【高知】カオスなアクトランドに一度行ってみてくれ!!

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

スゲェところに来てしまった。。

地方を旅していると、『なんなんだここは…』と僕の既成概念や常識をはるかに凌駕する、カルチャーショックを受ける場と出会うことがあります。

ここ高知も例外ではありません。

いや、今までの旅で経由してきた他県よりも、圧倒的に高い頻度で、高い確率で、高い濃度で出会う日々を過ごしているかもしれません。

高知の田舎町にあるコンビニがスゴかった!! こんなコンビニ、知らないぞ。ww
高知に20店舗ほどある、ローカルコンビニ兼お弁当屋さん『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを食べたよ。北海道のローカル感と重なるのは気のせいだろうか。
福岡からミニマリストブロガーのにゃんすさんが来てくれた。1泊2日で『土佐のおきゃく』を楽しんできましたよー!!

今までも『#ジスイズ高知 』というハッシュタグを使い、ラブリーな高知を発信してきました。

発信をしていると情報は集まるもので、「こんな場所あるよ!」「ここ好きそう!」と、僕のツボを心得ている周りの友人が、面白い情報を届けてくれるように…

今回はTOMARIGIスタッフのもーりーが、僕をアクトランドへ連れて行ってくれました。

創造広場 アクトランド

高知県香南市にある芸術・文化・技術の複合テーマパーク「アクトランド」。リアルな蝋人形で龍馬の生涯を再現した「龍馬歴史館」、幕末の絵師・絵金の作品を並べた「絵金派アートギャラリー」、自動車史に残る貴重なマシンを展示した「世界クラシックカー博物館」など、魅力的な展示館が盛りだくさん。無料で楽しめるフリースペースも設置。

アクトランドは、芸術と文化と技術のシナジー効果で、現代社会に融合する価値観の訴求を目的としたテーマパークです。- メッセージ

Art、Culture、Technologyの頭文字をとって、ACT。

私たちは常に、「前を観る感性」を欲していますが、そのためには「後ろを検証するスタンス」が大切です。幸せを求めて限りなく未来へと伸展させるには、過去の歴史をヤジロベーの如きバランスで検証していくことが必要なのです。

猛スピードで進む現代社会に在って、仕事の仕方も遊び方も文化も、全ての価値観が大きく変化しているのです。これまで世間では、「知識」の豊富な人を崇め尊敬し、賢い人だと敬ってきました。しかし今では、記憶頭脳の優秀さで尊敬されることはないし、出世もできません。これまで通りの教育内容で、人間形成はできないのです。

人間の価値判断を、「知識」から「知恵」へと早急に転換しなければ、現代社会における人間としての存在感は薄っぺらなものになります。「知恵」を生み出すのは「感性」です。正に「感性」の時代を迎えました。- メッセージ

Actland HPのメッセージというページで、このテーマパークのコンセプトや想いについて書かれています。

とても頷ける内容が書かれており、うんうんふむふむと、違和感なく情報を受け取れるのですが…

このメッセージがアウトプットされた空間に、いざ身をおいてみると

…その情報が途端に複雑なものになり、ワケが分からなくなります。ww

今回は、とにかく アクトランドはヤバい!! という、シンプルかつ抽象的な言葉でシェアできればと思います。情報量少なめで申し訳ないですが、ヤバさを少しでも感じて頂ければと思います。

アクトランドはヤバい!!

Twitterで発信していたツイートが、【首尾一貫】分かりやすいので貼り付けました。

動き出すと音楽が流れる サイクルメリーゴーランド

子どもたちだけでも遊ぶよ。セルフバイキング

ジャングルジムとはなにか

アクトランドのマスコット犬がブルドックらしい

滑り台がスゴい。

理解が出来ない。

たのしい。

他にも。

シャワー??

雨だったので遊べませんでしたが、観覧車も人力。(大丈夫なのか?)

カオスなオブジェたちとトゥクトゥク。

写真よりも動画で紹介したいものが多かったので、誰か動画で面白おかしく撮影してきてください。笑

このブログを読んでくれている方の10人に1人、いや15人に1人ぐらいが、猛烈に遊びに行きたい欲に駆られているはず。

もし遊びに行った際は、#アクトランドはヤバい もしくは #ジスイズ高知 で発信して頂ければ、情報追いかけられると思います。笑

有料エリア・無料エリアとそれぞれありますが、今回全て無料エリアのみで遊んできました。¥0でこのカオスな体験が出来るのは…高知ならではかもしれません。

いやーファンになりました。また行きたいです!!!

施設情報

高知県香南市にある芸術・文化・技術の複合テーマパーク「アクトランド」。リアルな蝋人形で龍馬の生涯を再現した「龍馬歴史館」、幕末の絵師・絵金の作品を並べた「絵金派アートギャラリー」、自動車史に残る貴重なマシンを展示した「世界クラシックカー博物館」など、魅力的な展示館が盛りだくさん。無料で楽しめるフリースペースも設置。

創造広場 アクトランド

0887-56-1501
高知県香南市野市町大谷928−1

営業時間: 10:00~18:00
駐車場:無料 多数

サトウ

県外メディアの方、バンバン広めてください。笑

あわせて読んでほしい記事

高知の田舎町にあるコンビニがスゴかった!! こんなコンビニ、知らないぞ。ww
高知に20店舗ほどある、ローカルコンビニ兼お弁当屋さん『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを食べたよ。北海道のローカル感と重なるのは気のせいだろうか。
福岡からミニマリストブロガーのにゃんすさんが来てくれた。1泊2日で『土佐のおきゃく』を楽しんできましたよー!!

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク