【高知】全国でここだけ?? あるぺんライスを通じてローカルを味わう夜。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

朝8時から深夜0時まで。一日16時間もの営業を364日(1/1は休み)ぶっ続けているローカルレストラン『コーヒーレストあるぺんはうす』。

このお店には、全国でここにしかない『あるぺんライス』という名物メニューがあるそう。

「…んもう……やっぱり…高知……超面白い!!」と、早速お店に伺いました。

コーヒーレスト あるぺんはうす

暗い…暗すぎる。

仄かに灯りがついているようだけど…お店やってるのかな? 改めようかな…。

駐車場にあるお店の看板は煌々と明るさがありますが、駐車場からみる店内が本当に薄暗くて。

お昼に行ったときと、なんだか雰囲気が全然違うのです。

お昼

お昼は駐車場がいっぱいになるほど混雑することも多く、活気に満ちあふれたステーキハウスのような店構え。なのに比べ…

お夜

お夜は、なんだか、もう、ちょっと、、、怖い。笑

雰囲気がありすぎて、なんだかもう、ホーンテッドマンションみたいな、ちょっとドキドキしてしまうような店構え。

外観をすり抜けろ

ううう…やっぱりなんか怖い。。

カランコロンカラン…

勇気を振り絞って中に入ってみると、そこは最高すぎる異空間が待っていました。

おとぎ話に出てきそうなレトロな空間

な、なんなんだこの空間は。

ステキすぎる!!!!

夜営業の時間にお店に訪れると、この空間の緩急にもう完全にやられてしまいます。

味のあるスタンドライト、古い壁掛け時計…サウンドシステムのように積まれたスピーカー。

「確かにこの空間を演出しているのであれば、外は暗い方がいいし、照明も最低限がいい。」

隠れ家や何かのアジトのような…とっても味のある空間です。

豊富なメニュー

メニューは洋食のファミリーレストランのようなラインナップ。

どうやら、地元の若者グループやカップルがよく訪れるようなスポットのようです。(お昼はおばちゃんたちが多いらしい。)

お店は完全分煙

お店は、入って右側が喫煙、左側が禁煙スペースになっているようでした。構成は、喫煙スペース7:禁煙スペース3くらいの感じです。

僕はそれを知らずに、お店の雰囲気に従い喫煙エリアに入っていました。

非喫煙者なので席変えてもらおうかな…とも思ったのですが、いい写真が撮れたし、いい雰囲気を味わえたので結果オーライ。

名物 “あるぺんライス”

あるぺんライス900yen

単品の『あるぺんライス』を注文すると、もれなくサラダとスープがセットで付いてきます。右側にいるのが、ウワサの『あるぺんライス』。

オムライスの上下に豚カツが存在しているような、なかなかカオスな見た目。

カツ丼のように卵とじの部分もありつつ、その上に更に豚カツが乗っている部分も。笑

全てを覆うようにソースがかかっていて、全体的にソース味で食べ進めていきます。

カツも結構分厚くて食べ応えがあります。

卵は半熟トロトロ系。うまーーい。

チキンライスが、チキンじゃない。

食べ進めていくと、オムライスの中がチキンライスじゃないことに気が付きます。ん??

牛肉ーーーー!!

中に入っていたのはビーフ。チキンではなく何故ビーフなのかは分かりかねますが、ビーフのチキンライス美味い!!(適切な言葉が分からない)

箸休め的に存在するスープやサラダも必要なわき役。

ガッツリ系のメニューであることは間違いないですが、ソースの酸味が程よくさっぱり感を与えてくれ、全体的にサササッと食べられてしまうような逸品でした。

勢い良く食べ終えてから、あとからズシっと重量が追っかけてきます。美味しかった。

おわりに

高知のローカルファミレス。

オリジナリティがあってひとクセあって。面白いし美味しいし、誰かに紹介したくなりますね。

次は、朝やお昼の時間もチャレンジしてみたい。

お店の情報

あるぺんはうす

住所:高知県高知市薊野西町2丁目1−11 
電話:088-845-6673

営業時間: 8:00~24:00
定休日:無 ※元日のみ休み

駐車場:14台前後
喫煙:分煙

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

まるでドラマのセットのよう。レトロなこだわり空間で頂く家庭的なおむすびセット。元アンティークショップの女性オーナーが経営する魅力的な喫茶店を紹介。
何もかもがデカ盛り!! 高知のローカルフード、鳥心のチキンナンバン定食を食べてきました。はちきれんばかりのわがままバディ必須の絶品満腹定食。
レコードが流れ、古本がところせましと並ぶ空間で、ゆっくりと珈琲を味わう… 文化的なにおいがする『夜と昼』に行ってきました。高知大学の学生に、是非入り浸ってほしい場所。
これはなんだ?? ニラ玉ホルモンのピリ辛あんかけの中から中華麺。 ご飯と一緒に食べたくなる、四万十名物の まんしゅう ジャン麺を紹介します。
ご当地グルメ『味噌カツラーメン』を食べに豚太郎へ。高知で初めて味噌ラーメンを提供したお店、お店ごとに味もメニューも異なるチェーン店、味噌カツラーメンの発祥店…創業して50年以上が経過する老舗ラーメン店の魅力に迫る。
天井に無数のドライフラワー、ずらーっと並ぶアンティーク雑貨、センスの良い音楽の選曲…ここはなんだ?? 週に一日のみのカレーやさん?? 宿借りカレーって?? 型にはまらない面白オシャレスポットへ行ってきたよ。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク