【和歌山】下津町 フロムファーム 蜜柑援農プロジェクト

サトウ

こんにちは。蜜柑援農をオウエンする佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

今回は援農キャラバンを通じて関わった、和歌山県 下津町の蜜柑援農について紹介していきます。

援農キャラバンの取り組み

みなさんは『援農キャラバン』の取り組みはご存知でしょうか?

その前に、援農ってなに?ってところから、先ずは簡単に説明していきます。

援農ってなに?

[名](スル)農家ではない人が、農作業の手助けをすること。多く、都市部の住民が短期間で、摘果や収穫などの作業を補助するものをいう。「援農ボランティア」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

文字通り農作業の手伝いをすることです。

農業には繁忙期があり、特に収穫のシーズンでは何処でも人手が必要になる。『短期農業バイト』と検索すると日本中でたくさん募集されているのが分かると思います。

援農=短期農業バイト…と定義することも出来そうですが、援農を体験した僕の体感では少しだけ要素が異なります。

農業バイト=バイトで農作業をする。作業員として農家さんに雇われる。お金を稼ぐためのアルバイトとして農業を選ぶ。
援農=将来就農を検討している人や困っている農家さんを助けたいという思いで人が集まる。農家さんから感謝の気持ちとして何らかの報酬を受けることもある。

微妙な違いではあるのですが、援農キャラバンもこの違いを大切にしていて、何のために参加しているのか…という各々の目的意識の部分を重視して採用活動を行っているようでした。

旅する援農集団

僕が旅する援農集団 援農キャラバン を知ったのは、移動式ゲストハウス ハウスキャラバンを始めるにあたり『キャラバン』というワードでリサーチをかけていた時でした。

▼このクラウドファンディングが出逢い

「援農ってことは農家を支援する集団かな?」そんなことを想像しながらクラウドファンディングの記事に目を通しました。

-引用-

「援農」という文化を広げるために。

農家さんが抱える課題を解消するには、昔は当たり前のようにあった「援農」(農家さん以外の人が農作業を手伝う事)という文化を広め、援農者を増やす必要があると考えましたので「援農キャラバン」として「援農」という言葉を広げながら移動するチームを作りたいと考えるようになりました。

私たち以外にも「援農」を積極的に行う人達が増えることで、現役農家さんが仕事を継続することができ、大きく見れば日本の食料自給率の低下を抑える力になれるかもしれません。また「援農」をきっかけに後継者が生まれるかもしれません。

readyfor.jp / 援農キャラバン

ページをみた時にはすでにクラウドファンディングは終了していたのですが、とても共感や面白さを感じたのでFacebook pageを辿って情報を追っかけるようになりました。

まちてんでの出会い

それから直ぐ、関西を活動拠点にしている代表の牛飼勇太さんが渋谷ヒカリエで開催される『地方創生まちづくりEXPOまちてん』に登壇予定があり、当日のスタッフを探しているという投稿をみつけて、直ぐに名乗り出ました。笑

そして、直接お話を聞く機会をGETしたのでした。

▼まちてん 参加レポート後編

この時の出会いを通じ、援農キャラバンの活動や牛飼さんの柔軟で先進的な考え方に共感し、移動式ゲストハウス ハウスキャラバン の取り組みでも一緒に関わることに決めました。

みかんの町 下津町

和歌山県海南市にある下津町は、海と山々に囲まれた谷あいの小さな町。有田市の北隣に位置し、有田市と同じくみかんの一大産地です。

 ▼海南市のここらへん

世界遺産『熊野古道』へと続く散歩道があったり、海のある集落にも出やすかったり…小さなエリアではありますが、とても魅力が詰まっている場所です。

FROM FARM (フロムファーム)

昨年までは神戸の団体がメインで関わっていたのですが、地元に根付いた活動として町全体で発展を目指してほしい…という想いを託し、2017年度から地元下津のFROM FARMという食品加工&カフェを運営しているところが、蜜柑援農プロジェクトを引き継ぐカタチになりました。

早速、月刊誌ソトコトで特集を組まれたり、今年も引き続き注目されているプロジェクトの一つとなっています。

▼ソトコトでも掲載された注目プロジェクト

ソーシャル&エコマガジンを標榜し、現在は食や移住・地域コミュニティなどのテーマにスポットをあてライフスタイル提案をしている月刊誌『ソトコト 7月号』にも掲載。

みかん援農 エピソード

さて、昨年11月12月とハウスキャラバンの活動の一環で関わらせて頂いていたので、リアルタイムに発信していたFacebookの投稿をさかのぼりながら、援農中の日々を振り返ってみましょう。

有田みかんには収量も味も勝てない…でも

「同じ時期、同じように市場に出しても到底勝てない。だから 木箱に詰めて蔵に寝かせて、甘味が一番強くなるタイミングに出荷させるんや。時期をずらすんや。」

一手間加え、違うフィールドに持ち込むことで、ここ 下津町のみかんは 産業を維持し、独自の個性を育んでてきた。ここ下津町には『蔵出しみかん』という個性がある。

▼大阪VS広島 お好み対決勃発!?

「今までも鍋パーリーやカレーパーリーや、色んな御飯会が開かれていて とても温かい時間が流れています。」シェアハウス生活ならではの日々の交流があります。

▼ダイナマイトで山爆発させながら…マジ?ww

「採石どうしたんですか?って話したら、ダイナマイトで山爆発させながら取ったらしいわ。笑」

ローカルスタンダードは面白い。

▼1日どのくらい収穫するかというと…

みかんを詰めて運搬するコンテナを毎日みすぎたせいで、スーパーに行くとカゴがコンテナに見える病気にかかっていた。みかんの採り過ぎでヘンになることも。笑

▼後半は色々と辛かったなぁ… 

「シェアハウスに10人もの男勢、残業を終え寒空の下 疲れて帰ってくるも関わらず、みんなに気を使いながら、一つのお風呂を取り合う生活は異常だ。。疲れなんてとれやしない。

料理や食器洗いや全てが10人前。移動手段もないから、みんな本当に缶詰め状態。みんなが耐えられても、俺には無理を感じる瞬間がある。」

滞在中は不満に感じることも多かった。ただ、感じたことはきちんとフィードバックさせて頂いたので、今年はところどころ改善されているようだ。

みかん援農を体験した感想

良かったところ

・農家さんと家族のような関係になれた。
・参加者との交流があった。
・お金が貯まった。
・みかんを見る目が変わった。
・面白い発信が出来た。

ハウスキャラバンの活動の延長で関わらせて頂いたので、他の場所では無償でお手伝いをすることも多かったのですが、ここでは農家さんからしっかりと給与を頂けたので、旅資金の確保になり単純に良かったです。12月は残業も多かったから月に22万前後だったかな?

みかん農家さんとの接点も、まして体験も今までの人生でなかったので、初めて知ることが多くて良い経験でした。農家さんも本当に日々感謝をしてくれて、そしてしっかりと教えてくれるので、役に立っているという感覚を感じられました。

メンバーとの相性もあるとは思いますが、御飯イベントを開催したり休みの日に出掛けたり、シェアハウス生活の体験も出来ます。同じ仕事をそれぞれの場所で行うので、共通の話題も仲良くなる要因なのだと思います。

きつかったところ

・休みが基本雨の日のみ。
・シェアハウスに大人数生活で消耗する。
・みかんをみ過ぎて気がおかしくなる。
・毎朝7時前にスタート、後半は残業も。
・12月に入ると朝晩は0℃近くなる。
・移動手段がないと何も出来ない。
・農家さんによって当たりはずれがある!?

一応申請を出せば休める…というルールはあるようですが、農家さんも採り終えるために気が気でないため基本的には休みは雨の日のみ。天候が変わり易いので、途中で雨がやんだら途中から仕事…なんてこともありました。

改善!?  拘束時間は勤務時間に含まれないのか…??ということや、数時間前にはその日の仕事の有無を判断してほしい…という要望は昨年度にあげたので、様々な改善点が期待できます。

相部屋のみのシェアハウスに、可能な限りメンバーを集約させ経費をなるべくかけないようにして住まう…というスタイルに僕は消耗していました。同じリズムで大勢の人間が動くので、効率化が非効率を生みます。(同じ限られた時間のなかで風呂や食事などを譲り合いながら済ませる必要性がある)

改善!!…新たに個室プランを用意したりゆとりある人数でシェアハウスに滞在出来るようになったようです。4~7人のシェアハウスを数棟展開に。

農家さんによって当たりはずれがある?そういうととても失礼なようにも聞こえますが、6つほどの農家さんのところに、2・3人ごとに分かれてお手伝いに通うので、農家さんの個性やペースによって仕事量や内容は変わってきます。人間同士の関わりなので相性もあると思います。

改善!? 昨年、働きたくてもなかなか働かせてもらえないメンバーがいたり(休みが多かった)、その逆があったりもしたので、事前に参加者にヒアリングをしたり、昨年以上に事前のマッチング部分は考慮してくれると思います。

一番のネックは移動手段でしょうか。僕は昨年キャラバンカーを持ち込んで関わらせて頂いたので優先的に車を使ったり、そのおかげでリフレッシュすることも出来たのですが、町から少し離れた集落で、最寄り駅まで徒歩でも45分以上かかる場所なので(しかも休みは基本雨日)、クルマやバイクなどがあると尚良いことはいうまでもないです。

改善!? 今シーズンから地元のFROMFARMさんがメインで対応することになるので、不便を解消してくれるケースが更に増えてくると見込まれます。

昨シーズンの体験では、良いところと辛かったところが同じくらいの割合でありましたが、参加者の想いや体験者の声を聞き入れて改善に向かってくれる風土はあるので、年々改善されて『良い感じ』になっている活動だと思います。

蜜柑援農 関連情報

滞在中のブログ記事と拾ってきた動画をご紹介。

昨シーズンのみかん援農では『もったいない』と感じてしまう場面がとても多かったです。みかんは捨てるところがないくらい万能な作物で、伐採されて燃やされる『みかんの木』や大量に出では捨てられる『みかんの皮』や、二束三文で取引される『B級品のみかん』や…

有効活用できる手段はないのかと、滞在期間中にもFB投稿で現状を呼びかけたり、滞在中のメンバーから意見を募ったり、色んな実験をしました。

そんな実験の一幕を過去の記事と共にシェアします。

▼みかんの皮でみかんオイルづくり。

猿でもできる【万能みかんオイル】づくりを紹介していますが、あまりにも簡単すぎてオモロないので、みかんオイルに関する情報を色々とまとめました。

そして、援農キャラバンの取り組みを紹介している動画も出てきたので、こちらも貼り付けておきます。

▼こんな動画も出てきた

NHK おはよう関西 援農キャラバン 2014.12.3

下津町 近隣カフェ情報

こちらは援農滞在時に訪れた近隣のカフェ情報の一部です。運営アカウント『旅とコーヒー』のインスタグラムでリアルタイムに投稿していたものを引用してご紹介。

ラブラックカフェさんは古い大きな倉庫を改装しためちゃオシャレなカフェ。海をみながらハンモックで寛げる席もあるよ。和歌山の情報が集まっている場所の一つでもあるので、是非訪れてみてください。超おススメ!!

かえりみちのブルーさんは、音楽や本に囲まれた喫茶店のような雰囲気の味のあるお店。雨の休日にひとりでここでゆっくりして生き返ってました。ここもおススメです!!

叶糸さんは古民家を改修されたかわいらしいカフェで、お菓子やハンドメイド雑貨など、女性支持が高そうなお店でした。援農エリアからも比較的近い場所にあるので、一度は立ち寄って頂きたいカフェ。料理も美味しかったです。

Instagram の投稿で見つからなかったのですが、あと2軒ほど援農エリアから車で1時間かからないでいける場所を紹介。

地物を使った料理が非常に美味しく、そしてとてもおしゃれにリノベーションされていていた『WAKAYA津屋』さんも超おススメ。食堂のような和食メニューが並び、夜はバー営業のような感じですが定食なんかもあります。

そして最後は、運営母体でもある『FROMFARM』さん。食品加工などの事業もされているのですが、古倉庫をオシャレなカフェスペースにリノベーションしてカフェ営業もされています。援農期間中一番くつろぎにいった場所。

1Fはカウンター、2Fには大きなテーブル席があります。和歌山のものにこだわったメニューが並びます。(御飯メニューはなく軽食とドリンクが中心です)ここで大谷夫妻とざっくばらん様々な話をする時間がとても心地よかったです。

下津町 みかん農家の現状

最後になりますが、今までの下津町みかん農家の現状と、活動意義を改めて記載して終わりたいと思います。

下津町 みかん農家の話

みかんの木からみかんの実が収穫できるようになるまでには最低3年の月日が必要になります。その間にも時間とエネルギーとお金をかけ続け、みかん農家は、一本一本みかんの木に投資をし続けます。

収穫期は1年で約ふた月ほどですが、収穫するための手入れや段取りにその他の10ヶ月を費やします。この期間も、時間とエネルギーとお金の投資をし続けます。

一年手塩にかけて育ててきた『みかん』。

手入れの甲斐あって100%実ったとしても、人手不足で収穫が仮に60%しか終わらなければ、40%は手付かずのまま廃棄になってしまいます。。(一年手塩にかけていても、商品価値のある美味しいみかんになっても…です)

みかんの木は、実を収穫しないでそのままにしておくと直ぐにダメになってしまうそうで、損失はみかんの実だけでなく、みかんの木そのものになっていきます。。

援農プロジェクトが行われる以前は、このような状況を抱える農家さんも多く頭を悩ませていたそうです。

短期アルバイトの募集をかけても人は満足に集まらず、仮に作業員がきてもお金で人が集まっているだけの状態だったので、その質は悪く、途中から来なくなる人や連絡がつかなくなる人も多かったらしい。

様々な現状をうけて、みかん農家自体を辞めることを検討していた農家さんも多かったそうです。そんな現状を打破するため、『援農プロジェクト』が行われるようになりました。

ハウスキャラバンとは

活動期間:【 2016.03~2017.02 】

ハウスキャラバン(別名:移動式ゲストハウス House Caravan)とは、SNSの発信を通じて参加者を募り、旅の日常をシェアしながら、6人乗りのキャラバンカーで日本全国を巡業するソーシャルアクションです。

▼ハウスキャラバンの取り組みや情報はページ詳細へ

https://satoshohei.com/housecaravan/

サトウ

今年で4年目を迎えるみかん農家さんとの共同プロジェクト。その灯を絶やさないためにも、是非ご協力を頂けると幸いです。

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。

Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページ始めたばかりなので、
是非一緒に育ての親になってください!!

▼Facebook:@satoshoheicom

▼今回の ご当地○○

和歌山は みかん。

和歌山 特選 みかん 『訳あり』 送料無料 のし対応 (3キロ) 即日出荷

新品価格
¥2,780から
(2017/12/24 16:06時点)

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク