『これからは微住の時代だ。』日本微住計画のビジョン

こんにちは。

微住者 移住者  を増やす活動【日本微住計画】をひそかに進めている、ローカルをオウエンする旅人佐藤 (@tempurubato_yh)です。

サトウ

地方に微住 (びじゅう) しよー!!

微住とはなにか

今回は『微住』という言葉を使って、移住と旅の真ん中にあるような『あれ、なんかこれ住んでない?』みたいな中長期の滞在スタイルの提唱をしてみたいと思います。

微住とは

『移住・定住』と『旅での滞在』の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクション。

今まで、日本各地10ヶ所以上で微住体験をさせて頂いたので、実体験ベースで話せることも有難いことに増えてきました。

・旅する人
・受け入れる人や町

微住は、受け入れる人と旅する人にとって、双方向の関係性やメリットを考える概念です。今回、僕自身が取り組んできた『移動式ゲストハウス ハウスキャラバン』の活動や『旅人インレジデンス』の構想を通じてみえてきたものをシェアしながら、微住の可能性について迫っていきます。

佐藤翔平のプロフィールに関する情報をまとめています。

旅人を面白がる

昔でいう行商や唄うたい、旅芸人や鋳掛け屋さんなど、移動する生き方をしていた人たちがシェアしていたのは、【仕事としてのサービス】だけではありませんでした。

これは、実際様々な文献や町の発展にも紐づいていて、他の地域の文化を口伝で伝えることや、御土産や土産話を通じてその土地の人たちを楽しませることをしており、それが元にお祭りや新しい文化が各地で誕生しました

旅人が社会(町やそこにいる人)と接点を持つということ。本当は、とても魅力的で意味があって、面白がれることなんだと思いました。

そんなことをふまえつつ、『旅する暮らし』『移動する生き方』を、現代に沿わせるカタチで再定義してみたり社会実験しながら、その役割や可能性について体験の蓄積をする生活をしてきました。

日本微住計画とは

日本微住計画は、日本各地に飛び火している『移住計画』の取り組みをモジってパロディにしたものです。今現在は、実態のある活動体ではなく『概念』です。

京都移住計画は、京都で暮らしたい人の想いをカタチにする、移住応援サイトです。

文字遊びを面白がっているだけで、各地で活動されている移住計画の連携や取り組みは、お互いの町を紹介しあったりもしていて、とても良いコミュニティだと思っています。(オウエンしてます!!)

僕の考える『日本微住計画』は、移住者の奪い合いには参加せず、あくまで関係人口を増やすためのアクションとして、また情報を拡散するための一つの手段としての提案です。

なので、情報もプレイヤーも抱え込まず、惜しみなくシェアします。というより、シェアすることによりメリットが生まれる仕組みを作り出したいと考えています。率先して手放すことを面白がれないかと思っています。

まさに、 キャッチ&リリース です。笑

旅人のキャッチ&リリースを日本各地様々な地域で繰り返し、様々な地域の一部要素を持った人が、日本各地を循環するように旅する。

旅をしながら労働力や発信力を流動化させることで、新たな関係性や一時的な役割の補完を担っていきます。

移動する生き方をする人たちが情報のHUBの一つになり、様々な地域で様々な地域の話をし、またその土地の情報を発信する。一時的な補助要因として地域のサポートをする。

これは、2016年2月末まで活動していたハウスキャラバンの考え方とも一致します。

関係人口をつくること

僕はハウスキャラバンでの活動も、その後に滞在した旭川BIG Eでの住み開きプロジェクトでも、『関係人口をつくる』ということを目的の一つにしていました。

8800字の自己紹介 僕が旅にでた理由。~フルボッコの数年間を経て~<2017年10月版>この度新たに satoshohei.com のドメインを使用したブログ運営をスタートすることにいたしました。

旭川のシェアハウス生活では、旅人のみならずブロガーさんや情報発信者の方々の受け入れも積極的に行い、お手伝いをしてくれる人に対しては滞在費無料のプランを採用したり、

旭川に関わってくれる関係人口を増やすこと、遊びに来る人や旅をする人のハードルを下げることに注力しながら、旭川になかったコミュニティを創造し、また旭川の人たちとも連携を取りながらヒトコトモノの流動や循環を意図とする取り組みにまい進した。

自己紹介記事/10.2 旭川住み開きシェアハウスより

この関係人口についての話は、別カテゴリーを設けて取り上げております。

関係人口とは、言葉のとおり「地域に関わってくれる人口」のこと。自分でお気に入りの地域に週末ごとに通ってくれたり、頻繁に通わなくても何らかの形でその地域を応援してくれるような人たち。

※関係人口という概念について知りたい方は、ブログ内の関連記事をこちらにまとめているので是非に。

2017.08 玄関先にて

流動創生の取り組み

似たような動きとして、ハウスキャラバンの前年から同じような活動をしていたのが『流動創生』です。

当時、福井県南越前町の地域おこし協力隊だった荒木さんが、地域おこし協力隊としてあてがわれた活動予算で、ほかの町のお手伝いをする計画を立てる暴挙に。そして、それを南越前町も進んで承認してしまう暴挙に。笑

もちろん全て計画的犯行!! 自らが他の町のお手伝いに出向くことで関係性をつくり、町を知ってもらうきっかけや共に何かを起こすきっかけをつくる活動をしていました。

関係性づくりはきっかけづくり。

ウチにこもって業務をこなすだけではなく、どんどんソトに出て行くことによって、まちを知ってもらうきっかけをつくります。

僕らのように旅人が勝手にやるのではなく、一つの町に根付いているコミュニティが出て行く…ということで、また違う付加価値を持たせられるのだと思います。(面白すぎる取り組み。)

日本の人口は、2050年には1億人を切ると予測されています。 少子高齢化と都心への人口一極集中に歯止めをかける…

詳しくは、greenz.jpでまとめられた記事が参考になるかと思います。

流動創生の取り組みについては、是非HPで進捗を追っかけてみて欲しいです。(そして、新たな仲間探し、拠点探しも同時に行っているようなので、興味があれば是非コミットしてください!!)

風を読み、季節を渡る鳥のように、もっと自由に、流動的に。「流動創生」は、場所や組織に縛られない、多様で新しい働き方・暮らし方を提案するウェブメディアです。

現代日本の都市と地方を取り巻く課題のカギは、社会における最も重要な資源たる「人材の流動化」にあります。

数としての「人口の奪い合い」ではなく、質としての「人材の流動化」を。

一人ひとりが変化を恐れず、その時々に最も高い生産性を発揮できる社会をつくることが、私たちの使命です。

流動創生 RECRUITより

援農キャラバン

また、別記事で紹介した援農キャラバンの取り組みも、各地を援農しながら旅するというコンセプトが出発点です。労働力のシェア、余剰部分のコウカンは、今後も様々なカタチで取り込まれていくと思います。

蔵出しみかんが有名な、海南市下津町のみかん援農プロジェクトの紹介記事。みかん農家で働きながらの短期的なシェアハウス生活。毎年15人前後の若者が収穫期に日本各地から集まってくる『みかん援農』に参加した話。

Twitterでのやりとりから…

「時代は日本微住計画じゃッ!!」なんていっても、特にいまのところ何かを考えているわけではありません。Twitterで色々とやり取りしているなかで、『微住』という言葉がなんとなく出てきて、それを色んなフォロワーさんたちと面白がったのがきっかけになります。

先ほど、▼この記事を読みました。 そうそう!!これこれ!!影響力のある『風の民』こそがこれからの時代の移住者誘致の第一歩になる!!スナフキンである『風の民』に定住促進してどうする!?(笑) / “『町に旅人を住まわせてみる』 旅人インレジデンス構想: The A…” — A1理論はミニマリスト (@A1riron) 2...

『微住』、いいね!(笑)

『地の民』に相当する言葉が『定住』、

『水の民』に相当する言葉が『移住』、

そうなると『風の民』に相当する言葉が『微住』でいいと思うw

『ゲストハウス』と『移住』のちょうど間らへんw

A1理論はミニマリスト BLOGより

地方のローカルネットワークが取り合いするのは単発の移住者ではなく、『風の民』、特に、

「コミュニティの『生産性』」

が高いレアな『風の民』であるべきなんじゃないかな?

というか、おそらく、

それが軍師的な発想だ。 

A1理論はミニマリスト BLOGより

今後は、グローバルネットワークと繋がっている旅人、つまり、

「コミュニティの『生産性』」

が高い旅人をいっぱい集めることが出来た自治体が、芋づる式にブロガーを集め、そこから物理的かつ、仮想的な町を形成していくと僕は思う。

逆にそれが出来ない自治体は、町自体にどれだけ魅力があっても人が集まらないと思う。

そりゃそうだ、

受粉のファクターとなるミツバチをブロックしちゃってるんだから。

A1理論はミニマリスト BLOGより

…と、たくさん引用した言葉を添付しましたが、僕は今こんなことを考えています。

移動する生き方を実践する人のハードルを下げつつ、地域の人と関われる接点を作りながら、お互いに余っているものの交換で、ヒトコトモノの循環を図る仕組みを面白がりたいです。

日本各地を旅するように生活したり、地域と繋がりを持ちたいというニーズが周りで少しずつ増え始め、一方で、アクションは興しているけど情報拡散が上手くいかない、必要な場所に必要な人を招き入れることが出来ていない…という人たちも増えています。

『関係人口』という言葉の普及と共に、『微住』の考え方も一歩思考を深められたらと思っています。

ソトコト 2018年2月号『関係人口入門』の特集に合わせて、関係人口に関して理解が深まるおススメの3冊を紹介。田中輝美さん、指出一正さん、高橋博之さんから学ぶ関係人口のこと。関係人口とはなにか。

微住とは『移住・定住』と『旅での滞在』の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

微住旅のススメ、受け入れ側の仕組み、社会との関わり方など、考えていることや感じていることを、専用ページで共有しています。

▼『微住計画』の情報はページ詳細にて

https://satoshohei.com/bijyu-keikaku/


自分の生活/地方のこれから
皆で見つめ直してみませんか?
地域おこし協力隊員募集中

サトウ

僕らの活動、考え方は追い風を受けている。

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク