【高知】いがみ合いから生まれる『ブリ大根』の味。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

今回は、旅で出会った『ある小さな港町』の話をしようと思う。

現地で見聞きしたことや体験に基づいた話ではあるが、記憶があやふやな部分も多いため、一部にフィクションをいれている。

本編はあくまで、主観で綴るエッセイのようなものだと思って読んでほしい。

あの日食べたブリ大根のことが忘れられない。

漁師の町

小さな港町で半月ほど滞在したときのこと。

そこは元々漁師の町として栄えたエリアで、集落に住む人の大半は漁に関わる仕事をしていたそうだ。

当時の話を聞くと、それなりの豊漁が毎年続き、不自由ない生活が過ごせていたらしかった。

話を聞いたその人は、昔から酪農業と野菜・米農家をしていた。生活は漁師と比べ厳しく、給料も低かったそうだ。

時代の変化

時代と共に気候や生態系が変化し、漁に出ても豊漁になることはなくなっていったらしい。それどころか、産業を維持するのも難しくなるほど、不漁が続くようになったそうだ。

その一方、昔から農家をしていた(ごく一部の限られた)人は、年々少しずつ作付面積を増やし、生計が立つようになっていった。

立場の逆転

そこにいた漁師たちは、自分たちが町のメインストリームを築いてきた自負があり、稼ぎも農家より全然良かったので、農家を蔑むような振る舞いをしていたようだ。

時代が変わり農家の立場が逆転。農家のほうが稼ぐようになり、漁師たちは仕事にありつくのも苦労するようになった。

知らぬ間に出来てしまった関係性。

小さなコミュニティの中にいると、そんな小さなことさえも、ノドに引っかかった小骨のように、常に違和感を残してしまうようだった。

町に出来た新しいお店

あるとき、関東から60歳を過ぎた移住者がやってきて、『半漁半飲食』のようなスタイルで、小さな飲食店をスタートさせた。

朝は8時からモーニングをやっていて、夜は2,000円で飲み食べ放題になるお店。

年々お店が減ってきた集落に出来た、一軒の新しいお店に、次第に人が集まるようになっていった。

いがみ合う

他にお店が無いエリアなので、そこに人が集まるようになってくると、農家も漁師も顔を合わせる機会が増えた。

しかし一方で、『こじれた関係性』がへばりついているので、顔を合わせても つっけんどん な態度を取り合う始末。

お裾分け

普段つっけんどんな態度を取り合う漁師と農家だったが、このお店の『素敵なところ』は、そんな両者から、ともに愛されている場所になっているところだった。

あるときは漁師が、余った魚を持ってきてお店にお裾分けをし、またあるときは農家が、余った野菜をお店にお裾分けをした。

両者が持ち寄った食材がそこで料理され、振る舞われる機会が徐々に増えていった。

そこで改めて、漁師も農家もお互いに気付くことになる。

『ここには、漁師と農家がいる。』ということを。

物々交換所

最近では、魚が食べたくなった農家は、野菜を持ってお店に。野菜を食べたくなった漁師は、魚を持ってお店に。

互いに余ったものを持ち寄って、物々交換をする機会が増えたそうだ。

そんなある日、天然のブリが揚がった。

豊かなブリ大根

女将が「ブリ大根を作ろう」と話題にすると、漁師はブリを、農家は大根をそれぞれ持参し、

見事な連携で、鮮度抜群『豊かなブリ大根』が完成したのだった。

いがみあいを越えた先にあった『ブリ大根』には、人の温かさとその町の豊かさが、たっぷりと詰まっていた。

おわりに

今回の記事は、高知県に滞在していた際に聞いた話や経験したことを、自分なりに租借し(少しフィクションを交えて)、このような記事としてまとめました。

実際には、昔からの関係性のようなものは感じたが、仲が悪い風ではなかったし、今の時代に沿わせ変化し、お互いに助け合える関係性に向かっているような雰囲気を感じた。

日本各地、ローカルな体験をさせて頂く日々に身をおいていると、驚かされることや新たな発見が度々ある。

この小さな町では、自然発生的なギフトエコノミーが成立していて、同時にコミュニティというものも自然に生まれていた。

地方ならではの力加減や複雑さがあるのも事実だが、実に合理的な関わり方だなぁとも感じた。

体験を通じて学ぶ、自然発生的な習慣や文化。日本のローカルから学ぶことも、まだまだあるのだと感じている。

ハウスキャラバンとは

活動期間:【 2016.03~2017.02 】

ハウスキャラバン(別名:移動式ゲストハウス House Caravan)とは、SNSの発信を通じて参加者を募り、旅の日常をシェアしながら、6人乗りのキャラバンカーで日本全国を巡業するソーシャルアクションです。

▼ハウスキャラバンの取り組みや情報はページ詳細へ

https://satoshohei.com/housecaravan/

サトウ

拝啓、いがみ合ってますか?

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、だいたい張りついておりますので、SNSを通じてやりとりしたいです。

Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。笑

Facebookページ始めたばかりなので、
是非一緒に育ての親になってください!!

▼Facebook:@satoshoheicom

▼今回の ご当地○○

高知最古の日本酒 久礼

西岡酒造 純米吟醸酒 久礼 720ml

新品価格
¥1,500から
(2017/12/31 14:21時点)

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク