【高知】宝永町に誕生 ギャラリー併設型ホステル HOSTEL KOCHI TAO

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

おめでとうございます。

10月に新しいホステル(簡易宿泊型ホテル)が誕生しました。

僕らTOMARIGI HOSTELのある菜園場からも徒歩圏内。界隈がまた少し面白くなりそうです。

※2019年より、ホステルの仕様が変わりました。

1F奥のギャラリースペースはなくなり、手前のスペースはネオ大衆酒場として営業しています。

HOSTEL KOCHI TAO

10/5に開かれたレセプションに参加してきました。

場所はというと、南宝永町の川沿いにあります。

HPより引用

(詳しい地図、レセプションの様子は後ほど)

川沿いの町

TAO(タオ)のある南宝永町のエリアは、川沿いの気持ちのいい通りにあります。

2018年春、日本で最も早くソメイヨシノが開花した高知。

僕らが今年お花見をしたのも、この川沿いのエリアでした。

高知市内では桜が満開!! とまり木ホステルでも、近くの河原までお花見をしに行きました。

静かに流れる川沿いでチルアウト。

とてもいい雰囲気です。

高知遺産的 魅力

僕は、昔からある建築や廃墟、懐かしさを感じるフォントや古い日用品を見るのが好きです。

以前紹介した本『高知遺産』にあるような…南宝永町は趣のある建物が密集している、心ときめくエリアなのです。(翔平調べ)

2005年に創刊された、町並みや風景の写真250点を記録したアーカイブ本です。当時の写真を通じて生活や文化を感じるとても面白い一冊です。

なんともいえない味のある景観が続くところも、僕は魅力を感じています。

オシャレなお店や人気店も

写真3枚目はHPより引用

YAECA homspun Lin francais d’antan margaret howell MHL. EEL maillot ordinary fits RINEN TUKI などの通販・販売 「暮らす」を楽しむ洋服と雑貨のお店。

また、セレクトショップの”rusk“をはじめ、隠れ家的 焼菓子工房 “yakko“、じゃん麺が大人気の”まんしゅう“、いちご大福が有名な “菓処 桜いろ” など、コアなお店が近隣にあるのも魅力です。

HOSTEL内覧

周辺について少し触れたので、次は、ホステル内部に迫っていきましょう。

1F手前の共有スペース、1F奥のギャラリースペース、2Fのホステルスペースと、幾つかのスペースが緩やかに繋がっているホステルとなっています。

1Fはドロップイン可能なコワーキングスペース

当日は飲食店のようなレセプション仕様になっていましたが、当面はコワーキングスペース、イベントスペースとして場所を開放していくようです。

3時間300yenという破格なドロップイン。

500yenを払うと、3時間以上の利用ができ、ドリンクまで付いてくるそうですよ。

女子会や合宿勉強会などにも…

また、ホステル貸切、ラウンジ貸切、飲み放題のプランなど、相談に応じて様々な利用が出来るそうです。

キッチンやWifiのほか、55インチのTVモニターやAppleTVなども設備に含まれているようで、色んな会が実現できそう!!!

HPより引用

20名前後はいけそうな、オシャレで落ち着きのある共有スペースでした。

1F奥はギャラリースペース

共有スペースを奥へと進むと、ホステルと併設するようにギャラリーが現れます。

レセプションに合わせて展示をしていたのは、TAOの管理人でもある ピンホールカメラフォトグラファー岡本明才 の作品。

カメラの構造 <暗い部屋と小さな穴> を活かした独自の撮影手法は、本当に興味深いものばかり…

ニューヨークやスウェーデンでの展示経験もあるそうで、撮影技法やカメラの構造についてのお話を聞く時間もとても楽しかったです。

ギャラリースペースは白を基調としたシンプルな作りですが、古民家の梁がむき出しで残っていたり、ロフトのような2Fに上がる階段も昔のままの木階段で、なんともいえない温かみを感じるギャラリーでした。

HPより引用

今後は『買えるアート作品』を軸に、企画展を展開されていくそうです。

2Fはドミトリースペース

階段を上がるとホステルスペースへと続きます。

入口はデジタルドアロック。

キーナンバーを入力してドミトリーへと入ります。

空気清浄機やエアコンの完備など、設備もなかなか良い感じに整っています。

部屋は男女混合ドミトリーで全16ベッド。

一ベッドごとにカーテンで区切られていて、プライベート空間もまずまずという感じです。

TOMARIGIオーナーのヨッシーは、高松のゲストハウスkinco.みたいだとしきりに言っていました。

香川県高松市のゲストハウスKinco.です。高松市中心部に位置する「街のホステル」で、築50年の金庫屋さんをリノベーション。2階は宿泊スペースで、小屋型の2段ベッドは通常のシングルサイズよりも広く、個室風の空間でプライベートを保つことができます。1階はカフェで、美味しいコーヒーや食事を気軽にお楽しみ頂けます。

洗面所は男女別に分かれていて、それぞれシャワールームが一つずつ設置されていました。女性の方はトイレがあり、男性の方は1Fのトイレを使う感じになるそうです。

洗面所に扉があること、それぞれ洗面スペースが広めにとられているところは羨ましいなーと思いました。

セキュリティBOXはベッド下についており、ベッド以外にも荷物を置けるスペースが用意されていました。

天井を見上げると古民家の名残を感じる梁。

天井を抜いているので開放感を感じ、圧迫感がなくていい感じでした。

アメニティ関係はこんな感じのようです。

WiFi(館内全域にて利用可能) スリッパ ボディソープ ドライヤー シャワーハンドソープ 自転車(¥500/1日) ボディタオル(¥100) フェイスタオル(¥100) 歯ブラシ(¥100) シャンプー(¥100) コンディショナー(¥100)- HOSTEL KOCHI TAO

HPより引用

最近のゲストハウスらしい、シンプルで最小限の寝室スペース。

今後は中庭にBBQスペースを拵えるのだとか…貸切で合宿とかしたら面白そう!!

おわりに

HPより引用

今回 HOSTEL KOCHI TAOを運営する会社は、とまり木から徒歩2分のところにあるcorens を運営するLIFECOLORS

corensとは

役目を終えた学校をリノベーションした「corens」。誰もが自由に訪れ、くつろげる場所であるように。アートなどカルチャーに囲まれたクリエイティブな空間、今の時代に合った新しいワークスタイルの生まれる場所でありたいと思います。- corens

View this post on Instagram

【 新店続々の10月 】 ・ 高知に新しいホステルがオープンしました。HOSTEL KOCHI TAOといいます。 ・ 場所は、とまり木から徒歩10分くらい。川沿いの旧民家をリノベーションした建物です。 ・ ギャラリー、コワーキングスペース併設型のホステルで、昨日レセプションに参加してきました。 ・ ・ 新たな場所が近くで動き出すワクワク感と、僕たちも頑張らなきゃという身の引き締まる想いと… ・ ・ 高知市桜井町(菜園場)という場所で県内外のゲストさんを受け入れ、貴重な時間を愉しんで頂き、そして僕らも一緒になって愉しむ。…いずれにしても、僕らの役割や姿勢は変わりません。 ・ ・ ・ 10月は節目の季節なのでしょうか、他の場所でも魅力的なお店が続々とオープンしています。 ・ ・ 🍽 【高知】10/1 帯屋町にオープン。ごはんとお酒 ecocca(イコッカ) https://satoshohei.com/2018/10/ecocca/ ・ いま帯屋町商店街で一番通り過ぎる人の目線が集まるお店…ecocca (イコッカ) でランチを食べてきました。素敵な空間で一汁三菜ご飯。お勧めなのでぜひ一度訪れてみてください。 ・ ・ ☕️ 【高知】10/1朝倉にオープン 本と音楽と珈琲のお店『夜と昼』が素敵。 https://satoshohei.com/2018/10/yorutohiru/ ・ レコードが流れ、古本がところせましと並ぶ空間で、ゆっくりと珈琲を味わう… 文化的なにおいがする『夜と昼』に行ってきました。高知大学の学生に、是非入り浸ってほしい場所。 ・ ・ 町を歩きながら新しい高知の魅力を発掘し続ける日々。9月までとはまた違う、新しい高知を楽しみに来てください。 ・ ・ スタッフ 翔平 ( @shohecamera ) ・ ・ #高知ゲストハウス #TOMARIGIHOSTEL #とまり木ホステル #HOSTEL #KOCHIHOSTEL #HOSTELKOCHITAO #TAO #関係案内所 #関係人口 #ゲストハウス #guesthouse #旅とコーヒー #夜と昼 #ecocca #高知ホステル #HOSTELKOCHI

とまり木さん(@tomarigi.kochi)がシェアした投稿 –

同じ菜園場エリアを盛り上げる活動体として、また高知市内を面白がる繋がりのある方々として、僕らの競合ではあるのかもしれませんが、応援している所存です。

高知の魅力を更に創造し、点ではなく面で、県外の皆さんを受け入れていきたいですし、県内の皆さんと協力体制をとっていきたいと考えています。

今後の展開が楽しみです。

先ずは、おめでとうございます!!

宿の情報

「TAO」は、ホステル・ギャラリー・コワーキングスペースの機能を持つ施設です。あらゆる人が集い、会話や交流を通し今まで知り得なかったこと、今まで知らなかった世界に触れる出会いがある、そんな場所です。

「TAO」は、ホステル・ギャラリー・コワーキングスペースの機能を持つ施設です。あらゆる人が集い、会話や交流を通し今まで知り得なかったこと、今まで知らなかった世界に触れる出会いがある、そんな場所です。ーHPより

〒780-0816高知県高知市南宝永町17-25

mailto:info@hostelkochi-tao.com

SNS:InstagramTwitterFacebook

基本料金:お一人 ¥3,000(税別)/泊

チェックイン:15:00〜22:00 / チェックアウト:〜11:00

Bookingはこちらから:Hostel kochi TAO

とさでん交通 後免線「宝永町駅」から徒歩5分

高知駅周辺MAP

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

TOMARIGI HOSTELから徒歩2分のところにあるコレンスが一周年を迎えます。いつも写真を撮って遊んでいるカメラオブスキュラを使った写真コンテストがあるそうです!!面白そー。
『個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される』。スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱する「計画された偶発性理論」。キャリアデザインに使われる考え方ですが、旅にも同様のことが言えるのではと考えてみました。
こちらは、TOMARIGI HOSTELについてまとめたページです。 2018年2月より一年間関わらせて頂いた、高知市...
日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ 高知微住日記のTOPページへ戻る

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となるのが高知市です。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク