【カレーエコノミー】 KALDI kerala Fish レトルトカレー

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

普段あまり選ばない、フィッシュ系カレーを今回チョイスしてみました。

お手軽にスパイスや調味料を調達できるKALDIのオリジナルレトルトカレー。

パッケージにはこのように記載してあります。

南インド・ケララ地方のフィッシュカレー

マスタードシードとココナッツミルクを使用した南インド・ケララ地方の代表的なフィッシュカレーです。口当たりはあっさりしながらも、スパイスが醸し出す香りと旨みを充分に感じられる仕上がりです。

ケララフィッシュカレーとは、ケララ地方のフィッシュカレーということだったのですね!!

夏が似合う爽やかなパッケージも良い感じです。

フィッシュカレーで使われている魚は『まかじき』。

日本近海およびインド洋で捕れる、スズキ目の魚だそうです。古くは赤身の刺身として多用され、マグロにとって代わられていたとか。

ココナッツカレーベースということでクリーミーな感じ。

まかじきも認識できるサイズで入っていて、マスタードシードのつぶつぶも目立ちます。

うん!!!! なかなか美味しいです。

コクがあってまろやか、酸味も適度にあります。

ただ、パッケージに書いてある通り意外とさっぱりとしていて、魚臭さも気になりません。

他の多くの商品同様に『レトルトのルー』を感じるものではありますが、食べやすくて飽きのこない感じのカレーでした。

これをベースにスパイスをちょい足ししたり、食感を演出する食材を幾つか入れるのもありかもしれませんね。

癖のない食べやすいカレーだったので、フィッシュカレーを食べたことがない人も、是非一度チョイスしてみてください。

商品情報

内容量:180g
原材料:炒めたまねぎ、ココナッツミルクカレー、まかじき、トマトペースト、植物油脂、香辛料、野菜(にんにく、しょうが)、食塩、タマリンドペースト、(一部に乳成分を含む)


カルディコーヒーファーム 通販サイト

こちらの記事も是非

大阪スパイスカレーの名店、コロンビア8のレトルトカレーを食べた。本格的なスパイスの香りと、お店で提供されるようなビジュアル。レトルトカレーの概念が完全に崩壊しました。。
気になるパッケージのレトルトカレーを友人から引き継ぎました。『小野員裕の鳥肌の立つキーマカレー 』…果たしてその味は?

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク