【金沢区】地域活性化イベント『能見台マルシェ』に行ってきました。

サトウ

こんにちは。

ヨソモノ目線で地元を面白がる佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

自宅の最寄り駅『金沢八景』から二駅。

能見台(のうけんだい)という住宅街で開催された、第一回『能見台マルシェ』に参加してきました。

能見台マルシェ

今回のイベントは、Faecebookで見かけて知りました。

「能見台のまちのに人の集まる場所を」という住民ワークショップでの意見をきっかけにマルシェイベントを開催することになりました。三浦半島のお野菜や美味しいパンなどをそろえてお待ちしています。おいしいコーヒーも無料! – Facebook

5年間の旅から戻ってきたばかりなので、まだ地元のコミュニティとはあまり接点を作れていないのですが、「いよいよわが町でもこのような取り組みが起こり始めたか」というのが率直な感想。

ついにわが町でも‥

高知県中土佐町

地方を旅するなかでふれてきた、様々な課題に対する取り組みや想い。

ヨソモノとして関わってきたそれらも、我が地元となるとまた少し違う距離感で向き合うことになります。

海の上をはしるシーサイドライン

金沢区は横浜市の中でも高齢化が最も進んでいるエリア。

今まで日本各地でみてきた先進的な取り組みやアイデアを共有しながら、このブログでも度々紹介してきた『関係人口』や『微住』的な観点も交えて、地域と向き合うことをしていきたい限り。

内閣府が掲げる、次の地方創生の最重要項目に選ばれる 『関係人口』 と 『関係案内所』 について。ソトコト編集長 指出一正さんと、明治大学教授 小田切徳美さんのトークイベントに参加してきました。
『平成の百姓一揆 47キャラバン in高知』 というイベントに参加し、『関係人口』 生みの親 高橋博之さんに会いに行ってきました。イベントで語られていた貴重なお話の数々が、最新の一冊にまとまっていたのでご紹介します。
新しい概念として現在注目されている「関係人口」について書いた記事を蓄積しているページです。オススメの書籍などの紹介もしているので是非。

‥と、そんな想いもあるわけですが、コミュニティの外の人間がいきなり声を大にして介入していくのは違うと思うので、今は『どんな人がどんなことを、どんな想いでやっているのか』‥ということに触れられたらいいなぁという感じ。

今回もサラッと観てまわる時間となりました。

能見台マルシェの風景

▷日程 5月26日 日曜日 11:00〜15:00 雨天開催(荒天中止)
▷会場 能見台ひろば 横浜市金沢区能見台2-1-1 (旧京急サービス跡地) – Facebook

能見台は、坂の町にある『新興住宅地』といった印象のエリア。

イベント会場はココらへん

ここ20年くらいで開発され、分譲住宅やマンションも多く立ち並び、子供のいる比較的若い層も住んでいる印象があります。

近くにスーパーもありますし車があれば不便な場所ではなさそうですが、自転車で向かうには相応の坂を登っていく必要がありました。

第一回ということもあると思いますが規模は小さめ。

30分もあればじっくり観ながらまわりきれる、地域のバザーのような感じでした。

出店ブースの様子

金沢区の名産、しいたけや昆布、近隣農家さんの野菜やパン、作家さんのクラフトものなど、小規模でしたがローカル感があって良かったですよ。

そんな僕は、アマンダリーナの『横浜あおみかんドレッシング』を買って帰りました。

青みかんで幸せな生活を

横浜の南部・金沢区で、幕末から続く柴の漁港を見下ろす高台の丘にみかん畑が広がっています。柴のみかんは、金沢の海で採れるアマモのミネラルを土からたっぷり吸収し、潮風と太陽を浴びて、秋に大きく甘く実ります。 – アマンダリーナ

栽培の工程で間引きされる青みかんを活用。

香り高く爽やかな酸味のあるドレッシングでした。いつものサラダもワンランクアップしますね。

和歌山でみかん援農をしていた時期もありましたが、まさか我が地元で製品化される『みかん』があったとは。

蔵出しみかんが有名な、海南市下津町のみかん援農プロジェクトの紹介記事。みかん農家で働きながらの短期的なシェアハウス生活。毎年15人前後の若者が収穫期に日本各地から集まってくる『みかん援農』に参加した話。

いい出会いとなりました。

地域を考えるきっかけ

いつもの町を考えてみる

日常的にとても接点が多くても、ジブンゴトとして考える機会は少ない『住んでいる町』のこと。

パネルを通じて現状の共有をし、またヒアリングをしながらまちづくりに活かす機会になっているようでした。

運営者側も含めて、来ていた層は『ママさん』『学生(運営)』『出店関係者』がメイン。はじめは既存のコミュニティをベースに小さく始める‥という感じなんだと思います。

京急電鉄も結構まちづくり関係のアクションを起こしているようで、特に南横浜から横須賀・三浦方面にかけて、さいきんはよく新しい取り組みを見かけます。

今回も関わっているようでしたね。

第一回のマルシェ。

まだまだ認知度も低そうですが、今後も続いていくといいなーと身勝手ながら思います。

継続しながら、少しずつ関係者が増えていくことを。

応援しています~!!

微住とは『移住・定住』と『旅での滞在』の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

微住旅のススメ、受け入れ側の仕組み、社会との関わり方など、考えていることや感じていることを共有しています。

▼『微住計画』の情報はページ詳細にて

https://satoshohei.com/bijyu-keikaku/


自分の生活/地方のこれから
皆で見つめ直してみませんか?
地域おこし協力隊員募集中

こちらの記事も是非

Googlemapで偶然みつけたお店『山の上ベーカリー』がとても素敵だった。築100年の古民家をリノベーションした、カフェ併設型の薪窯パン屋さん。手がけていたのはあの企業でした‥
過去最多の動員を記録した2019年の『よこすかカレーフェスティバル』。当日の様子を振り返ります。果たしてご当地カレーグランプリ2019の優勝者は?
横浜駅から徒歩6分で行けるギャラリー『FEI ART MUSEUM YOKOHAMA』の展示を観てきました。
日本でここでしか飲めない『Maker Fine Coffee』(メルボルンのロースター)のコーヒーを扱っているお店。白を基調としたシンプルな店内、お店の雰囲気もとても気に入りました。
逗子海岸へ行く道中に出逢ったカフェくじらぐも。 濃厚アイスクリームを乗せた、ネルドリップ抽出のアイスコーヒーが美味しかったので紹介。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




みんなにシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク