【高知】第二弾!! 微住して一週間、飲み食いしたもの集。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

前回の記事で収まりきらなかった、高知ご飯の続きを書いていきます。

高知へ微住して一週間。旅というよりは日常的なものに近い、高知で食べたもの、行ったお店の紹介をします。(名店や名物の食べ歩きを意図しているわけではないので、フツーーのものが多いです。)

日常の共有ということで、名店や名物の食べ歩きではないですが、ふつうの暮らしに興味のある方もいるかと思うので、ふつうを紹介します。笑

クレオールのパッパルデッレ

「とにかく美味い!!」と紹介してもらって行ったお店クレオール。確かに、純粋に美味しかった。

夜は4,000~10,000円程のコース料理を提供しているお店ですが、昼は1,100円からランチが食べられます。

手の込んだ味わい、かつ一切の無駄をそぎ落としたような、うまみが凝縮されたパスタ “パッパルデッレ”。美味かった!!

(こちらのイケメンシェフ、TOMARIGIのオープニングイベントの際にも顔を出してくれました。)

高知市にあるイタリアンディナーがおすすめの「レストラン クレオール」です。高知産を中心に旬の食材を使用しています。落ち着いた雰囲気でランチ・ディナーをお楽しみください。

ひろめ市場で「ふぇーい」

ひろめ市場は、高知市の屋台村・屋台商店街のような賑わう空間。

好きなお店で食べたいものを注文し、色んなお店の一品を場内の客席に持ち寄って食べることが出来ます。平日も朝から地元のおっちゃんが飲んでいて、そこに観光客も混ざりこんでいるような…そんな光景をよく見かける、高知を代表する面白名所の一つ。

ウツボのタタキやかつおの藁焼き、アオサのてんぷらやイタドリ、前回紹介した安兵衛の餃子など、高知グルメが堪能できるスポットです。(一人でもガンガン使おうかと思いますわ。笑)

高知の観光名所「ひろめ市場」のオフィシャルサイトです。

喫茶ポーのモーニング

TOMARIGI HOSTELから徒歩で3分かからない場所にある、モーニングが食べられる喫茶店。

このお店での営業は10年ほどになるそうで、近所の方々が行き交う日常的な場所。おばちゃんとの会話を楽しみながら、高知の朝を味わってくださいー。(気取っていなくて落ち着きます。笑)

土佐の高知のはりまや橋を ちっくと東へ来てみいや!【菜園場商店街】

ブリキのサボテンでランチ

高知市には『現代企業社』という飲食チェーンのお店が数軒あり、それぞれ全く毛色の違う面白いコンセプトのカフェ展開をしています。

今回の日替わりは少し割高感を感じましたが、ゆっくりでき悪くなかったです。

(広いところが多いので、比較的混雑することなく寛げますよー。)

わかなと桂月 ゲストハウス宅飲み

近くのスーパーで買い出しした わかな(ブリの稚魚)と、桂月という土佐の酒を買い出しして宅飲み。

(オシャレな食卓で宅飲みしてます。かなり割安で贅沢できました!! 笑)

コインスナックプラザ 自販機うどん

食べものの自動販売機。

自転車旅をしていた際も、幾つかの町で見てきましたが、うどん・そば・ラーメン・トースト・おにぎり類など、ここまで充実している場所は初めて出会いました。

実際、旅人の一部の間では聖地化されているそうです。

(時代の先をいってる面白い体験ができます。笑)

一つ前の記事でも共有しましたが、3月は『おきゃく』という高知の奇祭があります!!

高知の高知らしさと、高知のポテンシャルの高さが垣間みえると思います。楽しみで仕方ないー!!笑

・土佐の「おきゃく」2018

土佐では酒宴のことを「おきゃく」と言うがよ。自由で、楽しく、にぎやかで分け隔てのない「土佐のおきゃく」は 土佐流の人生の楽しみ方ながよ。土佐の「おきゃく」で待ちゆうよ!

曜日にもよりますが、まだ宿に多少空きがあると思います。

高知を楽しむ絶好のタイミングですよー!!

宿情報です。

TOMARIGI HOSTEL KOCHI は、2018年2月15日にグランドオープン。現在Facebook、Instagramと、SNSでの情報発信もしております。

とまり木スタッフのモーリーが担当する、インスタグラム投稿(@tomarigi.kochi) がおススメ。写真も文章も素敵!!

309 Followers, 51 Following, 128 Posts - See Instagram photos and videos from とまり木 (@tomarigi.kochi)
高知県高知市にある全部で8ベッドの小さなホステル。1階の共用スペースはCafe・Barになっており、宿泊者以外の方もご利用可能です。

▼TOMARIGI HOSTEL KOCHI

とまり木 ホステル カフェ バー ーBooking.com

Booking.comでの予約受け付けも始まりました。

Booking.comカード

ホテル予約が最大16%割引になるBooking.comのカード


ストーリー
 10年前、小心者で人見知りだったある大学生は、「旅」「宿」「本」をきっかけに、多くの発見と変化をすることになりました。そんなオーナーが10年前に抱いた「高知でもそんな場所」を作りたいという思いが、ようやく形になった宿。それが「とまり木」です。
高知市の菜園場商店街通りにある小さなホステル。「商店街」と「旅人」、「高知」と「世界」をつなぐような宿になっていきたいと思っています。

高知市までの道のり、一度調べてみますか。

格安の高速バス・夜行バスを予約

スカイ・シーの格安航空券モール

サトウ

おきゃくベロンベロンツアー、エントリー受け付け中。笑

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク