【カレーエコノミー】KALDI チャナマサラ ひよこ豆のカレー

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

KALDIのレトルトカレーシリーズ。

なんだかんだで今回5種類目のカレーになるようです。

(今までのレビューはカレーエコノミー一覧から。)

ひよこ豆のカレーです。

KALDI ひよこ豆のカレー

今回選んだのは、チャナマサラ という ひよこ豆のカレー。

「チャナマサラ」とはフライドオニオンとトマトを合わせた濃厚でスパイシーなソースで煮込んだ、北インドを代表するカレーです。ほくほくとした食感のひよこ豆(チャナダル)がたっぷり入っています。レトルト食品なので、温めるだけですぐ食べることができます。カルディコーヒーファームの人気商品 –商品説明 

HPより画像引用

ホクホク豆とトマトの酸味。

普段あまりチョイスしないダールカレーですが、なんだか美味しそうな予感。

原材料をみる限り、動物性の素材が一切見当たりません。

特別記載されていませんでしたが、ベジやヴィーガンの人にも向いているレトルトカレーかもしれませんね。

湯煎で7分程度。

ぐつぐつと温めていきます。

トマトのさわやかな香りと、ゴロゴロと入っているひよこ豆。

実際に食べてみると辛さは控えめ。まるでトマトソースのように、トマトをダイレクトに感じます。

そして、豆のホクホク感と、刻み野菜のザラザラ感(良い意味)が食感にも適度な変化を与えてくれます。

野菜だけで作ったカレーとは思えない、満腹感の感じるカレー。

美味しかったですが、トマトスープやイタリアンのパスタソースのような…ちょっとそんな感じにも感じるカレーでした。

サラサラ食べられるし、女子ウケはよさそう。

御馳走様でした!!

商品情報

内容量:180g

原材料:ひよこ豆、ひよこ豆ピューレー、トマトピューレ―、乾燥炒めたまねぎ、トマトペースト、炒めたまねぎ、香辛料、植物油脂、野菜(にんにく、しょうが)、食塩、(原材料の一部に大豆を含む)


カルディコーヒーファーム 通販サイト

KALDI オリジナル インドカレー チャナマサラ(ひよこ豆のカレー) 180g

新品価格
¥312から
(2018/10/22 19:58時点)

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

こちらの記事も是非

神田神保町にある 欧風カレーボンディのチーズカレー。レトルトなのでそこまで期待していなかったのですが…これは絶品おススメカレーでございました。美味しかった!!
神田カレーグランプリで、過去V2優勝を果たしたことのある『100時間カレー』。レトルトカレーがあれば、どの町でも気軽に食べることが出来る。非常に贅沢なカレー生活。
Twitterでみかけた『ごちそうレトルト専門店 にしきや』。 気になってHPを辿っていくと、とても面白いオウエンしたくなる企業であることがわかり、つい記事にしてしまいました。
カルディオリジナル インドカレーシリーズのキーマカレーを食べてみました。KALDのレトルトカレーも色々と食べ比べてみたいぞ。
カルディオリジナル インドカレーシリーズのケララフィッシュ(スパイシーフィッシュカレー)を食べてみました。KALDIも色んなレトルトカレーを展開しているんですね。

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク