【逗子】海岸まで3分。Cafeくじらぐも でコーヒーフロート。

サトウ

こんにちは。

ヨソモノ目線で地域を面白がる佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。地元横浜に帰ってきました。

みなさんに支援してもらったお金で購入した自転車で逗子海岸へ。

(改めてありがとうございます!!!)

海岸近くで偶然見つけた『カフェくじらぐも』でコーヒーブレイク。

2018年に出来た新しいお店のようなのでご紹介します!!

5月のGW期間には『逗子海岸映画祭』もありますからね。

是非、合わせて注目してみてください。

カフェくじらぐも

お家のような雰囲気の素敵なカフェ。

くじらぐもは、逗子海岸から3分ちょっとのところにありました。

場所はココらへん

逗子駅から徒歩で逗子海岸へ向かう、シンボルロードといわれる細い道沿いです。

コーヒーとアイスクリームの看板が目にとまり、ひと休みさせて頂くことにしました。

店内はシンプル

席数10席ほどの小さな店内。

他にもお客さんがいてあまり写真撮れなかったですが、落ち着きのあるシンプルな店内でした。

若い方から地元のおじさん、犬連れ子連れの方まで幅広い方が来ていましたよ。(テラスにも席がありました)

メニューはこんな感じ

お店の営業時間が『早朝6:30~日没まで』という(逗子葉山エリアでは割とよくある)ことで、モーニングやランチメニューも充実しています。

ベーグルやシフォン、パウンドケーキなども人気のようで、インスタのハッシュタグをみるととても気になる写真ばかり。

この日は16時近くの入店だったので、アイスコーヒーにソフトクリームをのせた『コーヒーフロート』を注文することに。

コーヒーフロート

コーヒーフロート 750yen

実はコーヒーフロートというレギュラーメニューがあるわけではなく、アイスコーヒーに『アイスクリームのせ』をお願いしたもの。

すっきりと深みのあるネルドリップ抽出のアイスコーヒーに、さっぱりとした甘みのあるソフトクリームを。(あぁ贅沢‥)

一度に三回味わえる

先ずは、葉山の『イヌイットコーヒーロースター』のネルドリップをブラックで。

次に、さっぱり濃厚なアイスクリームをスプーンで。

そして、それらをかき混ぜて甘みを感じるクリーミーなアイスコーヒーとして。

一度に三回味わえる、絶品コーヒーフロートでした。

図書コーナーも

店内には気になる図書コーナーも。

司書オススメの1冊や、クジラの絵本なんかもありました。

小説のような読み込める本もありましたが、写真や絵のように、ビジュアルを楽しめる本が多く置かれていましたよ。

写真ないですが、レジ前には作家さんのクラフト雑貨や小物も展開されていて、逗子ローカルな雰囲気も感じられました。

これから逗子海岸行くかたも増えると思いますので、是非注目してみて下さい。

テイクアウトも出来ますよ~。

お店の情報など

カフェくじらぐも

住所:神奈川県逗子市新宿2丁目2−1
電話:046-895-4161

営業:6:30~日没まで
定休:基本は火曜定休 

詳しくはインスタグラムで確認を。

駐車場:無し

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

日本でここでしか飲めない『Maker Fine Coffee』(メルボルンのロースター)のコーヒーを扱っているお店。白を基調としたシンプルな店内、お店の雰囲気もとても気に入りました。
世界中に人気が飛び火している京都のロースター「%Arabica」の豆を使った、由比ヶ浜のコーヒースタンド。カップのフレンチトーストやカラフルなフロートなど、映えるメニューも続々登場している2018年10月オープンの新しいお店を紹介。
Googlemapで偶然みつけたお店『山の上ベーカリー』がとても素敵だった。築100年の古民家をリノベーションした、カフェ併設型の薪窯パン屋さん。手がけていたのはあの企業でした‥
夫婦出版社アタシ社 主催の本のイベント 『逗子ブックフェア 10代の自分へ』に参加して、改めて考えた【買う】ということについて。君たちはどう買うか。
これまでの活動をアーカイブするために、以前高知市で参加した『こうち100人カイギ』(2019/1/30) のスライド資料を、今回公開することにしました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク