時間によって価格を変える飲食店がデフォルトになる未来。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

飲食店について考えることが、何故だかここ最近のマイブームのようになっています。

きっと、時代によって様々な業態・業界が変化していくなかで、飲食業・外食産業に何かしら感じているものがあるのでしょう。

▼人と繋がり共有するために存在する未来の飲食店。
自宅で済ませることもできる食べることを、わざわざお金を払い外に求めることって何なんだろう。そんなことを今一度考えながら、これからの飲食店について僕なりに考えてみました。

▼お店を持たない 無店舗展開・無店舗主義という選択。
実店舗を断捨離!! 6curryやEVERY DENIMにみる 無店舗展開・無店舗主義の面白さ。シェアリングエコノミー&多業の時代に広がる、はなから お店を持たない選択をする人たちに注目。

『柔軟な発想を用いて、時代にフィットさせていく』…当然これは、飲食店に限った特別なことではなくて、宿が変化したゲストハウスや、オフィスが変化したコワーキングスペース・シェアオフィスなど…身近なところでも、たくさんのイノベーションが起こっています。

そして飲食業界・外食産業でも、今後どんどん新たな発想が取り入れられていくと思っていて、僕自身も、そこについて考えることを面白がっているのだと思います。

時間と価格

今回のブログタイトルでもある『時間によって価格を変える飲食店がデフォルトになる未来。』に関しては、林伸次さんのこのブログを引用するのが非常にスムーズです。まさにこれです。

▼時間によって値段が変わるお店ーnote

普通、「みんなが欲しがっているもので、数が限りがあるのなら、自然と高くなる」っていう法則はわかっているはずなのに、「料理の値段を上げる」って思いつきません。

だから、すごく並んでるラーメン屋さんのランチの時間や、観光地の日曜日のカフェは「値段を2割り増し」にすればいいんですよね。

このブログ内にもありますが、『ハッピーアワー』などを通じて、空いている時間に価格を値下げするような発想は増えてきています。同じように、今後混雑時に値上げするような発想も、同様に受け入れられていいのではと僕は思います。

おわりに

日本で直ぐに受け入れられるかはまた別の話かと思いますが、『固定化した値段に縛られない』という発想は僕も賛成です。

マーケットプライスという意味ではなく、時間によって変化するという意味での新たな『時価』の概念。もっと広まったら面白いのに…と思いました。

全てをマスのニーズに合わせ、均一化させることにメリットを感じにくくなった時代です。差別的な意味ではなく、多様なニーズが生まれているからこそ、お客さんを選んでいい時代、選んだほうがいい時代へ向かっているのではないでしょうか。

グルメ多動力

新品価格
¥1,404から
(2018/1/13 17:27時点)

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク