【高知】居酒屋『大吉』| カウンターで絶品土佐料理が楽しめる名店。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

厨房には数名のベテラン料理人。

カウンター席には、平日にもかかわらず多くのお客さんの姿。

「活気と賑わいのある場所。」

そんな印象が残った、創業三十年余の名居酒屋『大吉』を紹介します。

居酒屋 大吉

「高知市内に出てきているんだけど」…

TOMARIGI HOSTEL の元宿泊者でもある高知の友人から連絡をもらい、外で飲みに行くことになりました。

「今日気になるお店」として、僕が気分で羅列したお店リストの一つに入っていた『大吉』へ。

場所はここらへん

日曜市が開催される『追手筋』と、アーケード街『帯屋町商店街』に挟まれた、飲食店を中心に小さなお店が軒を連ねる通り。

高知に新しくできた図書館『オーテピア』からもほど近くにある、賑わいがある立地に位置しています。

街に馴染んだ味のある外観

ひと味もふた味も

うまい安い店

居酒屋 大吉

赤ちょうちんに白い行灯。

店先は、いい雰囲気が醸し出されてました。

店の前で合流。暖簾をくぐって、いざ店内へ。

活気と賑わいのある店内

店内は奥へと続くカウンター席と、奥にはテーブル席が幾つか。2階、3階と座敷席になっている模様。

僕らは2人だったので、入り口付近の空いているカウンター席に通してもらいました。

平日夜にもかかわらず、思った以上にたくさんの人で賑わっていて、「おおーー高知ぃぃ!!!」と謎にテンションが上がってきました。

「ひゃーメニューがいっぱい!!!!」

見渡す限りたくさんのメニューが並んでいます。

席に着くなり「生中」を注文。

久々の再会に募る話もあるわけですが、再会の挨拶もそこそこに、たくさんあるメニューに目を通していきます。

土佐料理・珍味・オリジナル料理…

「珍味・オリジナルメニューがスゴい。」

イヌゴロシ?、マンボウの天ぷら?、かつおなんばん?牛たんたたき?うなぎたたき?くじら珍味盛り…オリジナリティのあるメニュー、そして想像つかないメニューも数多い。

「土佐料理も豊富。」

清水サバ、浜あざみ、イタドリ、かつお塩たたき、かつおちちこ、かつおはらんぼ、チャンバラ貝、どろめ、青のり天ぷら、ウツボ唐揚げ、くじらカツ、メヒカリ唐揚げ、土佐巻…などなど『土佐料理』も豊富。

いやーすごい数のメニュー。

料理が早い!! そして、美味い!!

早速、ビールでカンパイ!!

お通しは『しめ鯖と大根の酢のもの』。

地元産の鯖なんだろうなー。紅白なますのさっぱり感と相まって、とても美味しい。

「お通しが美味しい!!」これですよね。

手づくりイカ団子 450円

大吉の不動の一番人気メニュー、肉団子のようなビジュアルの『イカ団子』。是非食べて欲しいですね。

シンプルな味付けながら、しっかりとイカの味わいを感じられて、とても美味しかったです。

どろめ 酢 500円

高知の珍味『どろめ』。

いわしの稚魚で、いわゆる “生しらす” です。これ、お酒にとっても合うんですわ。

イヌゴロシ 400円

聞いたことさえなかった「イヌゴロシ」。この料理の正体は「マグロの帯びれ」で、室戸の方で食べられてきた珍味なんだそうです。

分からず面白がって注文。到着しても何なのか分からず…お店の人が正体を教えてくれました。笑

軟骨のようにコリコリした感じなのかなーと思いきや、意外と身の詰まった食感。

さっぱりと食べられました。

かつおなんばん 500円

実はチキン南蛮がよく食べられている高知県。しかし、かつおの南蛮は初めてでした。

高知では、自家製オーロラソースで提供されるチキン南蛮が多い。

一方、漁師町ではかつおをマヨネーズやタルタルで食べる…という文化もあるそうで、これ、どうやって提供されるんだろう?と思っていましたが、『タルタル』が正解でした。

高知県内では『チキン南蛮にオーロラソース』はド定番であり、こうやって記事にするのに抵抗があるほど…なのですが、是非県外の方にもっと知ってほしいと思い、改めて記事にしてみました。

カウンター越しでは、ベテランの料理人さんたち(4,5人)が手際よく料理を作っています。

注文してから料理が届くまでがとても速く、しかも手の込んだ料理が出てくるので、とっても感心しました。

小皿系のメニュー中心に注文していたこともありますが、お酒をそれぞれ4杯くらい注文して2人で合計7,000円ちょっと。

さくっと一人飲みだったら、2,000円くらいで済みそう。

大満足の宴となりました。

おわりに

観光客に教えちゃりたい、「食の店」大投票!

カツオや酒好きなだけでなく、野菜や魚の鮮度に特にキビシイ目を持つ土佐人。食材豊富な高知家に暮らす彼らは、普段から新鮮なものを食べ慣れている、舌の肥えた〝くいしんぼう〟です。

そんな高知家の人々は、県外から訪れる方々におすすめしたい飲食店を、それぞれ胸に秘めています。

そこで行ったのが全国初の県民参加型の取り組み「高知家の食卓」県民総選挙。2014年、2015年に引き続き今回で第3回目の実施となりました。- 県民総選挙 2016

「高知家の食卓」県民総選挙という県の企画で、2014,2015,2016と三年連続ノミネートされた人気店。(県民総選挙は三年間のみ開催)

まさにここに書いてある通り、食材の良さや鮮度にうるさい高知県民が認めるお店。

ひろめ市場もいいけれど、一人で飲むなら『カウンターのある居酒屋』。

店員さんもフレンドリーに接客してくれるのでおススメです。

お店の情報など

居酒屋 大吉

住所:高知県高知市帯屋町1丁目15−13
電話:088-825-2632

営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜日・祝日

席数:110席

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

高知での生活で体験した『お酒』の記録を蓄積しているカテゴリーです。 ▷小カテゴリー 居酒屋|バー ▷お...
高知で昼から飲むなら『ひろめ市場 or 葉牡丹』と言われるほど、高知市民に親しまれている老舗居酒屋『葉牡丹』。日本酒とホルモン煮込みでいつまでも居れそう。
菜園場の街角で18年。地元の常連さんも数多い『屋台たかちゃん』の洋食飲みにハマりそう!! 安くて美味い、高知ローカルな屋台を紹介します。
2018年のとまり木忘年会は、徒歩4分のところにある吾平さんへ。菜園場界隈にもいい感じのお店がたくさんあるので、実際に利用しながら少しずつ紹介していけたらと思いますよー。
TOMARIGI HOSTELから徒歩10分。カウンター席が面白いお店に早速ぶつかったのでご紹介します。2019年はもう少し飲み歩きをしたい。
高知県ではよく耳にするこの例えばなし。四国に来るまでは知らなかったお話なので、四国未体験の方に届けーと記事にしました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク