【高知】現代企業社系列 最古の老舗喫茶店、1959年創業の『ファウスト』へ。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

高知市の中心街にある石畳の通り『おびさんロード』。

欅並木やオープンカフェが町を彩るヨーロッパのような通りは、1994年に整備されたそうです。

昼も夜も気持ちがよく、たまに歩きたくなる おびさんロード。

その通りの中央に位置する喫茶店が、本日紹介する ファウスト です。

通りの景観に溶け込んだその喫茶店を手掛けているのは、かの『現代企業社』。

僕の知る限りこの ファウスト は、現代企業社(18店舗)のなかで最も古くから営業しているお店で、ショパン → 第一 → ファウストと名前を変えながら、1959年から営業を続けています。

高知にしかないこの企業の独自性がとっても興味深く、気が付いたら今までに幾つも現代企業社のお店を巡っていました。

そんな 現代企業社のルーツともいえる ファウストを、本日はご紹介します。

ファウスト

昔からあるヨーロッパのカフェのような、温かみのある落ち着いた雰囲気の外観。

横の外階段を二階へ上がると、ギャラリーへと続いているようです。

(ファウストは『喫茶店×ギャラリー』のお店。)

テラス席はコーヒー200円。

町に人通りを増やしたい…そんな姿勢がうかがえる黒板にさっそく感動。

では、店内へ入ってみましょう。

店内の様子

扉を開けると店内はスキップフロアのようになっていて、上階と下階に分かれています。

(上の写真が上階、そして下の写真が下階です。)

店内の内装は、ヨーロッパの田舎の民家を彷彿とさせるような、カントリー調のテイストで統一されています。

上階はややシンプルで開放的。下階はより世界観が強く装飾的。

共に禁煙となっており、店員さんとの距離感も程よく過ごしやすい空間です。

メニュー

メニューは喫茶店のような感じ。

ガッツリとランチやディナーがあるというよりは、軽食のセットが充実している印象で、このメニュー表の他に、ケーキ専用のメニューもありました。

9時~15時まではモーニングの注文も可能。

単品のチキンカツサンドやハンバーガーなども人気のようです。

カフェタイムを満喫

ミルクティーとチーズケーキセット 750円

本を片手に、まったりカフェタイムを堪能しに来たこの日は、紅茶とケーキを。

(普段はコーヒーなのですが、胃の調子がいまいちでお紅茶を。)

ココア 500円

また別の日には、ホイップクリームが浮かんだホットココア。お砂糖を少しだけ入れて、円をゆっくりと描きながらかきまぜて…。

(ココアを注文するのもとっても珍しい。)

2階エリアに続いている

この日は2階へ行けませんでしたが、上階からであれば店内を通じても2階へ進めるようです。

外観をみただけでは中の様子は伺いしれませんが、面白い空間の広がりを感じる店内でした。

お客さんの出入りも多く、女子高生から年配の常連さんまで、様々なかたに利用されていましたよ。

おわりに

2018年12月1日に発売された『マッチと街』が面白い。『高知遺産』に続き、ローカルでディープな高知がにじみ出た一冊になっています。

高知には「喫茶店文化」がある。そして「現代企業社」があるーー。

現在県内に18店舗をかまえる『現代企業社』。その原点は前会長である故・大西清澄氏が営んだ「ショパン」という名の喫茶店だ(現在の喫茶ファウスト)。 – マッチと街 P166

以前紹介したリトルプレス『マッチと街』で紹介されている、現代企業社の特集ページにある冒頭文。

詳しくは是非著書を読んで頂きたいですが、高知の喫茶店文化を語る上で外せないお店がこのファウストです。

何度か改装もされていますし、一見すると普通のカフェですが、ストーリーを知ってからここへ訪れると、なんともいえず感慨深くなる僕でした。

いやーやっぱり面白いですよ、高知は。

お店の情報など

ファウスト

住所:高知県高知市本町1丁目2−22
電話:088-873-4111

営業時間:9:00~21:30
定休日:なし(不定休)

<現代企業社の特集記事>

僕が今までに実際に利用した現代企業社のお店をまとめて紹介しています。全て同じ会社が運営していますが、それぞれ雰囲気や内装が異なるので、是非その違いを楽しんで頂ければと思います。

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

喫茶店天国である高知(市内)のおススメ喫茶店を5店紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
2018年に誕生した、高知市内のおススメコーヒースタンドを4軒紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
高知を代表する現代企業社が3年ぶりに立ちあげた新店、蔦屋書店内のBook&Cafe『イソップの台所』へ行ってきました。ふいに注文した『イソップラテ』に驚かされました。。
ひと際目を引く壁面のオブジェと隠されたエピソード…高知を代表する『現代企業社』が運営する、1964年創業の老舗喫茶『メフィストフェレス』。
山の頂上で御飯を食べよう。高知市街を一望できる五台山の展望台で、スープカレーを食べてきました。 四国遍路の礼所でもある竹林寺もすぐ近くに。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク