【高知】愛宕の喫茶日曜社でまったりコーヒーブレイク。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

愛宕商店街を抜けた先。

落ち着いた雰囲気をかもし出した一軒のお店がありました。

『喫茶 日曜社』

なんともリラックスできそうな店名。

今日は、喫茶 日曜社さんを紹介します。

喫茶 日曜社

昔ながらのアーケード商店街 “あたごまち”。

TOMARIGIHOSTELのある菜園場商店街にもどこか通ずる、ノスタルジックで生活感が染み付いている、雰囲気を感じるエリア。

メインの愛宕商店街を抜けしばらく行った道を右折すると、町なじみの良い、商店のような店構えの喫茶店がみえてきます。


『日曜社』…なんともユルい素敵な店名の喫茶店。

高知にはたくさんのカフェや喫茶店が点在しており、数が多いゆえ、行けていない気になるお店も多く存在します。僕にとって日曜社もその一つでした。

店内に入ると…

店内には、アンティークな和洋の雑貨、ドライフラワー、使い込まれた椅子やテーブル… “ときの経過” を感じるものが多く散りばめられており、その一つひとつが時間を司っているようでした。

上手く言葉に出来ないのですが、時間がゆったりと流れる感覚を、空間や、レコードから流れる音楽によって感じる時間。

照明やファブリックにもこだわりが感じられ、とても心地が良かったです。

店内に本が置いてあると、長居を許容してくれているようで、安心して空間を楽しめます。(置いてある本で趣向も感じられるので、本はだいたいチェックしてしまう。)

自家焙煎珈琲の数々

ふぅ~っと、肩のチカラが抜けるような、素敵な場所で注文したのは日曜社オリジナルのブレンドコーヒー。

近年のサードウェーブコーヒー(浅煎りのシングルオリジン、スペシャリティコーヒー)も好きなのですが、昔から日本で好まれてきたような、喫茶店で提供される深煎りのマイルドなコーヒーも良いものですね。

シングルオリジン(ブレンドではない単一品種)の焙煎豆も色々と取り扱われていて、次回は他の珈琲も飲んでみたいなぁとジーーッとレジ前で瓶を眺めてしまいました。

モーニングやランチも。

空間を構成しているもの…例えば流れる音楽や出される食器、インテリアや照明一つ一つにこだわりを感じるお店は、「きっと食べものもこだわっているのだろう」と勝手に期待値が高まってしまいます。

この日はご飯を食べてしまっていたので珈琲のみでしたが、僕の大好きなカレーや高知の文化であるモーニングの提供もあって、とても気になりました。

おわりに

至って静かな…むしろ過少なほどの接客に感じましたが、とても愛着が持て、好感がもてるお店でした。どうしてでしょうね。

お土産に『日曜ブレンド』を購入。

200g 800yenとかだったかな?とても安かったので是非ともオススメしたいです。

お店を出る時は、ご夫婦(ですかね?)揃ってお見送りをしてくださり、なんともほっこりした気分になりました。

少し遠い場所にあるので早々はいけないですが、また顔を出したい素敵なお店でした。

お店の情報など

日曜社

住所:高知県高知市愛宕山南町4−12
電話:088-872-2153

営業時間: 9:00~18:00
モーニング9:00〜11:00・ランチ11:30~15:00

定休日:火曜日

駐車場:2台

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

「とても素敵なお店らしいけど、いつ空いているか分からない。」…高知大学の近くにある、カウンターでネルドリップを楽しむお店 梨ノ木珈琲店へ行ってまいりました。
8月にオープンした、高知県庁近くのコーヒースタンド コイルス を紹介します。シェケラートやエスプレッソトニックなどのアイスドリンクメニューや、エアロプレスで抽出したシングルオリジンコーヒーがオススメです。
夏の終わりに古民家カフェで食べるかき氷。9月でもまだ食べることが出来るので、食べおさめに是非訪問してみてはいかがでしょうか。
TOMARIGIHOSTELから徒歩5分。菜園場にある老舗自家焙煎珈琲店 豆蔵を紹介します。お近くにこられた際は、是非一度立ち寄ってみてください。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク