【高知】岡本食堂でオムそばめし『ヨンキュー』を食べてきた。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

「岡本食堂の『ヨンキュー』もう食べた?」

「やぽんすき の『ハチハンステーキ』食べた?」以来の、ヨソモノである疎外感を久々に受けた昼下がり。

高知ローカル御用達、親子孫三世代に愛されるステーキハウス "やぽんすき" で肉ランチを堪能。僕の心をくすぐる仕掛けがたくさんあって、とても楽しいランチタイムが過ごせました。

日を改めて、早速『ヨンキュー』を食べにと自転車を走らせました。

岡本食堂

「ヨンキューを繰り出すお店は、本当にここか?」

13時過ぎに到着した時は、前に3人のお客さんが並んでいたものの、家のようなシンプルでこぢんまりとしたお店が、ひっそりと町の片隅にありました。

なかを伺うと、小さなラーメン屋のように、様々な客層の方が食事をしていました。

特に順番待ちの名前を書いたりはしないようで、お客さん同士で順番を認識しながら、その時が来るのをしばし待ちます。

15分くらいした頃でしょうか。

中のお客さんがぞろっと出てきたタイミングで、入店することができました。

店内の様子

(お客さんが映らないタイミングを狙って瞬間的に撮影しています)

店内は、テーブル席4×2と、サイドカウンター4席、そして鉄板のある正面のカウンター6席と、計18席ほどの小さなお店。

テーブルにメニュー表はなく、入り口に掲示されている木のメニューを見て注文するようです。

目の前には、観葉植物に挟まれたソース。

(一段高い場所に置いてあるだけで、なんだか気になってしまう私でした。)

メニューはこんな感じ

入り口に戻りメニューを確認。

初入店のお店は、ネットで事前に情報収集することも多く、この日もブログで先回りしていました。

高知市の老舗食堂「おかもと食堂」名物メニューのヨンキュー(そばめし)とお好み焼きをご紹介。地元の人に愛される人気の食堂。ボリューム満点です。所在地/高知県高知市百石町2-30-3 営業時間/10:00

ヨンキューを注文しようと思っていたけれど、その『ヨンキュー』がなかなかメニュー表から見つけられない。。。

セルフでお水を入れたのち一度着席。

「ヨンキューを注文したいけど、ヨンキューはメニューに掲載されていない裏メニューなのか…?」などど勘ぐっていると、オーダーを聞かれてしまいました。

…「ョンキューひとつ。」

はじめてのヨンキューは緊張する。

このテレや緊張は “あるある” らしい。笑

他のお客さんも大半が「ヨンキュー」。たまに「ゴーナナ」を注文する声も。

メニュー右下の方に「そばめし ヨンキュー」「そばめし ゴーナナ」とあるので、次は自信持って注文できそうです。

カウンターでは…

カウンターでは、おばちゃんが手際よくお好み焼きを焼いていました。

こちら電話注文も可能なようで、ヨンキューの到着を待っているあいだ、3組ほどのお客さんがテイクアウトの引き取りに来ていました。

(ソースの香りが食欲を駆り立てます)

オムそばめし ヨンキュー

そばめし ヨンキュー 530yen

ふわジュクの薄焼きの卵に包まれたそばめし。これぞヨンキュー。

「ええ知ってますよ、知ってますとも。」と言わんばかりに、カウンター上にあったソースを上からかけていきます。

「やっぱりこれだよなー。」

初めてのお店でも、平気で常連さんのような顔をします。

改めて…

完成しました。ヨンキューです!!!

これ、何故ソースをかけるかといいますと…

中身が『胡椒(とマヨネーズ)ベースのそばめし』だからなんですね。

ソース後がけで『そばめし』を自身の手で完成させます。

豚肉や玉ねぎなどの具材も入っています。

たまごを崩しながら、オムそばめしを食べ進めます。

いやー美味しい!!!

とっても美味しいのですが、どこか懐かしい『B級グルメ』感もあって、なんだかとても幸福になる食べものなのです。

その幸福感はきっと、「ヨンキュー」とツウぶって言った時点で、既に始まっているのでしょうね。

おわりに

食べ終わった食器は、会計と共にレジに持っていきます。

これ、このお店のルールなのかは分かりませんが、来たお客さんがみんなそんな風にやっていたので、僕もそれに習ってレジに食器を持って行きました。

でも、こういうのいいですよね。

日本各地にある名物グルメには、特有のクセや個性があったりします。

「この “感じ” が人を惹きつけるんだろうなー。」

そんなことを想いながらも、お客さんの大半は地元の若者や労働者、サラリーマンの方々。

「ただ美味しくて、ただ食べたくて通っているだけなのか。」

それこそが、町に根付いているローカルなお店の魅力だよなー…なんて、直ぐに思い返したりもしました。

とにかく、まだ体験したことのない人は是非体験してほしいですね。

美味しかったです。

御馳走様でしたー。

お店の情報など

岡本食堂

住所:高知市百石町2丁目30−31 
電話:088-832-0397

営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜 火曜

駐車場:3台

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

高知での生活で訪れた『ごはん屋さん』の記録を蓄積しているカテゴリーです。 ▷小カテゴリー 部門別: そばう...
高知にある個人経営のローカルファミリーレストランを紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。
僕が今までに実際に利用した現代企業社のお店をまとめて紹介しています。全て同じ会社が運営していますが、それぞれ雰囲気や内装が異なるので、是非その違いを楽しんで頂ければと思います。
個人経営のファミレスが多い高知県。チェーン店ばかりを利用してきた僕にとって、どこか新鮮で、そして魅力を感じるようになりました。こういった光景さえも、徐々になくなってしまうのでしょうか…
高知県内では『チキン南蛮にオーロラソース』はド定番であり、こうやって記事にするのに抵抗があるほど…なのですが、是非県外の方にもっと知ってほしいと思い、改めて記事にしてみました。
朝8時から深夜0まで、一日16時間もの営業を364日(1/1は休み)ぶっ続けているローカルレストラン『コーヒーレストあるぺんはうす』。全国でここにしかない『あるぺんライス』という名物メニューがあるそうで、早速食べに行ってきました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク