【高知】無料レンタサイクル20kmコース。 日高村のオムライス街道を満喫してきたよ。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

以前紹介した高知駅前の無料レンタサイクルで、今回2度目のプチ自転車旅をしてきました。

「レンタサイクルでどこへいく?」

借りれることは分かったけど…「どこに行こう?」「どこまでならいけるだろう?」…そんな疑問がふつふつと沸いてきたので、そして、宿泊されるゲストさんに紹介できるように、実体験記事を書き始めました。

今回は第二弾の共有です。

第一弾はコチラ

「レンタサイクルでどこへいく?」 どのくらい時間がかかって、どのくらいまで行けるんだろう? 今回レンタサイクル旅を実体験してきたので、是非今後の参考にしてくださいー。

レンタサイクルの旅

前回同様、先ずレンタサイクルを選びます。

3タイプから選択

1:シティサイクルタイプ

2:クロスバイクタイプ

3:電動アシストタイプ

「ラクラク電動アシストタイプいいよなー!!」

移動距離や移動時間などによって、3タイプの自転車から好きなものを選ぶことが出来ます。いずれも無料で借りれます。

毎回電動アシストに惹かれるのですが、長距離になるとバッテリーが切れてしまう可能性が高いそうで…前回同様ギア6段つきの『2:クロスバイクタイプ』が無難かなーという結論に。

レンタサイクルが使用できるのは 8:30~17:00 のあいだ。

この日、自転車の鍵を受け取ったのは 10:20 頃。「17:00までには戻ります」と受付で係の人に別れを告げ、自転車旅をスタート。

自転車で小さな村へオムライスを食べに行こう!!

今回の旅の目的は、『オムライス』!!!

当日朝に思い立ち、夜に勤務があるにも関わらず自転車旅を決行しました。片道20kmほどの道のりです。

5月の高知は初夏なのだ

3月の終わりにも同じようなことをいった覚えがありますが、5月の高知は日差しが強く、朝夜を除き、初夏といっても語弊のない暑さだったりします。

空の青さも際立って良くて、絶好の旅日和の日が続きます。

高知を代表する景勝地、桂浜(龍馬像があるところ)へ。 3月にもかかわらず、初夏のような温かさでびっくり。南国高知を体感してきましたよー。

3月から夏?? 詳しくはこの記事に書いています。

猫を追っかけてきたわけではないのに、グーグル先生の導く道は細く狭い裏道ばかり。

大通り沿いをピューッと進んだほうが間違いなく時短なのに…と思いながらも、こんな道二度と来れないかもしれない…と味わいながら先へ進みます。

再び大通りに出ると、自転車が走りやすいように舗装されている道に差し当たり、アップダウンもそこまでないため、スイスイと目的地へ進めました。

くいしんBOY現る

普通なら見過ごせる看板も、くいしんぼ如月の妙なローカル感にハマってしまうと、なかなか厄介です…。

くいしんBOYに支配されたエリア。

秘密なら書かないでくれ~!!

以前の記事を思い出し、完全に、くいしんぼ如月の思惑にハマっている自分を実感します。。

高知に20店舗ほどあるローカルコンビニ兼お弁当屋さん『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを食べたよ。個性的で面白い、地元の人に愛されているお店の紹介。

詳しくはこの記事に書かれています。

高知大学を経由

自転車を少し走らせると、とまり木スタッフのもーりーが通う高知大学が現れました。

クラウドファンディングを活用した必須科目を取り入れ話題になった、日本唯一の学部『地域協働学部』がある大学です。

高知大学 地域協働学部の授業で、クラウドファンディングを活用した必須科目が導入されました。地域でクラウドファンディングに挑戦したい事業者を、学生がチームでサポートする…という新たな試みです。

詳しくはこの記事に書かれています。

はじめて大学まで来たので、不審者扱いされるのを覚悟で、記念写真を撮影し、また先に進みました。

紙のこいのぼり 仁淀川橋

全く想定していなかったのですが、気持ちのいい長い橋を渡ると、紙のこいのぼり遊泳会場が現れました。

仁淀川 紙のこいのぼりを紹介するページです。四国の旅なら「巡るめく四国」にお任せください。

GWの時期はすぎていたので、川を泳ぐ紙のこいのぼりは観れませんでしたが、河川敷に並ぶ紙のこいのぼりと出会えることになりました。

自転車を停めて、柄にもなくはしゃぐ32歳。

最高でした!!

お目当ての日高村 オムライス街道

12時ちょっと前に、お目当てのお店に到着!!

日高村での滞在については、別記事に書きました。

日本一に選ばれた 『シュガートマト』 の名産地 日高村で、ローカルなオムライスを食べてきたよ。その後に訪れた 『とまとすたんど』 の2種類のトマトアイスも絶品だったので、合わせて紹介します。

いの町にハマりそう。

  

帰り道に偶然通りかかった『いの町』が、とても好きな感じの古い町並みで…

17時までに自転車を返却する必要があったため、長居は出来ませんでしたが、ここは「改めて来なきゃ!!」という感じの町でした。

偶然出逢ったお店も、そして教えて頂いた『いの大国さま』も、とても素敵でした。

今回は、紙の博物館の紙漉き体験などもスルーしてしまったので、また改めて。

高知県・いの町紙の博物館は土佐和紙の歴史や工程を学ぶことのできるミュージアムです。紙漉職人の手ほどきを受けながら実際に和紙を漉いたり、様々な土佐和紙商品を取り扱うミュージアムショップがあります。

旅のまとめ

自転車旅の移動距離や時間配分、個人差はまちまちだろうなーというところですが、参考までに今回の周遊に関するものをシェアします。

今回の周遊プラン

スタート

10時半 JR高知駅出発 → 11時 朝倉(高知大学あたり)回遊 → 11時半 仁淀川あたり回遊 → 12時 日高村 マンマ亭ランチ(45分休憩) → 13時00分 村の駅ひだか (アイス休憩)【折り返し】→ 14時半 仁淀川あたり回遊 → 15時 いの町散策・sukimaでお喋り→ 16時45分 JR高知駅 返却

ゴール

今回の移動距離

片道20km 1.5時間程度の移動。往復40km 3時間。

多少のアップダウンはありましたが、前回の道のり(片道25km)と比較して、少し余裕を感じた旅でした。

前回同様、ギア6段つきのクロスバイクタイプを選択しましたが、あくまでも『一般的なチャリ』という認識でいたほうが良いかもしれません。それなり の自転車です。

軽くて高性能なロードバイクではありませんので、あらかじめご了承くださいねー。

様々なエリアを無料で回遊できるレンタサイクル。

戻りの時間を気にしながらの移動にはなりますが、とても充実した時間を過ごせました。

今後も定期的に利用したいと思います。

あわせて読んでほしい。

JR高知駅前にある観光情報発信館『とさてらす』で提供している、無料レンタサイクルのサービスについて紹介します。2つの条件に当てはまる人であれば、誰でも借りれるよー。
「レンタサイクルでどこへいく?」 どのくらい時間がかかって、どのくらいまで行けるんだろう? 今回レンタサイクル旅を実体験してきたので、是非今後の参考にしてくださいー。
とさでん交通と観光コンベンション協会によって運営されている、高知市内の観光スポットを巡る MY遊バスがおススメ。1,000円の一日乗車券で、区間内乗り降り自由。路面電車も区間内無料。 観光スポットの目の前まで、バス移動できるよ。
日本一に選ばれた 『シュガートマト』 の名産地 日高村で、ローカルなオムライスを食べてきたよ。その後に訪れた 『とまとすたんど』 の2種類のトマトアイスも絶品だったので、合わせて紹介します。

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク