【宮城】南三陸でブロガー募集!! 現在交信中のシェアハウス情報

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

『関係人口を増やそう。』

『関係人口になろう。』

さいきんこのブログでも、関係人口という言葉を使う機会が増えた。関係人口という言葉は『日本微住計画』を説明する上でも、とても重要なキーワードになるので、関係人口を語る記事は微住計画のフォルダにまとめて収めるようにしている。

この言葉についての認識を深める本として、現段階でこれ以上優れている本を僕は知らない。

▼Amazon.jp:関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション

新品価格
¥1,512から
(2017/11/22 15:41時点)

詳しくは、この記事を参考にしてほしい。

▼旅と関係人口:旅人やブロガーの関わりしろを考える【日本微住計画】

地域での『関わりしろ』を考えたときに、僕のような『移動する生き方』を実践する人たちの特性を生かすこと、フットワークが軽く様々なヒトコトモノに紐付いている人たちに興味があり、その中でも特に『旅する情報発信者(ブロガーやライター)』の関わりしろは、地域内からなかなか外に出ない情報の流出源として、一役買うのではないかと思っている。

▼旅と関係人口:チームを作りパフォーマンスを最大化する 。

受け入れられる側の実体験だけでは視野が偏ってしまうので、受け入れ側の体験もさせていただきながら、その間をどうやって埋めていくかの社会実験を進めてきた。

以前4ヶ月ほど滞在していた北海道の旭川では、『住み開きシェアハウス』を管理しながら、ブロガーインレジデンスのような、情報発信者の受け入れにチカラを入れていた。

条件によっては、滞在中の宿泊費のみならず、食費や移動費も負担する…ということを地元のWeb制作会社と仕掛け、じんわり拡がり始める情報と、その可能性を感じることが出来た。

参照:10.2 旭川住み開きシェアハウス

同じような取り組みをする拠点(勝手にみんな仲間だと思ってる)も増え始め、その中のひとつが以前紹介し南三陸の花見山ハウスだ。

▼【宮城】南三陸 花見山ハウス ブロガーインレジデンスをオウエン

前置きが長くなったが、前回ブログで『勝手にオウエン』を決め込んだところ、運営している南三陸の方からメッセージを直接頂く機会があり、その際にやりとりしたことや現状の共有をまた少し出来たらと思う。

花見山ハウス

HPより画像引用

『地の人・風の人・光の人が集うシェアハウス』

もともとは、社員寮だった物件をシェアハウスとして利用しているそうで、駐車スペース10台分、玄関オートロック、全自動洗濯乾燥機2台、小型冷蔵庫付きの部屋もあるらしい…。詳しくはHPを見てみてほしい。

▼花見山ハウスHP

地域づくりに必要とされる、3つの種類の人。

地に足をつけ、地域を支える「地の人」ものごとに光をあて、価値を見出し発信する「光の人」新しい考えや価値観をもたらす「風の人」

花見山ハウスはたんなるシェアハウスではありません。この3つの種類の人が交わりあい、地域が磨かれ、その魅力が花見山ハウスを拠点に拡散されていく場所を目指しています。

花見山ハウスHP

共感すべきはこの面白いコンセプトで、『南三陸花咲かせ隊 アーティストインレジデンスプロジェクト』と連携をしており、2018年の3月までブロガーインレジデンスの受け入れをしている…ということだった。

HPより画像引用

参加条件

ご自身のブログや発信媒体を持ち、南三陸に関する情報発信をしていただける方

期間
2017年9月~2018年3月の間で、お好きな期間

待遇
・シェアハウスの滞在費無料
全館Wi-Fi完備、自転車貸し出し有り
個室部:ベッド、寝具一式、机イス、ユニットバス・トイレ、エアコン
共用部:キッチン、リビング、洗濯乾燥機

・スタッフが地域案内や、取材の調整等お手伝いいたします

※往復交通費、食費、取材経費等はご自身でご負担いただきます

花見山ハウス プロジェクト

オウエンしたい面白い取り組みであること、まだ自分の周りでは訪れている人がいなかったこと、丁寧に返信いただいたことなどもあり、具体的に行けないかの調整をはじめた。

交信中!!

サトウ

改めまして、 佐藤翔平と申します。 活動応援します!(^ ^) 花見山ハウスについて 幾つかメッセンジャーでお聞きしてもよろしいですか?

花見山ハウス

こちらこそ、ブログで取り上げていただいてありがとうございます!もちろんです。質問承ります!

Facebookを通じてメッセージのやりとりを開始し、12月にもし伺えるとしたら…という前提で、気になることを幾つか質問させて頂くことにした。

サトウ

1.滞在日数に関してなのですが、最短でのショートステイだと何日から受け入れ可能ですか? またその際に滞在費はかかりますか?

花見山ハウス

1,滞在日数に関して ブロガーインレジデンスは、それぞれの方の媒体で情報発信していただくことが目的なので、特に日数のしばりはありません。宿泊費はかかりませんが、往復の交通費や食事代、取材経費は自己負担となります。

現状のブロガーインレジデンスの受け入れは、日数のしばりはないようです。条件が合えば、最短で1泊から受け入れ頂けるそうです。

サトウ

2.滞在中の移動、例えば買い出し等は何か手段がありますか? 借りれるものやコミュニティバスなどあれば教えて頂きたいです。

花見山ハウス

2,滞在中の移動手段に関して 田舎なので、車がないと不便かとは思います。もし車なしで来られる場合は、最寄りの駅まではお迎えに行くのと、滞在中は自転車はお貸しできます。

また、徒歩1分のところにローソンがあるので、最低限のものはなんとかなると思います。また、取材に関わることは、こちらでもサポートはさせていただきます。

自転車の貸し出しがあり、駅と家の移動も送迎頂けるそうです。(有難い!!)そして、徒歩1分でローソン。都会だ。ww

サトウ

3.ブロガーインレジデンス等の手段を使わずにお話を伺いにいくことは可能ですか?

花見山ハウス

3,これは取材という意味でしょうか?もちろんいつでも歓迎です!

取材のようなカタチでお話を伺うことも可能で、日帰り訪問の対応もして頂けるそうです。

サトウ

4.雪はどんな感じですか?

花見山ハウス

4,沿岸部なので、それほど雪は多くないです。年内は降っても数回ですね。ただ、路面凍結するので車のスタッドレスは必須です。

雪はそんなに降らないようですが、やはり南三陸だけあり冬は結構寒そうですね。

サトウ

情報ありがとうございます!!

まだ全く白紙状態のお話なので恐縮ですが、もし様々な条件が重なるようであれば、ブロガーや情報発信をしている友人数人に、都内からそちらへ伺う企画を投げかけてみたいなと思っております。

もし数人で遊びにいくことが出来るなら、情報ももっと拡散されるし事例としても蓄積して頂けるのかなと、そんなことを思っております。

花見山ハウス

お友達も連れて来ていただけるのであれば大変嬉しいです。当方、本業は宿泊研修施設を運営しておりまして、ツアーのコーディネートも得意とするところなので、間違いないプランを提案できると思います。いま時期だと牡蠣が美味しいですよ!

まだまだ花見山ハウス自体の広報ができていないので、発信していただけるのは助かりますし、おためし移住も実績が欲しいところなので、1〜2週間などの中長期も歓迎です!

とても親切に対応してくださり、そしてブログ掲載の許可も下さり有難い限りです。12月中には…と思っていたのですが、なかなか都合がつかず…。

1月に入ってからでも、もし興味ある人が数人集まるようなら、是非『遊びにいくツアー』したいです!! 興味ある方はSNSで気軽にアクション下さい。


さいきんFacebookページで、こんな動画も上がってました。(楽しそう♪) 年明けてからも、現地イベントやツアーの企画なんかもあるそうなので、都度ページのチェックしながらお知らせを頂くことにしております。

▼Facebook 南三陸花咲かせ隊

おわりに

ブログを始めてひと月ちょっとの僕が、現地の発信を通じて出来る貢献なんて微々たるもので…そんな僕が一人で行ったところで、なかなか御返しできる部分も少ないのかなぁと感じています。

このような取り組みや拠点に興味のある方がもし周りにいれば、是非コンタクトを頂けたら嬉しいです。一緒にツアーしましょう。

▼【宮城】南三陸 花見山ハウス ブロガーインレジデンスをオウエン

微住計画とは

この記事は、社会実験ー微住計画 というカテゴリーに投稿しています。

微住とは『移住・定住』と『旅での滞在』の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

『関係人口』という言葉と共に、このブログの主軸ワードとして共有していけたらと思っています。

ブログ内 関係人口 記事一覧>>

サトウ

来年こそは!! みんなでいこうよ♪

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、だいたい張りついておりますので、SNSを通じてやりとりしたいです。

Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。笑

Facebookページ始めたばかりなので、
是非一緒に育ての親になってください!!

▼Facebook:@satoshoheicom

▼今回の ご当地○○

宮城の日本酒、真鶴!!

真鶴 純米大吟醸1800ml

新品価格
¥5,400から
(2017/12/30 12:01時点)

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク