiyoでランチタイム営業を開始したよ。毎週、水曜日木曜日のニ日間。お洒落なヨイヨで、美味しいアミーゴカレーを是非。
昭和初期の旧産婦人科医院をリノベーションした飲食店、ヒビヤレコーズ。 そこで体験した、旅しているような感覚の正体とは。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク