『ぼくのなかの黒い犬』うつ病の世界を 黒い犬 で表現した話題の動画を振り返る。

はじめに

みなさんはこの動画I had a black dog, his name was depressionを観たことがありますか?

うつ病の世界を 黒い犬 で表現したの動画として一時期話題になっていたものです。 雨日が続き季節が変わり…鬱々として苦しんでいる人も少なくないと思いましたので、今回はSELFAIDというFBページで2014年に発信していた投稿をピックアップしました。

今までSNSを通じて発信していた投稿を再度振り返りながら、いま現在も価値を感じる情報やアーカイブしたいものを改めてご紹介しながら、このBLOGで蓄積していこうと思っております。

gooddo の記事をキュレーション

この『I had a black dog, his name was depression』は2014年当時 gooddo というNPO系のメディア内で紹介されていた動画(現在は非表示)で、SELFAID を通じてご紹介したところ大変反響があったものです。

シンプルにコミカルに、重々しい感じではなく、でも慎重に扱っているこの動画に共感が集まり、多くのシェアがありました。

うつ病に対する記事

PublicCo / Pixabay

うつ病に対しての記事を発信しているメディアは当時から色々とありましたが、そのうちの一部は製薬会社や病院がポータルサイトのようなカタチで運営をしており(一見分からないようになっている)、不安を煽って営業に繋げる…というようなお決まり手口も多く、実際体験した人が共感できないものや誤解や偏見を与えるもの、医療的な観点のみで患者の気持ちを一切無視するような表現もとても多かったのを覚えています。

100人100通りともいわれるメンタルヘルスに関することなので、確かに難しい部分ではあるのですが、なかなか患者の気持ちや体験を代弁してくれるものが少なかった。

そんなときにふと現れたこの動画。

動画の紹介

4:18 の短い動画ですが、僕はとても温かい気持ちになりました。うつ病を抱えている人にも、うつ病を抱えている人が周りにいる人にも、是非観てほしいおススメの動画です。

8800字の自己紹介 』にも書いたとおり、僕の旅のルーツ、バックボーンの一つがこの『うつ病』といっても過言ではありません。うつ病は僕の生涯で、人生を考えるきっかけになったターニングポイントであり良い経験。

▼旅に出る理由を書いた記事

まわりに悩んでいる人や苦しんでいる人がいらっしゃるようであれば、是非この動画をそっと紹介してあげてください。

SELFAID とは

SELFAID は、精神疾患やガンなどの現代病に関する情報や、社会的弱者・マイノリティな人たちの声を集め届けるために運営を始めた活動です。

実際に当事者経験のあるメンバーが、Facebook上で情報のキュレーションをし、『SELFAID』という匿名で発信をしてきました。

▼SELFAIDの取り組みや情報はページ詳細にて

https://satoshohei.com/selfaid/

関連記事

2013年に日本で上映された映画『マイクミルズのうつの話』をとりあげ、1999年にイギリスの製薬会社が打ち出した広告キャンペーン「心の風邪をひいていませんか?」について書きました。
映画『Saving 10,000 - 自殺者1万人を救う戦い』敵はいったい誰なのか。50分ちょっとのドキュメンタリー映画がまだ無料公開されていたので、チャプターごとの概要と共に紹介します。

▼メンタルサプリ(広告)

「メンタルサプリ研究所」

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

サトウ

今日よりワクワクする明日が来ることを。

▼Amazon.jp:ぼくのなかの黒い犬 

ぼくのなかの黒い犬

新品価格
¥1,296から
(2017/12/20 20:47時点)

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、だいたい張りついておりますので、SNSを通じてやりとりしたいです。

Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。笑

Facebookページ始めたばかりなので、
是非一緒に育ての親になってください!!

▼Facebook:@satoshoheicom

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク