シリーズ―旅と関係人口一覧

全国16地域がヨソモノを受け入れる『ふるさとワーキングホリデー』と微住旅について

2018年度、受け入れ地域が倍増した『ふるさとワーキングホリデー』の取り組みを紹介します。1月末~2月前半にかけて説明会の実施予定もあるので、是非このタイミングでチェックしてみてください。

リビングは住み開き、移住者向けシェアハウス が関係人口の受け皿に。

『1.リビングはコミュニティスペースとして住み開きにする… 2.住人のうち一人は一年以上の先輩移住者…』など、一定の形式を共有した『移住者向けシェアハウス』を全国で再定義・可視化させて、関係人口の滞在者や訪問者拠点の受け皿を整備しよう。

よそさまの家を渡り歩く旅は、関係性と信用の連続によって成り立つ

ヨソモノと町が関わる際に必要だと感じた三要素は『人伝』『信用』『共感』である。1年間限定プロジェクト『移動式ゲストハウス ハウスキャラバン』とは何だったのか。当時を振り返る大解剖が始まりました。

風の人を集めてチームを作り、パフォーマンスを最大化させる 。

移動する人と地域を面白がるローカルな人が、お互いに余剰部分を持ち寄って新たな関係性を作っていく。『日本微住計画』にむけて『関係人口マップ』を作ったよ。『専門性のある人の移動』を考えていくと関わりしろが大きく広がりそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク