【カレーエコノミー】フジパン スナックサンド × ボンカレー 元祖のコラボ!!

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

カレー大好き、ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

カレーエコノミーイベントのアフターレポート。今回は、この一ヶ月で起こった変化や反響について報告をさせて頂きました。短い期間ですが、着々と小さな奇跡を連発している高知のカレーコミュニティ。面白くなってきました!!

さいきんこそ、カレーばかり作っている日々ですが、少し前まではホットサンドばかり作っていました。

新しく【さえんばサンド】の提供を開始します。菜園場商店街にある【美味しいもの】で作った、世界でここだけでしか食べられない、地域を味わうホットサンドです。

カレーとサンドは別々に好きなものであって、一緒にするとちょっと違う。そんな関係の食べものだったのですが、一緒にしたものを久々に選んでみました。

(因みにカレーパンは大好き!!ww)

スナックサンド × ボンカレー

関東にいるときは、ヤマザキパンの『ランチパック』の方がメジャーだったような気がしましたが、フジパンも『スナックサンド』というラインナップがあったんですね。

しかも、表示をじっくり見てみると…

携帯サンドの元祖は、この『スナックサンド』の方。

そして『ボンカレー』は、世界初の!! 市販用レトルト食品なんだそうです。

そんな2つの元祖の、夢のようなコラボレーション。

(そんな謳い文句に釣られました。)

ボンカレーではない。

『ボンカレーゴールド中辛』とデカデカと書いてあるものの、ボンカレーではないらしい…どういうことでしょうか。

ボンカレーの生産元である大塚食品が、ボンカレーゴールドをイメージして作ったオリジナルの具材。(具材のことを『フィリング』っていうんですね。)

食べてみよう

一つは冷蔵庫から取り出したそのまま。

もう一つはホットサンドメーカーで少し温めたもの。

せっかくだったので、食べ比べをしてみました。

中のカレーは甘め。

甘いといっても『レトルトカレーの甘口』ということではなくて、カレー餡という言葉が似合うような感じの甘さ。

僕はホットサンドメーカーでトーストしたほうが、7倍くらい美味しくなるなぁと感じました。

そんなに期待していなかったので、期待損はありませんでしたが、「まぁこんな感じよね。」と、想定した通りの味でした。

世紀の『元祖コラボレーション』は、日本人にとって馴染み深い、無難な美味しさでした。

沖縄限定版ボンカレー中辛10パックセット

新品価格
¥2,400から
(2018/7/16 18:27時点)

沖縄限定版ボンカレー辛口10パックセット

新品価格
¥2,500から
(2018/7/16 18:27時点)

ミニ線香 カレーの香りのお線香 約50g 月命日 彼岸 お盆 49日 ろうそく8本入り Cセット

新品価格
¥680から
(2018/7/16 18:28時点)

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

こちらの記事も是非

気になるパッケージのレトルトカレーを友人から引き継ぎました。『小野員裕の鳥肌の立つキーマカレー 』…果たしてその味は?
大阪スパイスカレーの名店、コロンビア8のレトルトカレーを食べた。本格的なスパイスの香りと、お店で提供されるようなビジュアル。レトルトカレーの概念が完全に崩壊しました。。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク