【カレーエコノミー】一番人気 MUJI バターチキンカレー

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

【化学調味料・合成着色料・香料不使用】

無印良品のカレーって、幅広いコミュニティの人たちに評判がいいんです。

こだわり方や提案、パッケージングや価格帯など “丁度いい” んだろうなぁと思います。

無印カレー3つ目は、一番人気のバターチキンカレー。

んん~~~~。(唸る)

バターチキンカレー

今回食べたのは、定番バターチキンカレー。

カレーエコノミーメンバーの中でも一番人気っぽい商品。

辛さは甘辛。

不味いはずがないし、美味くないはずがない…とハードルを高めつつ、スパイスや使われている調味料を観察。

(相変わらずスパイスこだわっている感じ。)

パッケージどおりの、やや赤みがかった褐色オレンジなカレー。

鶏肉が大きめなのが特徴的でした。

さて、食べてみます。

最近食べるカレーが辛め&スパイス強めのものが多いからか、まろやかなトマトカレーを食べているような雰囲気。

期待値を高めすぎたせいか「これがみんなの中でNo.1のカレーなの?」と、カレーの正解が分からなくなりました。

美味しいことは美味しいのですが、”ふつう” だなーと感じるカレー。

トマトの酸味が程よくギーオイルでまろやかに仕上がった、辛くないバターチキンカレー。

うん、ふつうに美味しかったです。

バターチキン (素材を生かしたカレー)

辛さ:甘辛

説明:ギー(バターオイル)をつかい、まろやかに仕あげました。カスリメティの香り、トマトの旨み、カシューナッツのコクが生きたおいしさです。

内容:180g 価格:税込 350yen

無印良品 バターチキン <化学調味料不使用>

Link: 無印良品 カレー一覧

こちらの記事も是非

無印カレーの冒険。種類の多い無印良品のカレーに手を出し始めました。
気になるパッケージのレトルトカレーを友人から引き継ぎました。『小野員裕の鳥肌の立つキーマカレー 』…果たしてその味は?
大阪スパイスカレーの名店、コロンビア8のレトルトカレーを食べた。本格的なスパイスの香りと、お店で提供されるようなビジュアル。レトルトカレーの概念が完全に崩壊しました。。

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク