【高知】お店ごとに味もメニューも違うチェーン店、菜園場発祥のローカルラーメン豚太郎。

サトウ

こんにちは。

微妙に住んでいると書いて『微住』。旅でも移住でもない、微住生活を過ごしている ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

お店によって味もメニューも違うチェーン店

高知で初めて味噌ラーメンを始めたお店

ご当地ラーメン “味噌カツラーメン” の発祥店

よく町なかで見かける “豚のキャラクター” や “豚太郎” の文字。

普通のラーメンチェーンだろう…程度に思っていたのですが、今から50年近く前に高知でラーメン革命を起こしたお店だということが分かりました。

今日はそんな豚太郎を紹介します。

豚太郎 上町店

豚のキャラクターが目印、ラーメンの豚太郎。

高知を回遊しているとよく見かけるラーメンチェーン。

どれだけあるんだろうと思いHPを見てみると、実に30店舗以上あるようでした。

HPより引用

「こ、このマップは… あのくいしんBOYを彷彿とさせる…」

くいしんBOYとは、ローカルコンビニ&お弁当を提供する『くいしんぼ如月』のキャラクターのこと。以前ブログ記事『【高知】 なんだか様子がヘンなローカルコンビニ 『くいしんぼ如月』のチキンナンバン。』で紹介したヘンなお店のことだ。

(ちょっと違った。笑)

高知はときに『独自に進化を遂げたガラパゴスな孤島』のような言われかたをしますが、こういったチェーン店の拡がりを見ても頷ける部分があります。

今回は、高知市の繁華街から最も近い『豚太郎 上町店』で、高知のローカルラーメン “味噌カツラーメン” を食べてきました。

高知の味噌カツラーメン

鈴木食堂の味噌カツラーメン

高知のローカルフード。

以前鈴木食堂に行った際にも紹介した味噌カツラーメン。

札幌の西山製麺の麺を使った、鈴木食堂のこってり系味噌ラーメン。その上に豚カツがのっかった、高知発祥【味噌カツラーメン】を食べてきました。こってりの掛け算の結果、意外とさっぱりに?? 高知ローカルの逸品紹介。

味噌ラーメンの上に豚カツがのっている、カオスでチャーミングなルックスのラーメン。その発祥店がこの『豚太郎』。

店内に『元祖』と入ったのぼりを見つけました。

店内は広々と

店内は、座敷、テーブル、カウンターと席数が多く、家族連れから若者、晩酌を楽しむオジサンまで、客層も幅広かったのが印象的でした。

極力お客さんが映らないように撮影していますが、食事を済ませている間10人前後の出入りがあったように思います。

セットメニューも充実

メニューも豊富で、ラーメン以外にも単品のおかずや定食、セットも比較的リーズナブルな価格で充実していました。

仕事帰りに夕飯と晩酌。TVを見ながら家のように寛ぐ地元の方の姿もあり、地元に根付いている感じがありました。

元祖みそカツラーメン

みそカツラーメン780yen

やって参りました、豚太郎上町店のみそカツラーメン。善きルックス。

カツはやや薄めでタンパク、一口サイズではなく大判です。

前回同様、浸っている部分とサクサクの部分を味わいたく、もやしの上にカツを重ねていきカツ山を作りました。笑

ニンニクの効いた濃いめのスープ。

ラーメンのスープは、なかなかパンチが効いているスタミナ系。

麺はやや細めのストレート麺

みそラーメンにしてはやや細め、柔らかめの麺です。

みそラーメンの具も多め

メンマやゆで卵、もやしにチャーシューまで。具材もたっぷりと入っていました。

具材は家庭で食べるラーメンのような、ホッとする美味しさがありました。

こってりとしたスープに軽やかな麺、タンパクな豚カツにたくさん入った具材。一つのラーメンとして、とてもバランスの良さを感じる一杯。

やはり、想像以上に食べれてしまうラーメンでした。美味しかったですよ。

豚太郎の歴史

昭和39年(1964年)

もともと焼肉屋さんとしてスタートした豚太郎。

(高知で焼肉屋さんがラーメン屋さんを始めるストーリーは満州軒にも当てはまる。)

昭和42年(1967年)

12月、高知市菜園場に1号店となる「豚太郎本店」をオープン。高知で初めて「みそラーメン」を提供し始めた。

(菜園場が創業起点となるストーリーは喫茶デポーにも当てはまる。)

昭和45年(1970年)

「みんなよく頑張っているから、これからは豚太郎のオーナーとしてやってみればいい」と、本店以外の8店舗を各店の店長に譲ることを社長が決意し、チェーン店展開が始まる。

お店によって自由。

豚太郎において統一されているのは、みそ、しお、しょうゆラーメンとギョウザの素材と価格のみ。その他のこと、つまりトッピングやセットメニューなどについては、各店舗の“自由”となっています。各店長の好みやアイデアが反映されているため、店によって味もメニューも異なる。 – 豚太郎HP

みそカツラーメン発祥店

豚太郎の3代目社長によると、高知県で味噌ラーメンを最初に出したのは1967年(昭和42年)に開店した豚太郎だった。豚太郎はラーメン店の前は食堂をしており、食堂で人気だったカツ定食のカツをラーメンに入れれば美味しいのではないかと思い、味噌ラーメンに1口カツを入れたのが始まりとのことです。

豚太郎が高知県で店舗を拡大するにしたがって、味噌カツラーメンが高知県で浸透していき、現在高知県内にあるラーメン店156軒のうち68軒が味噌カツラーメンを提供しているそうです。 – 高知県の味噌ラーメンの発祥

とても斬新な店舗展開、そして革新的な取り組みを続けてきたお店。今に至るまでのこういった背景が、よそ者の僕としては何よりも面白いです。

菜園場から始まるストーリー

TOMARIGI HOSTELから、商店街を電車通り沿いに抜けた先にある 現『居酒屋吾平』の場所に、豚太郎一号店(本店)があったのだそう。

豚太郎HPより画像引用

菜園場でゲストハウスを始めた僕らとの接点(のようなもの)も感じられ、なんというか勇気づけられる出会いとなりました。

ローカルなCMやっぱり好き。笑

他のお店にも行ってみたくなりました。

御馳走様でした~。

お店の情報

豚太郎公式サイトへようこそ!各店舗で統一されているのは、みそ、しお、しょうゆラーメンとギョウザの素材と価格のみ。その他のトッピングやセットメニューなどについては、各店舗の“自由”是非お楽しみください!

住所:高知県高知市上町1丁目4−1 田村ビル
電話:088-824-8786

営業日:10時30分~22時00分
定休日:火曜日

駐車場:専用無料10台
席数:50席

高知 微住日記

日本微住計画BLOGをスタートして、初めての微住先となる高知市。ゲストハウス『TOMARIGI HOSTEL KOCHI』のお手伝いをしながら、高知の様々な方々と関わりをもてればと思っています。

▼高知滞在中の出来事は、このページに適宜まとめます。

https://satoshohei.com/kochi-bijyu/

こちらの記事も是非

これはなんだ?? ニラ玉ホルモンのピリ辛あんかけの中から中華麺。 ご飯と一緒に食べたくなる、四万十名物の まんしゅう ジャン麺を紹介します。
札幌の西山製麺の麺を使った、鈴木食堂のこってり系味噌ラーメン。その上に豚カツがのっかった、高知発祥【味噌カツラーメン】を食べてきました。こってりの掛け算の結果、意外とさっぱりに?? 高知ローカルの逸品紹介。
何もかもがデカ盛り!! 高知のローカルフード、鳥心のチキンナンバン定食を食べてきました。はちきれんばかりのわがままバディ必須の絶品満腹定食。
創業70年以上…今でも愛される高知の老舗中華料理店『華珍園』について。ラーメン一杯45円の時代から、高知にこだわり営業を続けてきた名店でランチ。
おにぎりにトースト、コーヒーに味噌汁…現在の『高知 和洋モーニング』の礎を作ったともいえる喫茶デポーでモーニングを。
高知に20店舗ほどあるローカルコンビニ兼お弁当屋さん『くいしんぼ如月』のチキンナンバンを食べたよ。個性的で面白い、地元の人に愛されているお店の紹介。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク