【高知】1/20梅ノ辻にオープン。スパイスカレー kiiro (キイロ)

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

高知でカレーエコノミーを唱えるようになって、カレー屋さん情報が集まってくるようになりました。

1/20にオープンしたカレーの店『キイロ』を紹介します。

キイロ

大きな通りから少しだけ奥に入った、住宅地のような場所に位置する新しいお店『キイロ』。

外観も新築のオシャレ住宅のような風貌です。

場所はココらへん

とさでん(路面電車)梅ノ辻電停から徒歩4分という立地にあり、駐車場も2台分用意されています。

店先のメニュー表にて、その日のカレーが確認できます。

入り口の看板がカワイイ。

i (アイ)が唐辛子!!!!

店内の様子

店内は15席ないくらい。

間隔が広くとられているせいか、とてもゆったり感じられます。

店名の黄色が随所に散りばめられていて、シンプルながら統一感があって素敵です。

どの席に着こうか迷いましたが、この日はちょっとした打ち合わせも兼ねていたので、カウンターに横並びで着席することに。

椅子も素敵でした~。

メニュー

メニューは2種類のカレーとドリンクのみ。

『あいがけ』がチョイス出来たので、2種類のカレーを同時に楽しむことに。

あいがけカレー

あいがけカレー 1,050yen

チキンカレー(文旦とブラックペッパー)と、キーマカレー(窪川ポーク、根菜、仁淀山椒の香り)のあいがけ。

スパイシーな香りが食欲をそそります。

窪川ポークのキーマカレーは、粗挽きのひき肉が食べ応えあって美味しい。

甘みと旨みのある脂にスパイスの辛み、そして仁淀山椒の効果なのか、思いのほかすっきりと頂けるカレーでした。

チキンカレーには高知の柑橘『文旦』が。

文旦入りのカレーは初めてでしたが、これがとっても美味しかった。

レモンやすだちをかけて食べるチキンカレーのように、酸味と辛みが食欲を駆り立て、ゴロゴロと入った鶏肉と文旦も相性がいい!!!

彩りを与える副菜も、食事にリズムとアクセントを生む名脇役。

いやーとっても美味しい一皿でした。

チャイ 350yen→200yen

高知らしく食後に温かいお茶がサービスで出てきたのですが、食事とセットで注文すると150円引きになるドリンクを追加注文。

200yenで本格チャイを頂きました。

こちらはスパイスを感じつつも飲みやすい、日本人好みの一杯だと思います。

いやー満足ランチでした。

御馳走様でした~。

お店の情報

Kiiro キイロ

住所:高知県高知市梅ノ辻11−2
営業:11:30~15:00
定休:火曜日

駐車:2台分

Instagram

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

こちらの記事も是非

高知市内にある、スパイスが印象的なカレー屋さんを紹介するまとめページです。是非参考にして下さい。
カレー屋さんが多い学生のまち、高知市朝倉にあるカレー屋さんを紹介するまとめページです。是非参考にして下さい。
インドカレー、タイカレー、インドネシアカレーなど、高知県内にある多国籍なカレー屋さんを紹介するまとめページです。是非参考にして下さい。
高知初出店。南御座に新しく誕生した『蔦屋書店』にテナントとして入っている、大阪発の『スパイスカリー大陸』の魅力に泥酔したので、いち早くご紹介します。
天井に無数のドライフラワー、ずらーっと並ぶアンティーク雑貨、センスの良い音楽の選曲…ここはなんだ?? 週に一日のみのカレーやさん?? 宿借りカレーって?? 型にはまらない面白オシャレスポットへ行ってきたよ。

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク