【高知】四国初上陸!窒素ガスを加えたコールドブリューコーヒー ナイトロ

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

高知の皆さん、12/3 南御座にオープンした蔦谷書店には行きましたか。

12/3オープンの蔦谷書店。店舗ごとに異なる営業時間や駐車場情報、店内の様子を内覧会の様子をベースにご紹介します。四国で唯一ここだけで飲めるスタバメニューもありますよ。

TOMARIGI HOSTELから自転車で10分ちょっとなので、これからも度々利用する場所になりそうです。

この蔦谷書店では、四国でここにしかない『ナイトロ コールドブリュー コーヒー』が提供されています。

飲み比べセットが面白かったので、今日は珍しくスタバドリンクの紹介です。

高知 蔦谷書店 STAR BUCKS

雨上がりの夜。

ブログの息抜きにと、蔦谷書店のスターバックスへやってきました。

オープン2日目。

混雑しているのかと思いきや、意外と落ち着いている様子の蔦谷書店。夜はさすがに冷え込みますが、屋外のテーブル席が良い雰囲気でした。

店内へ…

夕方の17時半過ぎ。中も比較的空いている感じ。

どの席でコーヒーを楽しもうか、あたりを見渡していると…

クリスくん登場!!!

蔦谷書店に入って早々彼に会うとは…。

僕も引きが強い。笑

クリスくんはというと、マーケットエリア内にある『スパイスカリー大陸』にいる、一番それっぽいスタッフだ。

TOMARIGI HOSTELに3連泊してくれていた、無職のホームレス。笑 (僕も同じような人種である)

愛媛でカフェやゲストハウスのリノベーションの手伝いをしたり、そのまま頼まれて2年間ゲストハウススタッフもしていた面白い旅人で、なんとなく高知が気に入ったらしく、住みながら働ける場所を探していたんだそう。

…とクリスくんの話をしたいわけではないので、話はここでバッサリと割愛。笑

(彼の話を聞きたければ、『スパイスカリー大陸』に行って話しかけてみるといい。)

高知初出店。南御座に新しく誕生した『蔦谷書店』にテナントとして入っている、大阪発の『スパイスカリー大陸』の魅力に泥酔したので、いち早くご紹介します。

スタバ内での写真撮影

スターバックスに入って、写真撮影をしていいものなのか 確認をしてみると、このような解が返ってきた。

「基本的に写真撮影はNGとしていますが、今の時代感もあると思うので、頑なにNGという姿勢でもない…大丈夫ですよ。」

『大丈夫ですよ』…という解のようです。

四国でここだけしか飲めない3つのメニュー

…ということで、

早速手渡して下さったメニュー表をパシャり。

・ナイトロ コールドブリューコーヒー

・コールドブリューフライト

・ナイトロ コールドブリュー ムースフォーム ダークキャラメル

この3つが、四国でここでしか飲めないメニューのようです。

色々詳しい説明を頂いたのち『コールドブリューフライト』というメニューをオーダーしました。

コールドブリューフライト

この紙の上に、2種類のグラスに注がれたコーヒーが置かれます。

シンプルに説明すると、コールドブリューフライトは『2つのアイスコーヒーの飲み比べセット』です。

サーバーで注がれるコールドブリュー。

写真にある黒ビールのようなものが『ナイトロコールドブリュー』。

スターバックス コーヒー ジャパンのスターバックス® ナイトロ コールドブリュー コーヒーについてご紹介します。

ベルベットのような、なめらかな味わい

コールドブリュー コーヒーに窒素ガスを加えることで、まろやかな口あたりとクリーミーな味わいが生まれます。 – starbucks.co.jp

(ビールのような見た目…美味しいのか?)

ナイトロコールドブリュー

窒素ガスが加えられてしばらくは、微細な泡のような存在によって濁っているのですが、時間が立つとビールのように層が出来ます。

店員さんのおススメは濁っている状態。

(がしかし、2種類の飲み比べメニューだったのですが、マシントラブルで通常のコールドブリューが全然出てきません。。。5分くらい動作を確認してもダメで、あとで席にお持ちします…という感じに。)

飲み比べのとき

 

改めて2種類のグラスに注がれたコーヒーがやってきました。

COLD BREW COFFEE

左側にある通常のコールドブリューもこだわりがあり、熱を一切加えずに14時間かけてゆっくりと抽出したものなのだそう。円やかで濃厚で、ウイスキーのような芳醇な感じがあり美味しかったです。

STARBUCKS® NITRO COLD BREW COFFEE

右側のナイトロは新感覚。見た目に印象が持っていかれているのか、黒ビールを飲んでいるようなクリーミーな味わいがありました。スイーツのようなお酒のような…味わったことのない美味しさでした。

一番最初に出てきたコーヒーも頂き、全部でグラス3つに。笑

スターバックスにいながらも、スターバックスらしくない『体験』にワクワクしました。

四国では初上陸ですが、日本各地の104の店舗で提供がされているそうです。

おわりに

夜のカフェで、本を片手に、ビールのようなコールドブリューを味わう。

なかなか贅沢な時間が過ごせました。

是非一度体験してみて下さい。

お店の情報

高知 蔦谷書店 TSUTAYA

住所:高知県高知市南御座6−10
電話:088-882-5544

営業時間:8:00~23:00(一部店舗を除く)
駐車場:300台

HPより引用

テナントNo2.スターバックス

営業時間: 8:00~23:00

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

もともとは、ZINE制作企画やイベント企画などと合わせて、Facebook上に作ったページなのですが、現在はインスタグラムでの写真投稿と、ブログによる記事投稿による情報発信が中心になっています。

▼珈琲好きな人は是非お立ち寄り下さい

https://satoshohei.com/local-coffee-trip/


マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト

こちらの記事も是非

12/3オープンの蔦谷書店。店舗ごとに異なる営業時間や駐車場情報、店内の様子を内覧会の様子をベースにご紹介します。四国で唯一ここだけで飲めるスタバメニューもありますよ。
高知初出店。南御座に新しく誕生した『蔦谷書店』にテナントとして入っている、大阪発の『スパイスカリー大陸』の魅力に泥酔したので、いち早くご紹介します。
高知を代表する現代企業社が3年ぶりに立ちあげた新店、蔦谷書店内のBook&Cafe『イソップの台所』へ行ってきました。ふいに注文した『イソップラテ』に驚かされました。。
四万十ポークの生産者である四国デュロックファームがコールマン56とタッグを組みハンバーガーショップを出店。マーケットエリアの入り口で行列を作るお店『デュロックマン56』のデュロックマンバーガーを食べてきました。
TOMARIGI HOSTELの近くにもある、四万十発のご当地グルメ『まんしゅう ジャン麺』。蔦谷書店内の新店舗で『じゃんめんハーフとごはん』を食べてきましたので紹介します。
2018年に誕生した、高知市内のおススメコーヒースタンドを4軒紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
喫茶店天国である高知(市内)のおススメ喫茶店を5店紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 旅とコーヒー のTOPページへ戻る

旅とコーヒーでは、旅の途中で出逢った日本各地のカフェやコーヒースタンドを、現地で撮影した写真やエピソードと共に紹介しています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク