コミュニティ一覧

計画的偶発性を通じて考える高知旅の楽しみかた

『個人のキャリアの8割は、予想しない偶発的なことによって決定される』。スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱する「計画された偶発性理論」。キャリアデザインに使われる考え方ですが、旅にも同様のことが言えるのではと考えてみました。

リビングは住み開き、移住者向けシェアハウス が関係人口の受け皿に。

『1.リビングはコミュニティスペースとして住み開きにする… 2.住人のうち一人は一年以上の先輩移住者…』など、一定の形式を共有した『移住者向けシェアハウス』を全国で再定義・可視化させて、関係人口の滞在者や訪問者拠点の受け皿を整備しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク