【高知】大晦日&年越しは『そばと酒 湖月』で鴨南蛮そばを。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

2018年の終わり、友人が大晦日に蕎麦に誘ってくれました。

向かったお店『そばと酒 湖月』は、夏に一度伺ったお気に入りの蕎麦屋さんでした。

そばと酒 湖月

繁華街にそびえ立つ『湖月ビル』という建物。

その二階に『湖月』はあります。

場所はココらへん 

55番街に隣接するところ。

階段を二階へあがると、正面にシンプルでオシャレな暖簾が見えてきます。

年末最終日、12月31日。

この日は12時から24時までの営業ということで、12時きっかりにお店に到着。一番乗りで店内へ入りました。

店内の様子

店内は以前来た時よりもすっきりとしたような印象。TVもなくなっていました。

僕らが入店してすぐ、カウンターにはお客さんの姿…相変わらず賑わっているお店です。

大晦日だし、お酒…飲む…かぁ… ??

そばと酒のお店だけあって、県内の一流銘柄がズラッと並んでいました。

メニュー

大晦日用のメニュー、酒の肴、そばメニュー。

サクッと飲みたくなるラインナップ…どれも気になりすぎました。(玉子焼き!! 揚げだし豆腐!! 絶対美味しいやつじゃん…)

 

飲みものメニューもやはり豊富。

日本酒は説明も書かれていて分かり易かったです。山北みかんの和リキュールなんかも気になりました。

うぉぉー迷う…

苦悩しながらも、鴨南蛮そばを注文することに。(そば茶、美味しいです)

鴨南蛮そば

鴨南蛮そば 1000yen

『正解、鴨南蛮で正解 !!』

とっても美味しそうな鴨南蛮そばが到着しました。

蕎麦は茶色混じりの白色。

高知にいると、蕎麦よりもうどんやラーメンを食べる機会の方が多いので、久しぶりの蕎麦にテンションが上がります。

外側はきつね色、中心はピンク色…

鴨は柔らかい赤身で最高に美味しい。

あっさりした鴨に対して、つみれは非常にジューシー。

ゴツゴツと適度な硬さがあり、粗挽きハンバーグのそれに似た美味しさがありました。

トロッとしたネギも、いいアクセント。

蕎麦の汁は、関東ほど濃ゆくなく、関西ほど淡泊でもない。ちょうどいい絶妙な美味しさでした。

温かいそばだったこともあり、蕎麦の風味は正直よく分からなかったですが、すすった時の感じや喉ごしは良かったです。美味しかった。

友人が食べていた天ぷらそばも美味しそうだった。海老天は正義…ですよね。笑

日替りそば定食

これは初夏に食べた日替りそば定食。

夏に食べた『盛りそば』も美味しかった。小鉢やお漬もの一つ一つにも、一人感動していたのを覚えています。笑

おわりに

こちらの『蕎麦と酒 湖月』は4代続く老舗蕎麦屋らしく、ネットで調べると創業昭和12年という情報が出てきました。

蕎麦屋さんの一面もありますが、お酒の種類も多いですし、肴として提供しているメニューも魅力的なものばかり…ここでサクッと一杯呑める大人になりたい。

日本らしい『粋』な感じが残る、とても居心地のいいお店でした。

お店の情報など

そばと酒 湖月

住所:高知県高知市追手筋1丁目8−10
電話:088-822-4276

営業:ランチ 11:30~14:00、ディナー18:00~2:00
(火曜、土曜はディナーのみ)

定休日:日曜日、月曜日

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

ひと皿に約20種類の高知県産野菜。隠れた名店 "CUCINA ITALIANA akka" のパスタランチが最高によかったので紹介します。
TOMARIGI HOSTELがある桜井町、菜園場界隈がまた盛り上がりをみせそうです。9/13グランドオープンを果たしたビストロ、ルギャルソンシノワ を紹介。とまり木の三軒隣り、徒歩30秒の立地にある美味しいお店。
創業70年以上…今でも愛される高知の老舗中華料理店『華珍園』について。ラーメン一杯45円の時代から、高知にこだわり営業を続けてきた名店でランチ。
洗練された静かな空間で、人気の手づくりハンバーグとカヌレを。お店の雰囲気がとっても気に入りました。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク