【カレーエコノミー】S&B 濃厚好きのごちそう Wチーズカレー

ガラムマサラ佐藤

こんにちは。

ガラムマサラ佐藤(@tempurubato_yh)です。

キーマカレーに続き、レトルトカレーでハズレが少ないと思っている『チーズカレー』の世界。

今回は、スーパーで手にしたカレー大手S&B の『濃厚好きのごちそう パルミジャーノとチェダーのWチーズカレー 中辛』に挑戦しました。

S&B 濃厚好きのごちそう Wチーズカレー

パルミジャーノ・レッジャーノの深みあるコクと、フランス産発酵バターを加えた濃厚ソース。

濃厚好きのごちそう

「量より質を求める」ターゲット層を最後の一口まで満足させる、個性豊かな味わいのレンジ対応レトルトカレーです。「味わい」「具材」「色合い」の濃厚さにこだわりました。 ー S&B FOODS 

今回チョイスしたカレーは、『濃厚好きのごちそう』というシリーズのレトルトカレー。

他にも2種類のカレーが同時販売されている模様。

S&B 濃厚好きのごちそう 6種の焙煎スパイスのビーフキーマカレー 中辛 130g×6個

新品価格
¥1,555から
(2019/3/17 16:37時点)

S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー 中辛 150g×6個

新品価格
¥1,555から
(2019/3/17 16:38時点)

パルミジャーノ・レッジャーノの深みあるコクと、フランス産発酵バターを加えた濃厚ソース。ソースに溶け込む「パルミジャーノ・レッジャーノ」の深みあるコクと、「フランス産発酵バター」を加えた濃厚ソースにからみ合うとろ~りチーズ。Wチーズが織り成す味わいをお楽しみください。 ー S&B FOODS 

ラグジュアリーなカラーリングと、四角くないパッケージ。

フランス産発酵バターを使っていたり、特別感が漂ってきます。

しかも、、、

フタを開けて箱ごとレンチンできるタイプ。

(それでもサトウは湯煎で食べるのだ。笑)

いざ、実食!!

ご飯と一緒にシンプルなお皿に盛ってみました。

思ったより黒っぽい色しているなーという印象と、このトロトロしたチーズがたまらなーーいと、食欲そそられるビジュアル。

いただきます!!

うんーー!うんーーー!!!

一口食べた印象は The洋風カレー。

フォン・ド・ボーソースやワイン、ブイヨンやソテー・ド・オニオンの影響でしょうか、カレーを食べているというより、ビーフシチューのような上品でコクのある美味しさ。

塩味を感じるカレーソースにチーズが相まって‥とってもコクのあるカレーでした。

中辛とありますがそこまで辛さは感じず、糸引くように伸びるチーズが印象的な一皿。

個人的には、神田神保町の名店 『欧風カレーボンディ』のレトルトカレーに軍配を上げたいですが、やはりレトルトチーズカレーはハズレないですね。

神田神保町にある 欧風カレーボンディのチーズカレー。レトルトなのでそこまで期待していなかったのですが…これは絶品おススメカレーでございました。美味しかった!!

美味しかったですよ~。

ごちそうさまでした。

S&B 濃厚好きのごちそう パルミジャーノとチェダーのWチーズカレー 中辛 150g×6個

新品価格
¥1,463から
(2019/3/17 17:06時点)

商品情報

内容量:150g

原材料:ソテー・ド・オニオン、チーズ、野菜(人参、にんにく、しょうが、玉ねぎ)、牛脂、小麦粉、バター、砂糖、カレー粉、フォン・ド・ボーソース、リンゴペースト、チャツネ、チキンエキス、トマトペースト、食塩、クリーム(乳製品)、ワイン、ビーフブイヨン、酵母エキス/増粘剤(加工デンプン)、着色料(カラメル、カロテノイド)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む) – Amazon.jp

こちらの記事も是非

スパイスあとがけのスパイスフルキーマカレー。スーパーなどでよく見かけるハウスのレトルトカレーをいざ実食。
ブラックジンジャー、焦がしにんにく香味油、マカ、黒ごま … と、スタミナ食材の詰まった『男の極旨 黒カレー』を紹介。
レトルトカレーを巡る『巡礼ひとり旅』。この記事の行き先はKALDIのレトルトカレー。(レトルトカレーのレビューまとめ記事です)
レトルトカレーを巡る『巡礼ひとり旅』。この記事の行き先は無印良品のレトルトカレー。(レトルトカレーのレビューまとめ記事です)
レトルトカレーを巡る『巡礼ひとり旅』。この記事の行き先は神田カレーグランプリのレトルトカレー。(レトルトカレーのレビューまとめ記事です)
レトルトカレーを巡る『巡礼ひとり旅』。この記事の行き先はなば缶のレトルトカレー。(レトルトカレーのレビューまとめ記事です)

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】

『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて小さな経済圏が生まれてしまうんじゃないか。』…そんな思いつきをイベントで披露したことがきっかけで回りだした、高知のカレーエコノミー。

『カレー好きを集めて何やろうか?何が出来るかな?どうなるよ?』回りだしたカレーエコノミーの未来とは。- カレーエコノミーをつくる

詳しくはコチラのカテゴリーページをご覧ください。

https://satoshohei.com/curry-economy/

▷共通ハッシュタグ

Instagram:#カレーエコノミー

Twitter:#カレーエコノミー

▷ カレーエコノミー のTOPページへ戻る

【カレーを通じて小さな経済圏をつくる】 『カレー好きがゆるく繋がり、その輪を拡げながら様々な角度でカレーを面白がったら、やがて...

The following two tabs change content below.
satoshohei
名前:佐藤翔平 / 活動:日本のローカルをオウエンする旅人。 【移動する生き方】を実践する中でみえてきた多様な知見を共有しながら、日本各地の人と面白がれる明日を創るべく様々な社会実験をしてきました。 令和元年より、横浜市のBtoB企業で広報を担当しています。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク