【カレーエコノミー】バターチキンカレー いなば オレンジ缶。

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

カレーフリークの中でカルト的な人気を誇る、いなば食品(缶詰)のカレーシリーズをご存知ですか。

最近ではラインナップも増えて、様々なカレーが展開されています。(ちなみに一番人気はグリーンカレーなんだとか。)

近くのスーパーで『いなばカレーシリーズ』をまるっと買ってきたので、一つずつ食べていきたいと思っています。

このほかにも、まだ幾つも種類があるらしいですね、買い足さなきゃ!!

バターチキンカレー(オレンジカレー)

今回のチョイスは、ココナッツミルク仕立ての『バターチキンカレー』です。

スタンダードなチキンカレーでしょうか。美味しくないことはないでしょう。笑

カレーペーストにしたものを使っているので定かではありませんが、インドカレーシリーズと近い原材料なのでインドカレー風に仕上がっている予感。

ココナッツミルクとバターのコク。コク×コク。笑

化学調味料不使用、辛さレベルは2です。

開封してみると、トマトカレーのような香り。

今回もお皿に移してラップをかけ、電子レンジで温めてから食べることに。

(缶詰のまま湯銭で温めたり、そのまま温めずに食べることも可能です。)

お皿に移してみると、今回もゴロゴロとした鶏肉と玉ねぎが出てきました。

うんっ、うん!!!!!!!!

スタンダードに美味しいカレーです。

115gという分量なので、すこし少なめではありますが、これで100yenはやっぱりコスパが良すぎます!!

無印カレーの冒険。3品目はみんな大好きバターチキン。これが世間の一番人気か。

(因みに無印良品の小さめサイズが90g、通常サイズが180g。180gで350yenです。)

特筆すべきは、やはりお値段。

さいきんこだわりのレトルトカレーが増えてきているせいか、一皿あたり200~600円近くが相場になってきている印象ですが、このいなばシリーズは100円~150円で食べられます。

(内容量も幾つか種類があるらしい。)

他にも色々と種類があるので、今後も試していきますよーー。

いなば バターチキンカレー 115g

いなば タイシリーズ5種アソート(チキンとタイカレーグリーン2個/チキンとタイカレーイエロー2個/チキンとタイカレーレッド3個/ガパオチキンバジル2個/バターチキンカレー3個)

新品価格
¥1,620から
(2018/8/26 14:52時点)

こちらの記事も是非

カレーフリークの中でカルト的な人気を誇る『いなば缶カレーシリーズ』。今回まとめて数種類購入したので、一つずつ食べていきたいと思います。先ずは黄色缶から。
カレーフリークの中でカルト的な人気を誇る『いなば缶カレーシリーズ』。二品目は赤色缶 チキンとインドカレー。
Twitterでみかけた『ごちそうレトルト専門店 にしきや』。 気になってHPを辿っていくと、とても面白いオウエンしたくなる企業であることがわかり、つい記事にしてしまいました。
無印カレーの冒険。3品目はみんな大好きバターチキン。これが世間の一番人気か。
カレーにまつわる謎のコミュニティが、高知で立ち上がりましたのでお知らせいたします。カレーをフックにはじめる社会実験の幕開けです。

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク