【高知】ローカルファミレス レストラン旭 で夜にアサヒランチ。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

サンヒルズ』や『ヘラ』、『あるぺんはうす』や『やぽんすき』など、高知にしかないローカルなファミレスとの出会いに面白さを感じ、さいきん高知のファミレス事情に興味津々です。

高知の喫茶店のように、もう前のめりにファミレス巡りを始めたくなってしまいました。

この日は、老舗ファミレス『アサヒ』へ行ってきました。

ファミリーレストラン アサヒ

高知を東西へ移動するためのメイン道路『国道33号線』に面した、路面電車の電停『旭駅前通』近く。大きな看板が目印のファミリーレストラン アサヒ。

場所はココらへん

高知にはまだ、こういったエモい雰囲気のネオンサインが数多く残っています。

いい味出してますよね~。

存在感のある店構えなので、昼間も結構目立ちます。

(元々は洋食屋さんだったそうです)

洋食を売りにしたファミレスかと思いきや、御膳やラーメンなど、様々なメニューがある模様。

期待を胸に、いざ店内へ。

店内の様子

店内はソファーのBOX席とテーブル席が中心で、想像通りのファミレス感がありました。

お客さんは地元の方がほとんどで、昔から来ているようなご高齢の常連さんが多い印象。

ベアブリックやディズニーなどのフィギュアに大型の薄型テレビ…このお店ならではのオリジナリティ溢れるエリアも。

僕の隣には、シャウトしているミッキー。

老舗のファミレスにしては全体的に新しく、店内は明るく清潔感のある印象でした。

メニュー

メニューめっちゃある!!!!

うどん、そば、ラーメン、中華、洋食、イタリアン、丼、海鮮、御膳…ファミレスのレパートリーの多さって異常ですよね。有難いけど、なんかもう怖いくらい。笑

夜にランチ!!!!!

沖縄っぽくてなんだか気になったので、こちらを注文してみることに。

沖縄に旅行や移住をして、食堂を訪れると本土ではあまり見かけないメニューがあったりします。 有名な笑い話では、食堂のメニューに「おかず」「みそ汁」があり、それぞれご飯などがついたセットメニューなのですが、そんなことを知る由もない観光客が「おかず」「みそ汁」「ごはん」を注文したら、ごはん3つに汁物2つおかずが2つ来たという...

(沖縄にはAランチという文化がある)

アサヒランチ

アサヒランチ 1280yen

THE洋食!!

小さなころに食べた『お子様ランチ』の多幸感が蘇ってくるからか、ファミレスにくると僕は洋食のプレートメニューが食べたくなります。

思ったより早くテーブルに運ばれてきました。10分かかっていないと思います。

デミグラスソースをまとった大判のハンバーグに乾燥パセリ。

いつもは食べる度にナイフでカットするのですが、この日は気分で先にすべてカット。

ナイフの入りがよくてふんわり柔らか。

(初めて食べますが)安定の美味しさです。

海老フライはレモンを絞ってタルタルソースをつけて。。

実家にいるときはよくフライを食べていましたが、自炊となるとなかなか面倒でもあるので、お惣菜のシナッとしたものばかり。サクッと揚がった海老フライは正義!! 正義だー!!!

ご飯は普通盛りで注文しましたが、こんもり盛られてきました。嬉しい~!!

ご飯、ハンバーグ、ご飯、ハンバーグ、サラダ、海老、ご飯、ハンバーグ…

リズム良く食べていると、あっという間に間食してしまいました。

良くいえばスタンダード、悪くいえばあまり特徴のないプレートだったかなぁ。

ただ。

ただしですよ。

このコーンポタージュがとっても美味しかったのです。

一番感動したポタージュ

プレートが出てくる前に、前菜のような感じで登場した『コーンポタージュ』。

特に意識せずスプーンで口に運ぶと…

これが、トロットロで濃厚な美味しいポタージュ。市販されているお湯で溶くやつに舌が慣れてしまっているからなのか、お店のポタージュを飲んだ時の感動ったらありませんでした。

親類同士で集まっていたのか、横のテーブルでは、地元の方々が8人くらいでプチ食事会(宴会)をしていました。

そのうちの多くも、単品でポタージュを注文していましたよ。

( ビールとポタージュ…マジか高知!!! )

おわりに

高知ではよくある話ですが、同じ店名、同じ場所で、同じお店が続いていても、創業時と店の経営が変わっていたり、メニューが再編されていたり、時代と共に移り変わっていることがあります。

今回の記事作成にあたり、各サイトの口コミなどもちょこちょこ見ていたのですが、「元々の洋食屋さんから変わってしまっていて…」のようなものが結構目につきました。

一方で、変わらない場所として好んでリピートしている常連さんがいたり、メニューが増えたことに便利さを感じているお客さんがいたり…

一つのお店にも様々な選択と決断、ストーリーがあるんだなーと感じます。

昔からあることが良いこと…全国チェーンじゃないから良い…といっているわけではありませんが、ローカルなストーリーが詰まっている場所に、ヨソモノの僕は面白さや魅力を感じますね。

高知の庶民に親しまれてきたローカルなファミレス。まだまだ体験したい!!!

御馳走様でした~。

お店の情報など

FAMILY RESTAURANT ASAHI

住所:高知県高知市旭町3丁目120
電話:088-823-7890

営業:8:00~11:00、11:00~14:30 L.O、17:00~20:30 L.O
定休:月曜日

駐車場:有り(多数)

(駐車場の案内板)

<高知のファミレス特集>

個人経営のファミレスが多い高知県。チェーン店ばかりを利用してきた僕にとって、どこか新鮮で、そして魅力を感じるようになりました。こういった光景さえも、徐々になくなってしまうのでしょうか…
高知にある個人経営のローカルファミリーレストランを紹介します。まとめ記事を作りましたので、是非参考にして下さい。

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

『サイコロステーキ&ハンバーグ』のセットが絶品。ドリンクバー付き、おかわり無料、ソフトクリームまでついてくるサービス盛りだくさんの素敵なお店。
高知にあるローカルなファミリーレストラン『ヘラ』でトルコライスを食べてきました。古い洋館のような店内が素敵な、是非おススメしたいと思えるお店でした。
高知ローカル御用達、親子孫三世代に愛されるステーキハウス "やぽんすき" で肉ランチを堪能。僕の心をくすぐる仕掛けがたくさんあって、とても楽しいランチタイムが過ごせました。
朝8時から深夜0まで、一日16時間もの営業を364日(1/1は休み)ぶっ続けているローカルレストラン『コーヒーレストあるぺんはうす』。全国でここにしかない『あるぺんライス』という名物メニューがあるそうで、早速食べに行ってきました。
愛宕商店街にある気になっていたお店、【 カフェ&レスト アイランド】に行ってきました。高知ローカルを感じ、昭和の名残を感じ、美味しい家庭料理を食べているかのような充足感に満たされました。
糖度日本一に選ばれた 『シュガートマト』 の名産地 日高村で、ローカルなオムライス(二度目)を食べてきました。前回より10倍好みなオムライスと出逢えたので、再度記事にしました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク