【高知】Asian Dining Cafe RARA で日替わりカレーを堪能。

サトウ

こんにちは。

ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平(@tempurubato_yh)です。

突然ですが、僕はカレーが好きです。

さいきんは自炊する機会も増えたので、お店で食べることは少なくなってきましたが、それでもお店にカレーがあると、つい注文してしまいがち。

(あんじゅ先生 @wakanjyu321 にも、カレーの病について描かれたことがあります。笑)

ただ、先日「僕は全然病なんかじゃなかったんだ。」と思うことがありました。

10年毎日カレーを食べ続けている男の「スパイスまみれな人生観」という記事のおかげです。これこそ『狂気』です。(褒め)

僕はふつう、一般人でした。

と、そんな僕ですが、ランチパスポート(通称:ランパス)をペラペラめくると、やはりカレーには目がいってしまいがち。

グルメ―ランチパスポート 高知

高知発祥のランチパスポートを使い、高知県内を巡る『グルメレポ』カテゴリー。掲載店によるワンコインランチを中心に、訪ねたお店を記録・蓄積しています。

…ということで、欲望を包み隠さず、この日もカレー、食べてきました。

Asian Dining Cafe RARA 日替わりカレーセット

ランパス発動ッッ!!

11時半過ぎにお店に到着。早速入り口でランパスを確認して、写真をパシャり。

Asian Dining Cafe RARA 外観の様子

お店は通り沿い(16号線沿い)。

水色っぽい外壁にオレンジの板張りの玄関、そして大きな看板とインドカラーのノボリが目印です。

Asian Dining Cafe RARA 店内の様子

店内に入ると、居酒屋を居抜きしたような、カウンター付きの広々店内。席数は合計39席あるそうです。

全席喫煙OKのお店らしいですが、入店時に喫煙者はおらず、スパイシーなカレーの香りが店全体に漂っています。

新聞や雑誌、漫画などが幾つかレジ横に並んでいます。カレーのお店なのに、ラーメン特集のほっとこうちがありました。笑

インド系の雑貨に囲まれ、テレビではボリウッド映画のような映像…スタンダードなインドカレーのお店。

一人で入店したので、カウンター席に腰を下ろし、早速注文。

ランチメニュー&辛さ調節

通常のランチメニューでも、日替わりカレー600yenからとリーズナブル。セットドリンクはほぼ200yenでした。(色んなラッシーがあった!!)

インド人(系)のお店の人に辛さを聞かれ、メニュー表の右上で辛さを確認。この日は『中辛』を選択。

『ナンデイイデスカ?』ときかれましたが、『ナンMサイズ&ライスSサイズ』も選べるようだったので、『ナン&ライス』で注文をお願いしました。

日替わりカレーセット

しばらくすると、スープが運ばれてきました。

中華風の卵スープのような…少しとろみを感じるものでしたが、何かがちょっと違う。スパイシー?? 美味しく頂けたのですが、初めて食べるタイプのスープでした。

「ドーーン!!」 日替わりカレーセット

日替わりカレーセットが到着。

サラダにウーロン茶、ナン&ライス&カレーで500yen。

(スパイスの良い香り!!!!)

この日の日替わりカレーは、チキン&玉ねぎ&ピーマン。具材はどこか日本風。

味も辛さ控えめ、マイルドなバターチキンカレーに野菜が入っているような、食べやすいカレーでした。ライスは日本の白米。ナンはモチモチした食感のスタンダード。

(ナン&ライスのボリュームが結構あるので、カレーの減りが早かったー。)

お店情報などなど

掲載:ランパスVol.24 P59

店員さんのカタコトの日本語が愛らしく、ニュアンスで伝えているあの感じが良かったです。

自分がランチを済ませている際も、結構お客さんの出入りがありましたね。広い店内、ゆったりもできる雰囲気でしたし、カレーもリーズナブルで美味しかったですよ。

また利用したいですね!!

アジアンダイニングカフェララ

住所:高知県高知市愛宕町4丁目9−1
電話:088-825-0178

営業時間:
ランチ  11:00~14:30 (L.O)
ディナー 17:00~21:30 (L.O)

定休日:月曜日ディナー
駐車場:8台
席数:39席

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

当ブログでは、コメント欄やお問い合わせフォームを一切設けておりません。

Twitter:@temporubat_yh

Facebook:@satoshoheicom

感想などを頂ける際は、SNSを通じてやりとり出来たら嬉しいです。Twitterでシェアして下さる際は、メンションをバンバン飛ばして絡んでください。

Facebookページを新たに始めました。もし応援して頂けるようであれば、一緒に育ててくれる仲間を募集しています。

▼Facebook:@satoshoheicom

ブログタイトルにある『微住』とは、「移住・定住」と「旅での滞在」の間にあるような、「旅するように暮らす」「暮らすように旅する」をバッグ一つで実現する、前向きな仮暮らし的生活スタイルであり、地域と繋がるソーシャルアクションのことです。

▷ BLOG サイトマップをみる 

日本微住計画BLOGへようこそ。 ローカルをオウエンする旅人 佐藤翔平が、《旅×ソーシャル×ローカル×生き方》を軸に、...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしています。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク