【新潟】石打邪宗門 アンティークな世界観に包まれるレトロ喫茶。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

本日は2015年2月の記事になります。

2015年2月 南魚沼にて

水墨画のような灰色の世界。

ここは、2月の新潟 南魚沼。自転車旅の途中、新潟で越冬することにした僕は、越後湯沢エリアのスキー場で働いていた。

新潟の冬は、太陽が出る時間が本当に少ない。

ほとんどが灰色がかった天気で、曇り空が大半である。目がチカチカしてしまうような明度の高い灰色や、気分が落ち込んでしまいそうな暗い灰色、雪の降る灰色や霧がかったような灰色…。

灰色の天気といっても日によって表情は様々で、雪国で過ごす初めての越冬は、僕に多くの気付きや体験を与えてくれた。見たことのない光景も多く、日常の違いやその土地を体感することは非常に面白かった。

Cafe 邪宗門

協会のような建物

田畑が続く新潟の広い直線道路も、冬場は真っ白な白銀の世界。国道17号線沿いに現れる、ヨーロッパの教会の様な風変わりな建物。『邪宗門』という大きな看板。

スキー場で出会った地元の子が、写真を撮って回っていた僕を案内してくれた一つが、この邪宗門というレトロなカフェだった。

アンティーク空間

なかに入ると目に飛び込んでくる、古い空気を纏ったアンティークな雑貨たち。最低限の間接照明のみで、窓から差し込む光りによって採光をとる店内。

僅かな光りを取り込み拡散させるかのように、古いエスプレッソマシーンや蓄音機が鈍く光っていた。

寡黙な店主

窓辺の席や広いテーブル席があるなか、一番奥の小さなテーブルに腰を下ろした。ものに囲まれる店内で、店主が寡黙に何か仕事をしている。言葉少なに席に通されて、注文をとったら、また何処かへ行ってしまう。…こういう接客もときに悪くない。

そこにあるアンティークなものたちと共に、内装の壁や柱の太い木が、有機的な温かさを感じさせてくれ、灰色の世界から抜け出したような心地になった。

東京の有名喫茶店の分店。

実はこの邪宗門、全国の喫茶店好きには有名で、世田谷や荻窪にも店舗があるそうだ。 石打 邪宗門も分家したお店の一つ。

元々全国に8店舗あったお店も、オーナーの高齢化と共に店舗数が減ってきているらしい。この『石打 邪宗門』は、とりわけファンの間でも聖地化されている場所なんだそうだ。

お客さんの層も幅広く、老若男女、地元の方から観光客の方まで、様々な人が出入りしているようだった。

人気メニュー

朝食をとらずにここへ来たので、モーニングやブランチのような感覚で軽食を注文した。

この日は、ブルーベリーソースがかかった人気メニュー『チーズケーキ』と、イタリアのパニーニのような『ホットサンド』。

セットで700円~900円程度と、決して安価ではないけれど、この空間でこのクオリティの軽食と珈琲が頂けるのなら…満足できる価格だった。

まるでワインのように、発酵・熟成されたような深みのある珈琲は、酸味は少なくまろやかな味わいだった。

地元のお客さんと

しばらく寛いでいると、地元の方と思われるおじさんがお店に入ってきて、一見寡黙な店主と話をし始めた。

先ほど書いたような、物静かで寡黙な印象を店主に受けていたのですが、地元のお客さんが来るやいなや、競馬やパチンコの話を、その土地の言葉で始めた。仕事ぶりや店内の雰囲気とのギャップが、とても面白かった。

(これは偏見かもしれないけど、新潟 南魚沼で出逢った地元の男性たちは、良くも悪くも中学生みたいな人が多かった。酒と女とギャンブルと趣味と…そんな話ばかりだった。それでいてシャイでカッコつけな部分があるので、分かり易く不器用な部分が愛らしかった。)

当初の印象や接客も好きだったが、人間らしい部分が垣間見えて面白かった。こういう部分も大好きだ。

ルクセンブルク製の華やかなカップで頂く、深い味わいの珈琲。アンティークなものが好きな人や古い喫茶店が好きな方には、是非一度立ち寄って頂きたい場所です♪

関連情報

・石打 邪宗門

石打 邪宗門/Jashhumon イシウチジャシュウモン (石打/喫茶店)の店舗情報は食べログでチェック! 口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。


営業時間: 金~水 10:00 – 17:00
定休日:木曜日
駐車場:あり

邪宗門は、荻窪、世田谷、下田、小田原、石打、高岡と全国に6店舗あります。 2008年12月の国立邪宗門の閉店に続けて、2012年10月に桜ヶ丘邪宗門が閉店となり全国で6店舗となり寂しくなりましたが、他の邪宗門は、長い歴史と供に変わららず営業しています。

それぞれ個性的な邪宗門ですが、どこか共通する空気と時間を感じる事が出来ると思います。国立や桜ヶ丘に通われていた方も、是非お近くの邪宗門にお出かけしてみてください。 –HP

旅とコーヒー。とは

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

サトウ

珈琲と共に、空間や雰囲気を味わうお店。

里山十帖  – Booking.com
里山十帖  – トリップアドバイザー

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク