スナック研究会『日本の夜の公共圏』を読んでスナックの面白さを再発見できそう。

さいきん、日本の『スナック文化』に再注目する動きが増えてきている。ローカルを巡る旅をするようになり、僕自身も地元の人に連れて行ってもらう機会が出てきたスナック。重たいドアのあの向こうに何があるのだろうか。

【岐阜×和歌山】捨てられる みかんの木をレスキュー。地域をまたいだ 繋がるものづくり

和歌山県下津町の蜜柑援農で伐採した大量のみかんの木を利活用し、市場に出回らない蜜柑の木を活かした木工製品に。飛騨職人生活Calms Cafe の木工職人 堅田恒季さんから届いた素敵な試作品を一挙紹介。

【横浜】 文化財をリノベーションして宿に。旅館 喜多屋 ができるまで

古民家系ゲストハウスを凌駕する文化財ゲストハウス喜多屋。与謝野晶子が歌会を、高浜虚子が日本探勝会を開いた泊まれる料亭(旗亭) 金沢園。築100年を越える国定有形文化財が生まれ変わるまで。 おススメの絶品ランチや開業前のリノベ写真も大公開。

【長野】コとマチをクラフトする。現代のリハビリテーション施設『ホシスメバ』

下諏訪町 星が丘のリノベーションツアーを終えて。今回の体験を通じて、この施設がどのように活用されていくと面白いか、僕なりに提案記事を書いてみた。クラフトタウン構想にリハビリの要素を持たせる…とは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク