【高知】大阪発のスパイスカレーを提供するアミーゴカレーがyoiyoで営業開始。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

先日ご紹介した、

高知でイチオシの”amigo curry”。

天井に無数のドライフラワー、ずらーっと並ぶアンティーク雑貨、センスの良い音楽の選曲…ここはなんだ?? 週に一日のみのカレーやさん?? 宿借りカレーって?? 型にはまらない面白オシャレスポットへ行ってきたよ。

7月までは火曜日限定で、高知城近くの『アハナムジカ』という面白い場所で宿借り営業をしてアミーゴカレーですが、

8月から水・木曜日も加わり、『yoiyo』というお洒落ダイニングバーでのランチタイム営業を新たに開始しました。

営業時間と場所はこんな感じ。

(ショップカードはTOMARIGIにあります。)

ということで、

早速yoiyoにアミーゴカレーを食べに行ってきました。

yoiyo (ヨイヨ)

高知駅から7分ほどの立地にあるyoiyo。

直接のご挨拶はまだですが、サーファーの方がオーナーをされているそうで、とまり木でもお世話になっているチャラ大工のカズさんが施工に関わっているんだとか。

第二回とまり木 DIY。 前回の講師 チャラい棟梁カズさんを招いて、靴棚と机のリメイクを行いました。 楽しむ姿は人を巻き込み、場を包み込むエネルギーとなっていく。。今回も楽しかった!!

以前訪問した南国市の HACHIYA CURRY 同様、ハーフビルドのような形式で、半分は自分たちでリノベーションされたお店のようです。

カズさんの手がけた店舗を幾つか周ってみると、なんとなく大切にしているものがみえてきて…ここもとても良い雰囲気です。

とてもお洒落!!

いい雰囲気ですよね。

通常はダイニングバーとして営業しているようですが、営業時間外のランチタイムを使って、このたびアミーゴカレーさんが間借りする感じになったそうです。

この日一緒に行ったヨッシー(とまり木オーナー篠田)も最近DIYづいているので、空間を食い入るように観ていました。笑

レコードがあったりオリジナルマッチがあったり、『イイ感じ』のものが散りばめられた空間でした。夜も行ってみたいなー!!

Amigo Curry

佐藤ニ度目のアミーゴカレー。

この日のカレーは、

『かつおの出汁 チキンカレー』。

大盛りは、+100円。

辛さは、『ふつう』『ちょい辛』『辛口』から選べます。

僕は、大盛り、ちょい辛でお願いしました。

相変わらず美しいカレー。

大皿一杯に浮かぶスパイスの海ですよ!!笑

最近僕も『サラダカレー』という創作カレーを作っていますが、シャキシャキザクザク、色味と食感を楽しむ感じのカレーが好みです。


手で食べることはしないですが、五感を使って楽しむのってカレーの醍醐味だと思うんですよね。

ビジュアルや食感、香りや味の変化のようなものは、食べる上で大事な『うまみ』だと思うのです。

ホロホロにほぐれるチキン。

食べた瞬間に感じるかつおの出汁、後半に訪れるスパイスの辛味と旨味。

サラッと食べやすい大阪スパイスカレー。

やはり、旨味が滲みでた美味しいスパイススープにご飯をつけて食べている感じでした。

ヨッシーとキクチさん。

前回知り合いになったアミーゴカレーのキクチさんに、オーナーのヨッシーを紹介。

二人とも宿毛出身の同郷だったそうで、僕がトイレに行っている間に、知らない話題で話が盛り上がっていました。

この日も、急遽ミーティングのような…いつも通りトマリギトークに暑苦しく花を咲かせてしまいましたが…キクチさんともお話が出来る時間がとれてよかったです。

次はカレエコメンバーでも連れて。

また食べに行こう!!

お店の情報

アミーゴカレー

フォロワー305人、フォロー中146人、投稿53件 ― アミーゴカレーさん(@amigo_curry)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

yoiyo(ヨイヨ)

yoiyo、高知県 高知市 - 「いいね!」371件 - 高知市の片隅にある居酒屋です。 営業時間18:00〜23:00 定休日 日曜日 (不定休あり) ご予約、お問い合わせ�088-856-6050

住所 高知市北本町  1-3-23 ぴゅあ2ビル 1F
電話 088-856-6050

営業 18:00~23:00
定休日 日曜日 

カレー営業
水・木曜日 11:30~15:00 (なくなり次第終了)

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

究極のカレー2019 関西版 (ぴあMOOK関西)

新品価格
¥950から
(2018/7/16 19:41時点)

最近読んだオススメ本

ぴあが出している普通のカレー本ですが、今のカレー事情が色濃く反映されている激アツ本でした。知らないお店ばかりだし「カレー業界って今こんなになってるの?」という感じ。創作カレーというジャンルが興味深すぎます。

こちらの記事も是非

680円でチャイとサラダ付き、大盛りも特盛りも無料。 学生の町で食べる絶品大満足カレー。
大阪スパイスカレーの名店、コロンビア8のレトルトカレーを食べた。本格的なスパイスの香りと、お店で提供されるようなビジュアル。レトルトカレーの概念が完全に崩壊しました。。
気になるパッケージのレトルトカレーを友人から引き継ぎました。『小野員裕の鳥肌の立つキーマカレー 』…果たしてその味は?

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク