関係人口のポータルサイトが8/1に総務省よりオープン

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

以前共有した『関係人口創出事業 モデル事業の採択団体に注目。』の記事で紹介した、30団体のモデル団体、および『関係人口』の概念共有のためのポータルサイトが、先日8/1に立ち上がりました。

「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人...

ここで紹介している文言を引用すると、関係人口とはこのような人々のことです。

「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。

地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。- 『関係人口』ポータルサイト

内閣府が掲げる次の地方創生の最重要項目として、少しずつ動きが活発になり始めている関係人口創出事業。

「「関係人口」創出事業」のモデル事業と採択。 全30団体の取組みを一覧で紹介しています。来年31年度3月末までに、各地域はどうなっているでしょうか。

ポータルサイト内でも、創出事業の説明が分かり易く記されていますので、内容は前回のブログ及びPDFと重複していますが、是非目を通してみてください。

総務省では、地域に関わりを持つ人々が地域づくりにかかわる機会を提供したり、地域課題の解決等に意欲を持つ地域外の人々との協働実践活動に取り組んだりする地方公共団体を支援するモデル事業を「「関係人口」創出事業」としてスタートさせました。

『関係人口』に関する記事を、以下のページで蓄積し始めました。

内閣府が次の地方創生の最重要項目に選んだ注目の言葉『関係人口』 について。

▼詳しい情報や関連記事の深堀りはこちらから

https://satoshohei.com/kankeijinkou-matome/


おススメ書籍

関係人口に関するおススメの書籍をご紹介します。

レビューに関しては適宜ブログ記事で紹介していますが、書籍紹介の記事『旅と関係人口:関係人口を学ぶ3冊の書籍紹介。』も書きましたので、よろしければ参考にしてみてください。

▼Amazon.jp:SOTOKOTO(ソトコト) 2018年2月号[関係人口入門] 

SOTOKOTO(ソトコト) 2018年2月号[関係人口入門]

新品価格
¥823から
(2017/12/29 11:41時点)

▼Amazon.jp:関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

新品価格
¥1,512から
(2017/11/22 15:41時点)

▼Amazon.jp:ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論) 

(111)ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)

新品価格
¥864から
(2017/12/27 17:53時点)


▼Amazon.jp:都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡 (光文社新書)

都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡 (光文社新書)

新品価格
¥799から
(2017/12/11 12:56時点)

あわせて読んでほしい記事

『平成の百姓一揆 47キャラバン in高知』 というイベントに参加し、『関係人口』 生みの親 高橋博之さんに会いに行ってきました。イベントで語られていた貴重なお話の数々が、最新の一冊にまとまっていたのでご紹介します。
内閣府が掲げる、次の地方創生の最重要項目に選ばれる 『関係人口』 と 『関係案内所』 について。ソトコト編集長 指出一正さんと、明治大学教授 小田切徳美さんのトークイベントに参加してきました。
関係人口という概念が広がりつつある今、ハウスキャラバンでの活動や旅人インレジデンスの発想をもとに、『旅するように暮らす』『暮らすように旅する』を考える。移動する生き方をしながら地域と関わる【ローカル×ソーシャル×旅】の新しい仕組み。


自分の生活/地方のこれから
皆で見つめ直してみませんか?
地域おこし協力隊員募集中


▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷関係人口のトップページに戻る

新しい概念として現在注目されている「関係人口」について書いた記事を蓄積しているページです。オススメの書籍などの紹介もしているので是非。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク