【横浜】FEI ART MUSEUM YOKOHAMA『“あなにやし、えをとめを”女 展』へ

サトウ

こんにちは。

地元横浜を面白がる元旅人の佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

横浜駅から徒歩6分で行けるギャラリー『FEI ART MUSEUM YOKOHAMA』の展示を観てきました。

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

横浜西口。

ここはショッピング通りからは少し外れた、予備校や専門学校が立ち並ぶエリア。

ココらへん

まちなかにあるギャラリースペース『FEI ART MUSEUM』は、六本木と横浜に拠点を構えるギャラリーなのだそう。

眼科外科医として、画家として「美は目と心の栄養、見える喜びと感動を皆で共有したい。」「世界に通じるアートシーンを自らの手で育てたい。」という願いから、2010年 深作眼科ビル1階に「f.e.i art gallery(フェイ・アート・ギャラリー)」を開設したのが画廊運営のはじまりです。

2011年には当画廊グループ最大級のスペースを誇る 「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイ アート ミュージアム ヨコハマ)」を設立。多くのアーティストが活躍の場を広げています。f-e-i.jp

HPをみると眼科外科医である深作秀春氏が運営するギャラリーで、「フェイ」はFukasaku Eye Institute の頭文字ということ。

“あなにやし、えをとめを”女 展

イベント情報をリサーチしていたときにみつけたのが今回の展示。

知り合いやファンになったアーティストが出ていたわけではないのですが、ビジュアルとコンセプトが好みだったこともあり、引き寄せられるように伺いました。

“あなにやし、えをとめを”

日本最古の歴史書である古事記の国産みの際、イザナギとイザナミが互いにプロポーズをし、国(島)産みに励みます。 イザナギがイザナミに「阿那邇夜志、愛袁登賣袁(あゝ なんと いいおとめよ)」、“あなにやし、えをとめを”と言います。 神でありながらも非常に人間臭い神々の中で、女神イザナミをテーマに女展vol.3 を企画いたしました。

女性はイザナミのように美女にも醜女にもなります。本展では様々な女性を描いた作品が集結いたします。 – CONCEPT

館内は撮影自由ということで、時間帯のせいか他に一人しかお客さんがいなかったので、時間をかけてゆっくり作品を楽しむことが出来ました。

実際に作品の販売もされていたようで、売却済シールが多数貼られていました。

僕も個人的に好みな作品が多かったですね。

アーティストによって作風・テイストは全く異なりますが、様々な “女性らしさ” が表現されており、表情の向う側にある感情や物語を想像しながら楽しみました。

たった30分ほどの時間ですが、映画や小説の世界に入り込むように没頭でき、いい気分転換になりました。

今回の展示は5/26までということです。

6月、7月と今後の展示情報が更新されているので、是非チェックしてみて下さい。

施設イベント情報など

「“あなにやし、えをとめを”女 展」

会 期:2019年5月10日(金)〜5月26日(日)
開廊時間:10:00~19:00 月休廊 (最終日17時迄)
料金:入場無料

出品作家:大森とこ、北川朔、寺野葉、中園ゆう子、中西麻莉子、藤川さき、山崎カズヒコ、吉澤舞子(五十音順)- HP

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3丁目33−2
電話:045-411-5031

営業:10:00~19:00(最終日17:00)
定休:月曜日

SNS:Instagram

ACCESS

*各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
*横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左
[鶴屋町3丁目交差点]前方左角

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク