【高知】ウィークエンドキネマ M を体験してきたよ。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

ウィークエンドキネマ M

映画監督の安藤桃子が代表をつとめる、高知のおびさんロードにある映画館『ウィークエンド キネマ M』で映画を観てきました。

・ウィークエンド キネマ M

kinema M【キネマM】映画監督の安藤桃子が代表をつとめる高知のおびさんロードにある映画館・劇場、ウィークエンド キネマ Mの公式サイトです。上映予定表・上映作品解説・サービス案内など、随時更新しております。

ウィークエンドキネマMに関しては、ざっくりと以下高知新聞の記事を参考までに貼っておきます。

1年余りの期間限定で約60席。

月―木曜は午前中、金―日曜は終日上映し、映画文化による商店街の再興、活性化を目指している。 桃子さんは、俳優の奥田瑛二さんとエッセイストの安藤和津さんの長女。

2013年に映画「0・5ミリ」を、高知市を中心に撮影した縁で、翌年に高知市へ移住した。

映画館が新設される民間ビル。1階東側の室内で整備が進んでいる(高知市帯屋町1丁目) 映画館が新設される民間ビル。

1階東側の室内で整備が進んでいる(高知市帯屋町1丁目) 桃子さんと親交のある和建設(高知市北本町4丁目、中沢陽一社長)が、2016年秋取得したおびさんロード沿いのビルを改修し、2018年12月末までをめどに桃子さんに賃貸する。 – 高知新聞

Discover Japanでも

また、ちょうど現在発売中のDiscover Japan2018 3月号にインタビュー記事もあるので、是非観てみて欲しいです。

Discover Japan(ディスカバージャパン) 2018年 3月号(特別付録:小冊子「島に暮らす」&島国日本地図)

新品価格
¥980から
(2018/2/25 23:17時点)

ソトコト 2018年 3月号 Lite版 [雑誌]


ステキな外観のシンボリックな映画館

高知市のメインロードから、一つ横に入った通りにあるのですが、昔っぽさと新しさを合わせ持つステキな外観が印象的で、まるで通りのシンボルのように、街に溶け込んでいます。

新作映画と共に、DVDレンタルなどもされている少し昔の映画もセレクト上映されているのですが、せっかくだから観たことのない作品を…とタイミングを見計らっていました。

と、一夜限定の上映イベントのタイミングで自由時間が作れたので、絶好のタイミングを感じて、急遽行ってみることに。

ストーリー・オブ・ラヴァーズ・ロック

作品は『ザ・ストーリー・オブ・ラヴァーズ・ロック 』という、英国レゲエのドキュメンタリー映画。

20代前半までよく聴いていたレゲエミュージックを題材にしているものだったので、久々にIRIEな気分で夜の町に。

映画自体は、音楽の歴史や成り立ち、ルーツを辿るような内容だったので、『感動大作!!』のような感想はないのですが、60席程度のこぢんまりとした映画館で映画を観る時間は特別なものでした。

持ち込み自由な空間なので、アルコール片手に観ている人がいたり、普段と違う映画体験ができるのも面白いと思いました。

同時開催のイベントに参加するも…

映画館の横にあるギャラリースペースで、同日レゲエが流れるイベントもあるということだったので参加したのですが、23時過ぎではガランガランでダメでした。笑

当日ゲストハウスの消灯を頼まれていたので、早々に切り上げてしまいましたが…これはこれでイイ体験ができて満足しました。笑

2018年12月までの期間限定映画館なので、TOMARIGIにお越しの際は、是非プランの一つに入れてみては。

宿情報です。

TOMARIGI HOSTEL KOCHI は、2018年2月15日にグランドオープン。現在Facebook、Instagramと、SNSでの情報発信もしております。

とまり木スタッフのモーリーが担当する、インスタグラム投稿(@tomarigi.kochi) がおススメ。写真も文章も素敵!!

240 Followers, 29 Following, 98 Posts - See Instagram photos and videos from とまり木 (@tomarigi.kochi)
高知県高知市にある全部で8ベッドの小さなホステル。1階の共用スペースはCafe・Barになっており、宿泊者以外の方もご利用可能です。

▼TOMARIGI HOSTEL KOCHI

とまり木 ホステル カフェ バー ーBooking.com

Booking.comでの予約受け付けも始まりました。

Booking.comカード

ホテル予約が最大16%割引になるBooking.comのカード


ストーリー
 10年前、小心者で人見知りだったある大学生は、「旅」「宿」「本」をきっかけに、多くの発見と変化をすることになりました。そんなオーナーが10年前に抱いた「高知でもそんな場所」を作りたいという思いが、ようやく形になった宿。それが「とまり木」です。
高知市の菜園場商店街通りにある小さなホステル。「商店街」と「旅人」、「高知」と「世界」をつなぐような宿になっていきたいと思っています。

高知駅から徒歩15分、コレンスから徒歩2分。高知市 桜井町 菜園場の一角にゲストハウス とまり木『 TOMARIGI HOSTEL KOCHI 』がオープン、何処よりも早く紹介しちゃいます。

高知市までの道のり、一度調べてみますか。

格安の高速バス・夜行バスを予約

スカイ・シーの格安航空券モール

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/


自分の生活/地方のこれから
皆で見つめ直してみませんか?
地域おこし協力隊員募集中

サトウ

イベント形式のマイクロシアターも面白いけど、こういうミニシアター文化も大切にしたいですね。好きです!!

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク